« 書評--飛べるのに歩いているの? | トップページ | 書評--番外編 »

2008年12月18日 (木)

書評--運命の脚本を書く

運命の脚本を書く―アーキエンジェル・マイケルからの贈り物
ロナ ハーマン (著), Ronna Herman (原著), 大内 博 (翻訳)
太陽出版 ¥ 2,940
ロナ・ハーマンの著書は前からお気に入りで
http://homepage3.nifty.com/hasunuma/starthp/subpage03.html
でも紹介してあるとおり。
聖なる探求以来の彼女の著作が上記のものであろう。

これまでと異なるのは、今までの書籍の引用が多いこと
(悪い意味では焼き直しでこれまでのファンには物足りない、良い意味ではエッセンスの寄せ集めなのでまだ彼女の書籍を読んでいない方でもOKだろう))

今回、新たなことは別の人が書いた文章紹介に”シンボル”が紹介してあること。
レイキのシンボル(癒しの風というレイキ紹介本には
出ている)がしっくりこなかったのだが、この本に紹介されているシンボルは自分に合っているような気がしたこと。
とりあえず、シンボルに馴染むのに数週間を要するのでまだ実践中である。

« 書評--飛べるのに歩いているの? | トップページ | 書評--番外編 »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523730/43458853

この記事へのトラックバック一覧です: 書評--運命の脚本を書く:

« 書評--飛べるのに歩いているの? | トップページ | 書評--番外編 »