« 書評--リアリティ・トランサーフィン | トップページ | 書評--運命の脚本を書く »

2008年12月18日 (木)

書評--飛べるのに歩いているの?

なぜ、飛べるのに歩いているの?
ISHA (著) 住友進訳
サンマーク出版 \1680

この本はたぶんすごい本である。
(たぶん、というのは本の通りに実践するのはこれからだから)

ネットを調べても「イーシャ・システム」の紹介がある。

あなたは「飛べる」はずだ。飛べないのは枝にとまり続けているからだ。

4つの言葉(--というとどこかで聞いたことが・・--ここでも前に紹介した
ハワイの秘法もそうである。)を唱えれば人生が変わる。

以前に紹介した4つとはまた違う言葉であるが、この本はその4つの言葉を
毎日1時間くらい唱えなさい、というから、私はまだ実践していない。
--ということで今日のところは読後感のみ。

« 書評--リアリティ・トランサーフィン | トップページ | 書評--運命の脚本を書く »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523730/43458822

この記事へのトラックバック一覧です: 書評--飛べるのに歩いているの?:

« 書評--リアリティ・トランサーフィン | トップページ | 書評--運命の脚本を書く »