« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月

2008年10月29日 (水)

書評--鏡の法則

     鏡の法則 - 人生のどんな問題も解決する魔法のルール

野口嘉則(著) 総合法令 ¥952

「私たちの人生の現実は自分の心の中を映し出す鏡である」

という内容だけを述べてしまえば、昨今の引き寄せの法則と同類かと思いきや・・

内容は物語風になっており、薄い本なので時間的には30分もあれば本文は読めます。

でも、涙もろい方は読まない方が良いです。

涙もろくない僕もちょっと涙ぐんでしまいましたので・・・

もう一度書きますが、涙もろい方は決して読まないように!!

952円と安いからって読んで、涙が出ても僕は知りません・・・

2008年10月23日 (木)

書評--天使を味方にして幸せになる方法

天使を味方にして幸せになる方法
ジーン・スラッター (著), 穴口 恵子 (翻訳)
価格: ¥ 1,200 ワニブックス

この本は読みやすい。

「いつでもあなたのそばで天使たちが応援してくれる」

という切り口では

ドリーン・バーチューのシリーズ「エンジェル***」とか

「あなたのガイドに願いましょう―聖なるサポートシステムにつながる方法 (単行本)
ソニア・ショケット 価格: ¥ 1,890 

があり、これらは非常に詳しく書かれていて良い本であるが、

気軽に読みやすい、ものをと探されている方にはこの本がお勧めである。

天使は常にあなたの味方・・・・

2008年10月15日 (水)

物語(8)--新しい世界

「まずは電気室と機械室に案内しようか」と加藤さんが言った。
電気室へ行く途中に玄関ロビーがある。
「あ、ダウンライトが切れている。後で倉庫を教えるからFDL27EX-Nを持ってきて交換しておけるか?」
--はい。
電気は確かに設備の仕事だ。なるほど、電球の交換もするわけだ。
「あの車椅子、パンクしているな。自転車と同じだけど、パンク修理したことある?」
そういうのも用務員、いや設備の仕事だから”用務員みたいなもの”というわけだ。
廊下を歩いていると点字のシールが落ちていた。
「ここの点字の案内シールが剥がれたんだ。点字は知らないよね?」
そんなことまで仕事??うーん。
「あとで点字を教えるよ」
アルバイトの僕は覚えるつもりはないのだけど・・・

老人福祉部で一人男性のお年寄りに呼び止められた。
「加藤さん、今日はどう?」
加藤「昼休みなら大丈夫かな?」
僕には何のことだか判らない。それを察したように加藤さんが説明してくれた。
「あの人とは時々、囲碁をやっているんだよ」

障がい者福祉部の部屋の前では、書籍リーダーのトラブルらしく、職員が加藤さんを呼び止めた。
加藤「また調子が悪いの?あとで直しにくるよ」
書籍リーダーとは本をスキャナーで読み込むと、そのまま音声になって読んでくれるソフトらしい。
最近では目の見えない人もそうやって本を読むことができるようになったようだ。
加藤「でもな、(-_-;)とか(*^_^*)のフェイスマークとかは”ひだりカッコ・ハイフン・・・”なんて読むから意味がわからないんだよ。」
なるほど。
そのとなりにあるのが点字ディスプレイ。
点字専用のファイルを読み込むと、ページごとに点字の6点の凸凹が表れ、点字で文章ファイルが読めるらしい。
「それがディスプレイ」の本当の意味だな。」

児童福祉部の前を通ると、僕まで呼び止められた。
「おじさん、今日遊べる?」
--おじさん??俺が??
加藤さんは笑いながら言った。
「あとで時間はあるから遊んであげれば」
--あとでね。
僕は言った。
「加藤さんもあとで勉強教えてね」
加藤「今日は割り算の続きをやるか?」
「うん」

っていうか、加藤さんの仕事って用務員みたいなものってはずだったけど、パソコンや車椅子の修理は判るにして
--子どもの相手とか老人の囲碁相手も仕事ですか?
「仕事というか、趣味というか、とにかく色々なことをやるんだよ」

案内してくれるはずの機械室にたどり着くまでに30分もかかっていた。

ともあれ、僕には珍しいことだらけで、今日だけで辞めるということはなさそうだ。
知らない世界を見ることができるのも面白いかも知れない。

--続く

スピリチュアルに生きる(15)-- 可能性を制限するもの

可能性を制限する言葉の一つに「~のくせに」というのがあります。
まずは、他人に対する見方で使用されます。
「男のくせに」「女のくせに」
「若いくせに」「年寄りのくせに」
「金持ちのくせに」「貧乏人のくせに」
「大卒のくせに」「中卒のくせに」

実はこの言葉で可能性を狭めるのは自分自身なのです。
「若いくせに」と人を非難すれば年齢のせいで非難されることを肯定することもさることながら、自分の年齢ゆえの限界を自らつくっていることになるのです。

これからはこの言葉をひっくりかえして使用したらいかがでしょう?
「若いくせに」と人を批判するのでなく、「若いのによく~」などと肯定するのです。
人の可能性を信じる者は、自らの可能性も広げるのです。

もう一つの可能性を否定する言葉群があります。
「格好悪い」「恥ずかしい」「みっともない」「人からどう思われるか」など。
例えば服装を例にとりましょう。人からどう言われようと好きなものを着たら良いのに、「人にどう思われるか」という基準で服装を選択する人がいます。
例えば夏のスーツ・ネクタイ。あれは湿気の少ないヨーロッパの気候だから発達したのであり、蒸し暑い日本の温帯モンスーン気候には、適しません。
本心から着たい、と感じている人は少ないと思います。ましてネクタイなんて何の役にもたたない飾りです。
それなのに着ていて幸福なのでしょうか?
「そうは言っても会社の決まりで・・・」なるほど、やはり幸福のためでなく、我慢しているのですね?賃金のために着たくないものを着て幸福ですか?

まして、肉体労働者が通勤の場合だけネクタイ姿に着替えるというのはどうしてでしょう?自分の仕事に誇りを持っていれば、わざわざホワイト・カラーの服装をする必要がないのでは?
 実は、ここにも幸福のためのポイントがあります。
 自分の仕事が好きなら、人生の大半を占める仕事の時間が幸福だし、賃金のために無理に我慢しているのなら、週2日の休みのために生きているのです。その多くの場合、仕事で疲れた休息のために過ごすのです。つまり、休日さえも仕事のためにあることになります。(せっかくの休日は自分の好きなことをして2日間だけでも幸福ならまだそれだけ自分のための時間なのですが)

そんなことを言っても他に仕事がない?それはよく理解できます。
では考えてみましょう。世の中の職業の数は3万種類と言われています。
その中であなたがやりたい仕事はどれだけありますか?今の仕事が最高なのですか?
今更、仕事を変えたら賃金が大幅に減ってしまう?
そこです!ずっと我慢しながら今の賃金を維持するのと、賃金は半分でも良いからもっと好きな仕事をするのとどちらが幸福になれますか?

ここで言いたいのは、転職すべきだ、ということではありません。以上を踏まえた上で、今の仕事を続けるなら、今の仕事をもっと好きになるべきだ、ということです。
例えば、事務職と言っても毎日コピーをするだけのつまらない仕事?ではコピー機を組み立てている人はもっとつまらない?
毎日、皿洗いばかり?きれいな皿がなければ最高の料理は盛りつけできません。
例えば前のお客の汚れがわずかに残っている器で出された料理はそれだけでイヤになるでしょう。
お客さんの「美味しいね」という喜びはあなたの功績でもあるのです。

毎日、清掃やゴミ拾い?環境にかかわる大切な仕事です。
そして人がいやがる仕事ほどやる価値があるのです。足の不自由な人が滑って転倒しないように床を磨けるかどうか、あなた次第です。
個人情報が書かれた書類ゴミを、漏洩しないように処理できるのは清掃処理のプロだけです。そんなところから少しは仕事を好きになれませんか?

でもやっぱり好きになれない?
仕事を好きになるか、好きな仕事に転職するか、選択肢はこの2つです。
最悪なのは不平不満のまま今の仕事をずっと続けることですから。

2008年10月13日 (月)

書評--魂の記憶

サブタイトルは「宇宙はあなたのすべてを覚えている」

喰代栄一氏の本との出会いは10年ほど前に「なぜそれは起こるのか」(サンマーク出版)である。

その本はシェルドレイクの仮説を説明してあって、例えばキリンの首が長いのは遺伝でなく、そういう場が形成されたからである、と説く。100番目のサル現象はこれでもっともうまく説明できる。

同著者の「幸せの進化形」はエッセイ集であるがスピリチュアル的なエッセイであるので当ブログを読んでいただけている方には読みやすいと思われる。

さて、今回の書籍「魂の記憶」であるが、宇宙にどのように微細なエネルギーが記憶されるのか、あるいはホメオパシー医療など詳しく説明している。

要するに、「現代科学」では説明しきれない面に焦点を当てている。

”現代に多数に認められている科学”では不満な方には一読をお勧めします。

で実は、ほおじろえいいち(最近はひらがなにしているらしい)氏の書籍を続けて2冊読んだのは彼が監修している次の書籍を読んでいる(途中だけど)からである。

「リアリティ・トランサーフィン」ヴァジム・ゼランド著/徳間書店

まだ、日本では2冊しか翻訳されていないが本国ロシアでは6冊目まであるという。これは並みの成功哲学・引き寄せ本ではない。私の数百冊の読書の経験からしても関係書籍の最高峰であろう。本当の成功哲学・引き寄せ関係の本である。

他の本を100冊読むよりこれを2冊(2巻までしかまだ出ていないので)読めば足りると思うくらい内容が濃い本である。

何度か読み返してあとは実践あるのみであるが、僕はまだ実践していないので今回はここまで(^^ゞ

実践の結果は後日ここでお知らせします。

2008年10月10日 (金)

スピリチュアルに生きる(14)-- 人生を幸福・喜びに導くため

◆目標を設定しなければ目標にたどりつけない。
◆成功者はいずれも途中であきらめなかった人である。
◆今のあなたを創ったのは、過去のあなたであり、未来のあなたを創るのは今のあなたしかありません。
◆人生を変えようと思ったら、これまでどおりの生活を送っていて変わるはずがありません。
◆成功を願いながら、いつも最悪のケースのことばかり考えている人が世の中には大勢います。そういう人は最悪のケースが起こらない方向で精一杯の努力を注ぎ込んでしまうため、最高の結果を生み出せないことがほとんどです。最悪の結果ばかりで頭を満たしていて、最善の結果が生じることはないのではありませんか?
◆幸福の3要素は「家庭・仕事(職場)・家(住んでいる環境)」だと言われます。あなたはこれらに満足していますか・
 満足していないとすれば、それを変えるためにはどうすれば良いか、それぞれ10項目ほど書き出してみて下さい。
 さて、あなたはその10項目のうち、これまでいくつを実行に移しましたか?実行せなば変わらないのは当然です。
 ではこれからそのうちいくつを実行するおつもりですか?
◆世界に光をもたらした、電球を発明したエジソンは、当初の電球のフィラメントの寿命がわずかなので、世界中のあらゆる物質を試そうとしました。そして、やっと日本の京都の竹に行き着いたのは2000回失敗した後です。
◆歴史のパイオニアたちは「前例がない」ということを問題にしませんでした。「前例の最初は誰かが作ったもの。前例がなければ自分が前例となれば済むこと」と考えたのでした。
◆「成功は運」と考えている人には、運が作用します。「成功は努力」と思っている人には努力が作用します。
◆分子の数から、化学構造式をどうしても思いつかなかった化学者は、ある日、夢の中でヘビが丸くトグロを巻いているのを見て、円形を思いつきました。今では化学常識の構造。環状の構造式を思いついたベンゼンです。
◆今の時代の我々が、後から考えれば何でもないことも、当時は偉大な発想だったのです。たとえば、
ボールペン:汚れた球が道を転がるのをヒントに考案。
クリップ:針金を曲げて遊んでいて考案。
ヤカンの蓋の穴:沸騰するとうるさいので頭にきて穴を開けてみた。
◆成功を夢見ながら、寝ころんで待っているだけでは成功はやってきません。成功者たちは寝ころんで成功がやってくるのを待っていましたか?必ず目標実現に近づくための行動をしたはずです。
◆成功を望んでいるのに、何故か今の生活にしがみついている人がいます。今までの生活の仕方で成功しなかったのであれば、生活を変える必要があるのは明白です。


目標に達するためには、スピリチュアルな部分でもそれなりの準備が必要です。

たとえばあなたの目標がヨーロッパ旅行だとしましょう。
私は「空から航空券が落ちてくる」可能性を否定しません。クイズや福引きに当選するかも知れませんし、抽選に当たったけれどもどうしても都合がつかない、もったいないから誰かいかない?という人もいるでしょう。

ただし、実際にそうなった時、あなたはヨーロッパにすぐに旅立ちできますか?
必要なものは、たとえばパスポート・旅行カバン・案内地図・少しばかりの語学力・いつでもとれる10日間の休暇などです。
どんなに夢描いていても、これらの準備がなければ、運良く航空券がゲットできてもヨーロッパに出かけることはできません。逆に、これらが全部準備されていれば、たまたまあなたの友人が懸賞でツアーにあたって、事情で出かけられないとき、あなたに話が来るのです。
夢を実現するには、常に準備は必要です。

もう一度順番にお尋ねします。
・あなたは既にパスポートをゲットしていますか?
・あなたが行きたい日数の荷物を詰める旅行カバンはありますか?なければ、すぐにレンタルしてくれる業者のメモはありますか?
・実際にどこの国のどこへ行って何と何を見たい、という希望はありますか?
・現地に立った時、行きたい場所の地図などは持っていますか?
・たとえばフランスでは、英語でなく片言でもフランス語が必要です。少しは勉強していますか?
・マドリッドのレストランテで、食べたい物が注文できますか?ロマンチック街道で、道に迷って、地図を指さしながらでも行きたいところまでの道を質問できますか?
・いつでも10日間の休暇がとれるような職場態勢になっていますか?なっていないとすれば、そのための努力は?労働基準法に定める当然の権利の確保なのですが?三六協定や労働組合はどうなっていますか?もしなければ、あなたが組合をつくる努力をしてみたことは?

あなたが偶然、航空券やツアーパッケージが当選することなくても、上記の条件が満たされていれば、抽選に当たったけれども都合が悪くなった人から、あなたが譲られる可能性がグンとアップすることは納得いただけるのではないでしょうか?職場で誰かにヨーロッパ出張の必要が生じた際に、上記の準備ができていれば、あなたが指名される確率がグンとアップするのは明白です。

あなたの目標を実現するためには、単に「ヨーロッパに旅行したい」という夢だけでは足りないことが納得いただけたことと思います。
身近で、実際に目標達成された方の行動や準備を思い浮かべて下さい。何の準備もせずに目標達成できた知人が存在するでしょうか?

以上は、目標・願望を旅行にたとえたものですが、他の目標もみな同じです。

2008年10月 8日 (水)

スピリチュアルに生きる(13)-- あなたの本来は高次元

この世は見える世界と見えない世界で構成されています。
といっても、ここで言うのは、思考や感情といったことではありません。
この世界は3次元である、物理的なものと、4次元以上の高次の世界が重なっています。
そして、あなたも実は3次元と4次元以上が重なった存在なのです。
俗に言えば、肉体と霊体が重なっています(実はそれ以上にアストラル体とかエーテル体・コーザル体なども重なっているのですが)
近年ではルドルフ・シュタイナーなどが説明していますのでそちらの書籍をお読みいただくとして、このことは実験的にも証明されています。
「オーラ測定器」という機械があります。その人のオーラの微妙なエネルギーを測定するものですが、それによってオーラの形などが分かり、その人の性格がある程度分かります。私もその測定器を試したことがあります。体調不良だったせいか、オーラの形が健康の時と異なることを当てられてしまいました。

ロングシートの電車が空いているとき、シートに一番端に座りませんか?これは他の人とオーラが重なってしまうと、非常に居心地が悪いからです。
そして、本当のあなたは、見えない世界からこの物理的な次元に投影している存在そのものなのです。

古くから神社などの入り口に狛犬がいます。
片方が口を開いて「ア」と言っており、反対は「ウン」と口を閉じています。(あうん(=阿吽)の呼吸の語源です。)
さて、この「ア」と「ウン」の間に「トウ」というのが実はあります。
「ア」存在しない状態
「ウン」物理的に存在する状態
この間の「トウ」は存在するけれどもまだ物質化していない状態、です。
狛犬の間を通りぬける時、あなたは”トウ”の場を通過し、神社に願いをかけるのです。
これは物理的に存在する仕組みを最も簡単に例えた一例ですが、この物質界3次元のすべては、4次元からの投影なのです。

以上のように、前回書いた高次元の自分からの視点から行動してみてください。

きっと新しい視界が広まります。

2008年10月 7日 (火)

スピリチュアルに生きる(12)-- 波動を高める・霊性を高める

昔から「自己観察法」というものがあります。文字どおり、自己を観察することです。(自観法と呼ばれていたこともあります)

例えばあなたは感情は何かへの激しい怒りの方向に向けられているとします。その一段上の次元から自分を観察してください。
つまりこうです。「私は怒っている」。そのように客観的に自分を見ることが「自観法」です。
さて、「私は怒っている」と観察している”私”は”怒っている私”ではありませんよね?
どちらが本当の”私”でしょうか?
感情の”私”と理性の”私”?
どちらも本当の自分?どうやら違うようです。

では、怒っているのでなく、道を歩いているとしましょう。「道を歩いている私」を一段レベルが上の”私”が「今、歩いているな」と観察することができますね。
さて、本当のあなたはどちら?どちらも真実?
では質問を変えましょう。「魂がより上のレベルのあなたはどちらですか?」
この”上のレベルの次元”の時間を長くすることが魂のレベルを一段アップさせる有効な方法です。

進んだ宇宙の住人と交流していたアダムスキーは彼の著作の中でこれを「想念観察」と呼び、手帳を携帯し、
ポジティブな想念が発せられた時に左側、ネガティブな想念を発したときには右側、というように記録していくことで、魂の向上に効果的である、としています。

このように一段上から自分を観察することが意識できるなら、さらに上の段階へも意識次第であがれます。
あなたを含めた、あなたの職場や家族や周囲の人も含めた全体を、客観的に見る視点に意識を持っていって見て下さい。
あなたの言葉や行動は周囲とどのようにかかわり、影響するか、観察できることでしょう。
これがいわゆる「ハイアーセルフ」です。
あなたは多くの次元の複合体であり、上記のように気持ちを変えるだけでハイアーセルフと一体化することができます。の

さらにレベルをあげてみます。

今の物質的なあなたでないあなたの本質と、現在の見える周囲の人の物質的な姿でない高次の側面から、全体を展望するのです。
自分の本質と周囲の本質はどこかでつながっているように観察できませんか?また、それらは宇宙の本質とつながっていると感じることはできませんか?

波動は同じレベルの波動を引きつける、と言われています。
分かりやすく説明すると、TV・ラジオのチューナーだと思って下さい。すべてのチャンネルの電波がずっと周囲にあるのですが、TVやラジオはAチャンネルを選択すれば他のチャンネルには同調しません。
そして、この地球には目に見えるもの、見えないものを含めて、非常に多くの波動の層があります。
”電波”の周波数を高くすれば、赤外線、光、紫外線、X線、γ線となりますし、周波数を低くすれば超音波や音になるのと同様、意識の波動も全く同じことです。
あなたの波動を高めるには、あなたは高い波動を選択すれば良いのです。
怒り・憎しみ・妬み・恨みなどは低い波動、真心、優しさ、思いやりなどは高い波動ですが、最高の全体的視点から見て、宇宙の本質は「愛そのもの」です。

低い波動に意識を集中していることは、あなたの波動が低くなっていることであり、同じ波動は共鳴し、力を持ちます。逆に、宇宙の本質、つまり「愛そのもの」になっているときには、宇宙の力があなたを通じて流れ周囲をさらに高めるのです。

あなたのバイブレーションを常に高く保つよう心がければ、同じレベルの波動が同調することでしょう。

2008年10月 4日 (土)

物語(7)--初出勤のアルバイト/僕はこれからどうなるんだろう?

そういうわけで、僕は翌朝の7時半に某駅で加藤さんと待ち合わせた。

駅から歩いて10分ほどのところに僕のアルバイト先、加藤さんの職場があった。
そこは5階建ての福祉施設だった。
複合的なビルなので、児童福祉・障がい者福祉・知恵遅れの人ための施設がなどが含まれていた。

ビルに入ると突然、足の不自由な小学生が僕のそばに来て「おじさん、遊べる?」と言った。
僕はおじさんと言われる歳じゃないし、仕事に来たので遊べるわけはない。

どう断ろうか、と思っているとそれを見ていた加藤さんが言った。「後で遊んであげないとな。ここはこういう子どもたちの施設でもあるんだから」

============

朝8時が勤務開始らしい。
「これから館内を案内するけど、これも仕事だよ」
”用務員”の加藤さんは館内の照明をONしてチェックし、切れている照明を僕と一緒に交換した。
車椅子を見て、「これは空気を入れてやんなくちゃ」と言って空気入れを持ってきた。

朝9時。
館長室で挨拶した後、僕は職員室の朝礼で職員全体の前で紹介された。
アルバイトなんだけど、僕の顔を知らないと不都合があるので朝礼で紹介されたのだろう。
この職場は次の部署で成り立っているようだ。
医事課(障がい者のための施設なのでドクターやナースもいる)
介護課(介護福祉士やヘルパーの人がたくさんいる)
総務課(様々な書類作成や経理をやっているようだ)
庶務課(他の部署でやらない雑件をやる--僕の机はここに用意されていた)

僕の席は庶務課の末端だった。というより空いている机だった。
庶務課は受付係とか清掃係とか必要な物品の購入とかやるようで、
設備の係長の吉沢さんという人と同じく設備係の趙さんという人がいる
隣の席に加藤さんと向かい合わせで座った。要するに設備係は3人で足りないからアルバイトが一人必要だったわけだ。と僕は解釈した。

ん?設備係?加藤さんが”用務員”とか言っていたのは?
加藤さんはそれを察したように言った。
「ここには用務員がいないから、設備が用務員のような雑役を兼ねているんだよ」

なるほど、そういうことで、電気工事士のような免許も必要だったわけね。それと学校の時にいた用務員さんのような仕事もやるんだね。

まあいいや、このアルバイト何日続くかな?
今日だけで気に入らずに辞めたら給料は即払いしてくれるのだろうか?
そんなことを考えていたら、”設備係”としての朝の巡回点検に加藤さんに連れ出された。

--続く

スピリチュアルに生きる(11)--ネガティブな感情を捨てる

あなたの心配事は何ですか?
もし、心配しても結果は変わらないのでしたら、心配してもどうにもなりません。これから起こることの良い結果、悪い結果を考慮し、最善を尽くすのは間違っていません。しかし、最悪の結果ばかりを考えるのは明らかに間違っています。
中には、もう過ぎてしまっったことまで、心配(=後悔)する人がいます。どうして後悔する必要があるでしょう?そんなことを考える暇があったら、これからの未来を少しでも明るくする努力をした方が良いのではありませんか?同じ悩むなら、恋人や家族や友人をどうやって喜ばせるか悩んだ方がはるかに良いのではありませんか?

●恨みや悪口、怒りも放棄しましょう。
自分を苦しめた人、傷つけた人にずっと恨みをもっている人がいます。その人の悪口を言い続ける人がいます。
それで状況が良くなったことはあるでしょうか?
ひょっとしたらあなた自身も他の人を傷つけたことがあるかも知れません。
あなたはそれに気づきましたか?鮮明に覚えていますか?
加害者は被害者の1/10さえも覚えていないものです。
同様に、あなたを傷つけた本人は覚えていない、あるいはあなたが辛い思いをしたことに気づいてさえいないことがほとんどです。

そんなことを考えるより、それらをうち消すほどの、これからの良い出会いを作ったり、計画した方が良いのではありませんか?

あなたを苦しめた相手を、あなたの脳裏にずっと置いておきたいですか?ずっと覚えていたいですか?違いますね。それは忘れて、もっとずっと良いこと、---希望や夢や可能性で思考を満たした方が良いではありませんか?

それでも忘れることができなければ、その人を許してしまいましょう。
あんなヤツ、絶対許せない?
ではまず自分を許すことから始めてみましょう?先に書いた「後悔する」ということは、過去の自分を責めることです。
過去の時点では、あなたはそれを最良の選択だと信じて行動したのではありませんか?

それは決して悪いことではありません。

同様にあなたが「許せない」行為をした相手もその時はその相手にとって最善の選択だったのです。
自分を許してやることを試みて下さい。ずっと気が楽になります。
あなたの過去の間違いについては「時効」を設定する必要があります。
刑法の規定では、逮捕されなければおおむね10年で時効、そして服役しても10年で消滅時効(前科が消える)、軽い罪ならもっと少ないです。
もちろんこれは犯罪のことです。
そしてあなたの過去の行為は逮捕されるほど悪いことでしたか?

そして自分を幸福にしないことこそ、あなたにとって最大の犯罪ではありませんか?
自分を幸福にしてあげることを優先して下さい。

これは「自分勝手」とは違います。誰もが実行できる方法で「まず自分が幸福になる」ことを示すことによって、他の人にも幸福になる方法を伝えることができるのです。

●妬みを放棄しましょう。
豪華な邸宅を見て「どうせ悪いことをして稼いだに違いない」と、妬む人がいます。そんな人は心の中で自分が豪邸に住むことを否定しているのです。

そこのまだ見ぬ住人に向かってささやきましょう。「素敵な家を持ててすばらしい。自分もいつかこんな家に住む。」そのためにはどうしたら良いか、を考える方がずっと楽しくありませんか?

2008年10月 3日 (金)

スピリチュアルに生きる(10)--視点は未来に

過ぎたことはもう変えられません。なのに、人は過去を悔やんでばかりいます。どうにもならないことをあれこれ考えるのは時間の浪費そのものです。
現在のあなたをつくったのは過去のあなたですね?だとすれば、未来のあなたをつくるのは現在のあなたではありませんか?
理想的な未来をつくるためには、理想に向かっての努力が「今」必要なのは納得いかれるのではないでしょうか?
今、闇の中にいるとすれば、そのことを嘆き、悲しんでも闇はなくなりません。しかし、光をもってくれば闇はただちに消えます。
あなたにとっての「光」を追い求めて下さい。

どうしても過去を悔やんでいる人は失敗としてでなく、単なる「経験」として考えてみて下さい。ちょうど、数学の問題の間違えを繰り返すことによって、数学の実力がついたのと同様に。

もう、”旅”の例で考えましょう。旅も順調でないことがたくさんあります。でも旅を嫌いになったりしませんよね?それは、新しい景色を見ることや珍しい生活をかいま見ることや、その土地の食事を食べることが好きだからですよね?人生も同じ。旅だと思えば「あんな失敗もあったな」と笑って語れませんか?失敗を笑えればもう「後悔」とはほど遠くなっていませんか?そしてそれらの経験は「学び」そのものだったのであり、あなたを成長させ、まさに現在のあなたが形成されたのです。

そう考えれば少しは気が楽になりませんか?

書評--富を「引き寄せる」科学的法則

富を「引き寄せる」科学的法則 (角川文庫5-1)

ウォレス・ワトルズ, 山川 亜希子, 山川 紘矢 \460

同書は現在、少しずつタイトルを4種類の訳が出ているようです。
ワトルズを気に入って似ている他のタイトルを間違えて購入してしまっても原文は同じものがあるはずですのでご注意を。
さて、私は最も読み易そうな山川夫妻訳の物を購入しましたが、4種類の中ではベストだと思います。
次に成功法則・引き寄せ関係の本の中での評価ですが、類書を多く読まれた方には「一読に値する」~「また読み返してみる」という範囲が最も多いのではないか、という感じです。

まだ類書をほとんど読んだことがない方でしたら¥460と安いので絶対のお勧めです(笑)

(類書も同じような内容が多いけどこれは比較的レベルが高いですから迷われるならこれ!)

2008年10月 2日 (木)

スピリチュアルに生きる(9)--自分が自分であり続けるために

仮に、あなたの趣味がある物を集めることだとして、それがちょっと集める趣味としては珍しいもので、
他の人から「どうしてそんなもの収集するの?」と言われてもやめてはいけません。
「そんなもの」と思うのは他人の価値観であって、あなたの価値観ではないからです。
あなたは自分のために生きるのであり、あなたはそれを収集するのが好きだから集めているわけです。
それを集めるのが幸福だからそうするのであり、他人から言われてそれを止めるのは幸福の放棄に他なりません。
同様に芸術作品(と、人から言ってもらえないにしても)はあなたがそれを作成したいからしているのであり、他人のために作っているのではないことは確かです。
一般的に”認められている”趣味、例えばスポーツとか鉄道とか囲碁とか手芸だって、多数の人がやっているから”趣味”として認められているのであり、本人にとっては大切でも興味のない人にとっては何の価値もないのです。

さて、趣味の話なら解りやすいのですが、ちょっと変えて服飾にしてみましょう。
あなたが気に入って購入して着ているものを、他の人にセンスが悪いとかデザインがちょっと、といわれても着るのをやめてはいけません。
その前、購入する時に「こんなものを着たら人にどう思われるか」という判断が含まれて購入の基準になってはいけません。
あなたが気に入ったものを買うべきだし着るべきです。服装は誰のためでもない、
自分のためだからです。

以上の話をだんだん物質的でない世界に広げて考えてみましょう。
みんなが好な音楽だ、という理由でCDを買う必要はありません。音楽を聴くのは自分なのですから自分が好き、という基準でCDを買いましょう。
書籍も同様です。自分が読みたい本を読みましょう。

ここまで私のブログをお読みいただいた方は察してくださったと思いますが、職業も同じです。
人のために生きているのでなく、自分のために生きているのです。
「これから**という仕事をしてみたい」
--なんでそんな仕事を?
と言われてもあなたはあなたのやりたい仕事をやってください。
もし、あなたが「自分には合わない」という仕事に就いているのなら
収入とか肩書きとか、辞めようと思った時には周囲の人はそれらに妥協した自分の人生を肯定したいので
おそらく反対するでしょう。
でも自分らしくないものにしがみついている人のアドバイスを聞けばあなたも自分らしくない生き方をすることになります。
だからそういったアドバイスでなく、自分の魂の内なる声に従ってください。
あなたは”現実的な”生き方をしている人と同一の人生観である必要はありませんし、そうやって”アドバイス”くれた人とは違う生き方をする人です。
あなたはあなた自身の納得いく仕事を目指してください。

そうして話をもっと拡大すると、生き方そのものです。
あなたの生き方についてアドバイスというより「それは無理」「夢だけはあるんだね」「前に同じような人がいたけど・・」なんて雑音があると思います。
それらはその人の結論であって、そういう人は自己の生き方を限定している価値観しか持ち合わせていない人です。
本当に自分を大切に生きている人なら否定しないはずです。
皮肉でなく「頑張ってね、応援するよ」「そうだよね。自分も負けずに頑張ろう」という人の言葉だけを心にとめてください。

そして、「自分は**になろうと、それなりに頑張っているんだけど、(様々な事情・状況で)誰からも応援もらえない。一言くらい応援の言葉が欲しい」という方はメール(hass@nifty.com)ください。
あなたの夢を応援するメールを返信したいと思います。

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »