« 書評--マクモニーグルが語るリモート・ヴューイングの世界 | トップページ | 書評--飛べるのに歩いているの? »

2008年12月18日 (木)

書評--リアリティ・トランサーフィン

ここでは同じタイトルを2冊紹介しよう。
(本国ロシアでは6冊シリーズだということである--今後の出版が楽しみ)

「振り子の法則」リアリティ・トランサーフィン―幸運の波/不運の波の選択 (単行本)
ヴァジム ゼランド (著), 須貝 正浩 (翻訳), ほおじろ えいいち
徳間書店 (2006/12) ¥ 1,680

「願望実現の法則」リアリティ・トランサーフィン〈2〉魂の快/不快の選択
ヴァジム ゼランド (著), 須貝 正浩 (翻訳), ほおじろ えいいち
徳間書店 (2007/07)  ¥ 1,680

この本はこれまでの「成功哲学」とか「引き寄せ」とは格が違う。
これまで私が読んだ中では最高ランクの書籍。
先入観を与えてはいけないので内容の余計なコメントは差し控える。
「成功哲学」・「引き寄せ」で良書を探している方は一読をお勧めする。
私はこれから教科書として読み返し、実践するつもりである。

« 書評--マクモニーグルが語るリモート・ヴューイングの世界 | トップページ | 書評--飛べるのに歩いているの? »

書評」カテゴリの記事

コメント

ブログ拝見しました。

私も、トランサーフィンは最高の書籍だと思っています。
その一言がとてもうれしくて、コメントさせていただきました。

では・・・。

コメントありがとうございます。
現在、第3巻「超スピリチュアルな夢実現/幸福獲得法」を読んでいるところです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523730/43458791

この記事へのトラックバック一覧です: 書評--リアリティ・トランサーフィン:

« 書評--マクモニーグルが語るリモート・ヴューイングの世界 | トップページ | 書評--飛べるのに歩いているの? »