« スピリチュアルに生きる(1)--本当の自分 | トップページ | スピリチュアルに生きる(3)-- 誰のために生きるのか »

2008年9月20日 (土)

スピリチュアルに生きる(2)--幸福感を見直す

家の中にアリが入り込んできたらどうしますか?
追い出すか、殺虫剤を振り掛けるか・・・
それがネズミだったら?泥棒だったら?

口に含んだ瞬間に食べ物がおかしな味がしたらどうしますか?
まして毒物だったら?

さて、家や身体に有害なものが入ってきただけであわてて追い出すのに
あなたの心に有害なものが入り込んでいるのを放っておくのは何故でしょう?

心に巣食う有害なもの・・・
それは嫉妬・怨み・敵意・劣等感・イヤな思い出などです。
これらを抱えていても何の役にも立ちません。

誰かのせいで過去に悲しい思いや不愉快な思いをしたかも知れませんが、
誰かのせいにしているだけではイヤな記憶が蘇るだけで自分の幸福には何の役にも立ちません。

それらは放棄しましょう。

あなたを悲しませた・いじめた人・傷つけた人、
これらの人は覚えていてもこれからも決してあなたを幸せにしてくれません。
あなたの記憶にしまっておけばそれだけ気分が悪くなるだけでしょう。
未だに気にしているということは未だに傷つけられているのと同じです。
ですからあなたの大切な思い出から切り離してしまいましょう。

過去は変えられません。だから過去にこだわっている・現在の自分の境遇を過去のせいにしていると絶対に幸福にはなれません。
ましてグチを言っても何の解決にもなりません。せいぜいあなたの人生を変える力のない誰かが同情してくれるだけす。

それから劣等感・妬み・・・・
これらは持っていてもマイナス思考を助長するだけです。
そもそも劣等感とは何でしょう?
自分の価値観でなく他人の価値観に支配されることです。
たとえば外見を例にとりましょう。
自分は美男・美女でない、スマートでない、背が低い、など
これらは変えようとしてもどうにもなりませんし、変える必要すらないのです。
外見だけでもあなたは世界に一人の個性の持ち主なのです。
好みは人によって異なりますし、例えば最近のダイエットブームは不自然に思えて仕方ありません。標準体重が最も健康のはずなのに、
そういう方もダイエットを叫んでいるのですから。

そういった劣等感を抱いていても幸福にはなれません。
あなたが他の人との比較の中で生きる限り、自分の上が必ず存在しますので満足はありません。

さて、仮にあなたが自身の考える理想の体形・外見だとして、外見で判断してそばによってくる人と付き合いたいですか?
あなたが交際する相手・友人を選ぶ基準は外見ですか?
精神を向上すべく努力している人と、外見をより良くしようと努力している人。どちらと友人になりたいですか?

劣等感といえば経済状況も例にとりましょう。
金持ちを恨んでも絶対に金持ちになりません。
経済状況からいえば、どんなに収入が多くても「まだ足りない」と金儲けに目がくらんでいる人より、今の収入の範囲で満足できる人の方が経済的・精神的に豊かなのです。

昔、お金や自分の持ち物を貸して、そのまま返してもらっていない、ということも心の片隅にあるかも知れません。
それをずっと覚えている、ということは、あなた自身がそのお金や持ち物から解放されていないのと同じです。
ですからこれも切り離しましょう。
かくいう私も、知人にお金を貸したことをこの前まで気にしており、1年に1度ほど「まだ返してもらっていない」と思い出していました。
その知人とはもう何年も会っていないのですが。
お金を貸し、その後数回会っても返すチャンスはいくらでもあるのに返す様子がないし、ひょっとしたら忘れているのでは?と心配になり「貸したの覚えているよね?」と尋ねたら「覚えている」と平然と答えるのでした。
要するに、借りたのを覚えていても返す気がないのでしょう?
それを思い出す度に「もう何年も経つのに返してもらっていない」とイヤな思いをしていたのですが、今ではそれこそ、本当に忘れているのでしょう。
そうして考えてみると、”借金”に繋がれているのは私自身だったのでした。
”知人”と書きましたが友人ではない、という意味です。これからも、一生会うこともないでしょう。
だから、私は彼の借金の記憶を切り離すことにしました。

逆に、友達と一緒に遊んだり、飲んだり、出かけたり、の中には沢山の良い思い出があります。
イヤなことを思い出すよりそちらの方がずっと良いのは明白です。幸福というのは良い思いの積み重ね、イヤな思いの切り離しです。

経済的幸福感は本当にその人の幸福の尺度となりえます。

車はベンツでなければ我慢できない人がいるかと思うと、小さなバイクをやっと手に入れて喜びいっぱいの人がいます。
高給をとっていて安定した生活でもまだ満足できない人がいる一方、やっと就職先が見つかった、と安心する人がいます。
今の現状で満足できればそれが幸福であるし、上をずっと求めていれば不幸・不平不満のままです。
不足しているものを数えるより、今あるものを数えてみませんか?(これについては後に詳しく)

ここで「貧乏」を定義してみましょう。
「貧乏=必要なものが満たされていない」ということにしてみます。
車がなくても家がなくても「いつでもこんな美味しいラーメンが食べられるのは幸せだ」「好きな人と一緒に暮らせるのは最上の幸福」「好きな音楽をいつでも聴ける」「3着の中で好きな物を着られる」と満たされた気持ちが持てる人は貧乏ではありません。
 逆に1億円の貯金があっても「車3台を持っているだけでは、不満足」「もっと大きな家や金を欲しい」「ダイヤモンドの指輪がまだ揃っていない」と思っている人は、いつでも満たされていませんので不幸です。

たとえ、100億円の貯蓄があったとしても、「もったいないから」と使わずに、貧しい食事と節約を続けているのは、100億円がないのと同じです。
反対に、10万円しかなくても、「10万もあるのだから、半分は自分を喜ばせるため・楽しみのために遣い、残りの半分は、第三世界の貧しい子どもたちに、と例えばユニセフに送るという人は最高に豊かなのではないでしょうか?(ユニセフのHPからクレジットカードでも募金ができます。もちろん通常の口座送金での募金もできます)
http://www.unicef.or.jp/
無料で募金できるサイトも紹介しておきます。
http://www.dff.jp/
1クリックで1円しか募金できませんが、大勢が簡単なクリック操作をすれば塵ももつもれば・・・・

裕福を定義するとすれば「人に分け与える物を持っている人」ではないでしょうか?そして、上記のワクチンの例は、わずかな行動さえすれば、10人の命を救える、というものです。

ここで「もし世界が100人の村だったら」を復習してみましょう。

全文は日本語版と韓国語(拙訳含)を次に載せておきましたので、
気が向きましたら参考までにご覧ください。
http://homepage3.nifty.com/yeonso/kankoku/siryou.htm

「世界が100人の村だったら」抜粋=======

75人は 食べものを 備蓄しておき雨と露をしのげる家があります.
しかし 残り 25人は そうはいきません。
17人は きれいで 安全な 水を 飲むことができません。

銀行に 預金が あって 財布に お金が入っていて
家のどこかに小銭がある人は村で最も富裕な8人の中の1人です.

マイカーを 所有している人は100人中7人の中の1人です.

村の人の中の1人は大学教育を受け2人は コンピューターを持っています.
しかし、14人は文字を読むことができません。

=================
そう、これを読んでいるあなたは、コンピュータを持っている村に2人、つまり世界の2%に入る裕福な方です。

「それは世界を見れば確かにそうだが、日本の中で生きていれば・・・」とおっしゃいますか?
では、統計データでなく、私と比較してみていただければよろしいかと思います。

私が今使っているパソコンはWindows98が入っており、ネットオークションで¥5000で譲り受けたものです。ハードディスクも10Gです。
ケータイは高いのでPHSを使っています。メールはPHSからだと高いので
よほど急ぎでない限り家に帰ってきてからパソコンで送信です。
通常の着信があれば、これもそのまま返信するのは高いので公衆電話をみつけてTELします。
職場で食べる昼食は、職員食堂は高いのでおにぎりとカップラーメンです。(最近は78円のカップ麺が見当たらないので98円のものが多いです)
今、雨がしばらく降るだけでキャブレターに水が浸入しエンジンがかからなくなるバイクに乗っており、それもオークションで安く手に入れたものです。
バイクは色々な意味で必需品ですがこれまで動かなくなるまで乗り、また次を中古で買う、という繰り返しです。(自転車も持っていますがもらいものです。)
靴下は1ダース約¥600の軍足です。同じデザインなので片足分が破れても関係ありませんので)
Tシャツは破れるまで来て、買うときは基本的に¥500以下のものを買います。(この前、100円ショップで¥200のものを2着ゲットしたところです)
コートは30年前に買ったものが着られるので買い換えていません。
本を買うのは原則として古本です。(古本で売っていないものでどうしても読みたい本は新本で買うしかありませんが)

でも・・・
読書に関しては、古本でもamazon掲載の一番安いものでも、読みたい本を読めるので幸せです。
いくら古いバイクでも、行きたいところに行けるので満足です。
Tシャツもボロボロですが、人の目を気にしていませんので多少破れていても関係ありません。
パソコンもこのようにネットができれば10年前のものでも問題ありません。
もらいものの自転車はギア付きで、坂道の多いわが町を移動する時はとても楽です。
おにぎりは平日はいつもつれあいが作ってくれて、ありがとう。

以上、少しだけですが、あなたは私より経済的に恵まれていると思いませんか?
(反論がありましたらメールにて受け付けます→hass@nifty.com

あなたの幸福の基準は何でしょう?
マイナス面でなく、ポジティブに考えませんか?

あなたが今持っている本も家具も地位も家族も、あなたがこれまでに自身の幸福のために獲得してきたものです。今所有しているものは、全部あなたのものです。それらがあなたを幸福に役立ってくれるのではありませんか?

そしてあなたの所有しているもので最も大切なのは、心です。心だけはあなたが自由に作り替えることができるのです。今の生活で幸福を見つけることができる心に作り替えることができるのです。

幸福は離れたところにあると思っていればずっとやってきません。しかし、今の生活の中に幸福があると思えば、あなたは今幸福なのです。

今のあなたの生活をつくったのはあなた自身です。ですから、つくりかえるのもあなた自身でできるのです。
今のあなたの心をつくったのもあなた自身です。ですから、つくりかえるのもあなた自身でできるのです。

« スピリチュアルに生きる(1)--本当の自分 | トップページ | スピリチュアルに生きる(3)-- 誰のために生きるのか »

スピリチュアル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523730/42537346

この記事へのトラックバック一覧です: スピリチュアルに生きる(2)--幸福感を見直す:

« スピリチュアルに生きる(1)--本当の自分 | トップページ | スピリチュアルに生きる(3)-- 誰のために生きるのか »