« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月

2008年11月29日 (土)

物語(9)--新しい世界2

電気室は受電盤というのがあって一般家庭と異なり、6600Vの電圧が来ているのでした。
電気科を卒業している僕は
--これって自家用電気工作物ですよね?電験(電気主任技術者)の資格が必要ですよね?
と聞いた。加藤さんはさりげなく
「だから俺が持っている」
と答えた。って、僕は電気科卒だから知っているけど電験3種と言えば合格率10%の難関だぞ。
それを加藤さんが持っているなんて・・・加藤さんって何者?

それから機械室に案内された。
暖房・加湿のためのボイラーと冷房のための冷凍機が置いてあり、館内への様々な配管で繋がっていた。
これも工業高校時代に機械の先生から聞いたことがある。
(注:現在は冷温水発生機が主流で冷凍機に換わることが多い)
加藤さんが説明した。
「これで館内の冷房と暖房と加湿をやるんだよ。ビル管法では温度は17度~28度、湿度は40%~70%になっているからね。そういう快適な環境を守るのが我々の仕事なんだよ」
--そんなことどうでも良いや。
と僕は思ったが、仕事ならやらねばならないかも。
ボイラーは触らなくていいよ。法律でボイラーの運転はボイラー技士の有資格者でなくてはならないから。
「でも冷凍機は監督がいれば操作してよいはずだからたまに操作してもらうかも。」
--って加藤さんはボイラーや冷凍機の資格も持っているのか・・
でもボイラーをいじらなくて良いならまあ楽そうだ。

そうして午前中、ゆっくり電気や機械の説明を受けて昼休みになった。

加藤さんは「昼休みなんだから好きに過ごせば良いよ」と言って
奥さんが作ってくれたと思われる弁当をさっさと食べ、さっき誘われた老人の囲碁の相手をしに言った。
僕は、と言えば、最初に僕のことを「おじさん」と読んだ小学生が誘いに来たのでオセロの相手をしただけだった。
って、車椅子のその子はオセロが抜群に強いらしく、最初はまったく僕が歯が立たなくて隅に4つ僕の石を置かせてもらってまた負けた。
--うそだろ
僕はその子の期待にそぐえなかったかも知れない。
その子によれば何でも加藤さんとは互角だそうな。
それが当たり前のつもりで僕とオセロをやったのか……
僕は「申し訳ないな」と思ったりもした。

スピリチュアルに生きる(16)-- あなたの望みはお金?

お金は誰でも欲しいです。
お金を手に入れることは悪いことではありません。

でもちょっと待ってください。
お金が欲しいというのは、本当はお金で買えるものが欲しいということですよね?
豪華な家、世界一周旅行、贅沢な調度品、高級な服飾、……

お金はそれらを実現するための”手段”に過ぎません。

その目的を忘れてお金のために自分の大切な部分・生きがいを犠牲にしていませんか?
いつの間にかお金そのものが目的になっていませんか?

2008年11月28日 (金)

書評--人生で大切な「気づき」の法則 ─幸運と偶然がたちまち訪れる

人生で大切な「気づき」の法則 ─幸運と偶然がたちまち訪れる (単行本)
ジョー・ヴィターリ (著) 小笠原由美子 (翻訳)

日本実業出版社 ¥ 1,680

これまで出版されたジョー・ヴィターリ氏の著書「ザ・キー」「ハワイの秘法」「宇宙スイッチ」は既に読んでいます。

それらを気にいったため本書も期待して購入したのですが、彼のファンとしては残念ながら、彼自身が前書きの中で「これを出版するつもりはありませんでした」と書いているとおり、
他の著書と比して、他人の引用があまりに多いし、しかもスピリチュアルな内容的には引用の方が勝っています。(というより引用部分で学ぶことが多い)

特に目新しい気づきがありませんのでスピリチュアル系では中程度、彼の著書の中ではランクが最も下、という評価になります。

2008年11月16日 (日)

書評--運命のしくみ 成功のしくみ

運命のしくみ成功のしくみ (単行本)
ダン・ミルマン (著), 尾崎 清一 (翻訳)
徳間書店 \1500

旅行に行く列車の中で一気に読んでしまった。

物語風は通常は好きではない。

「聖なる予言」とかオグ・マンディーノとか、物語はわずらわしい。

言いたいことがあるならズバッと書けよ、と思う。

だが、この本は物語風が好きでない僕でも読める。

物語にしなくては書けないこともある、というのがこの本かも知れない。

とりあえず、スピリチュアル系のエッセンスを集めてある物語風の本です。

読んで損はありません。損はありませんが得するかどうかはあなた次第(^^ゞ

2008年11月10日 (月)

書評--ようこそ、成功指定席へ

ようこそ、成功指定席へ―あなただけの「夢のかなえ方」がある
望月 俊孝 (著)
サンマーク出版 ¥ 1,680

この本の著者はレイキ解説本「癒しの手」を書いた望月氏である。

したがって通常の、信念をもてばお金持ちになれる、とか、目標をビジュアル化して描き続ける、などということはあまり説明していない。

誰でも無理なく等身大の成功の仕方があるんだよ、ということをゆっくり説明してくれる。ところどころ、「なるほど」と思う書き方をしてある。

通常の自己啓発書が合わなかった人にはお勧めかも。

2008年11月 8日 (土)

書評--その望みは宇宙がかなえてくれる

その望みは宇宙がかなえてくれる
ベルベル・モーア (著), 小川 捷子 (翻訳)

サンマーク出版  価格: ¥ 1,575 

著者はドイツ人女性。

ドイツ人の性格だろうか、成功関係本もアメリカのものより心にすっきりくるようなものが多い気がする。

ともあれ、この本は簡単でいい。

ドリーン・バーチューのように天使にお願いしたり、ソニア・ショケットのようにガイドにお願いするのも良いが、この著者は単純にケータイでお願いするつもりで、あとは待つだけ、という。

さあ、僕も良い仕事に転職できるようにオーダーしておこう。

書評--ハワイに伝わる癒しの秘法 みんなが幸せになるホ・オポノポノ

ハワイに伝わる癒しの秘法 みんなが幸せになるホ・オポノポノ 神聖なる知能が導く、心の平和のための苦悩の手放し方 
イハレアカラ・ヒューレン (著), 櫻庭 雅文 (訳・他)
徳間書店 \1575

愛してます/ありがとう/ごめんなさい/許してください

全く難しいことはない。

この4つの言葉で潜在意識がクリーニング(浄化)され、神聖なる知能からのインスピレーションに導かれるようになる。

「ありがとう」のシリーズなら野坂礼子氏がその効果を書いているが、ここでは4つの言葉がセットになっている。

実際に著者は犯罪を犯した精神障害者の施設をクリーンにして、驚くべき効果をあげている。

シークレットの出演者ジョー・ヴィターリ著の「ハワイの秘法」を併せて読めば、この奇跡がより明確になる。

さて、私もこの4つの言葉でクリーンになり、奇跡を待つとしよう。

2008年11月 6日 (木)

書評--フナ/古代ハワイの神秘の教え

フナ―古代ハワイの神秘の教え
シャーロット バーニー (著)  丸子 あゆみ (翻訳)

ダイヤモンド社   ¥ 1,680 

この系統の書籍はこれまで読んできた「ハワイアン・ヒーリング」や「アーバン・シャーマン」などと
同一線上にある。

ハイヤーセルフの概念は様々な書籍に書いてあるがここでは
ベーシックセルフ・ミドルセルフ・ハイセルフと3つのセルフで捕らえている。
この3つのセルフを調和させることが生活を向上することだ、との説明はわかりやすい。
また、高次の
世界とコンタクトすることや天使からの援助をお願いするのは
どういうわけかドリーン・バーチューなどの説明と重なる。
本質は同じということであろう。
フナについて知りたい方にはお勧め。

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »