« 書評--祈りの法則/グレッグ=ブレイデン | トップページ | 物語(6)--遅ればせながらの自己紹介 »

2008年9月30日 (火)

書評--絶対テンポ116

「幸せを開く7つの扉」片岡慎介・他著/ビジネス社/¥2500

この本はDVDブックである。

本文はわずかであるし、テンポ116の説明よりもチャクラの説明がほとんど。

だが富士山専門の写真家のとてもきれいな映像と共に流れるテンポ116の音楽に多くの方が癒されると思う。工夫してあるので静止画像の写真でも飽きることはない。

これを気に入って

「ツキを呼ぶ魔法の音楽絶対テンポ116」同著者

(この本もCDブックである)を購入した。116/分のテンポがもっとも癒されるというようなことが書いてある。

我家で付属のCDをかけていると確かに心地良い。

残念なのは付属のCDの中は「テンポ116」とか「テンポ58」の紹介が多くて(わずかでも音楽の心得がある人には周知の事項なので)ずっと部屋に流しておける音楽が最後の1曲しかなかったことである。ただし、それが20分余り収録されていたので、まあ良し、というところかな?

問題点としては、ネットを検索すると、別のところでテンポ116のCDを発売しているようなのだが定価が¥3000とお高めなので購入するかどうか、と迷っているところ。

いずれにしても、音楽としては(BGMとしては)優れていると思います。

« 書評--祈りの法則/グレッグ=ブレイデン | トップページ | 物語(6)--遅ればせながらの自己紹介 »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523730/42645018

この記事へのトラックバック一覧です: 書評--絶対テンポ116:

« 書評--祈りの法則/グレッグ=ブレイデン | トップページ | 物語(6)--遅ればせながらの自己紹介 »