« 書評--運命の脚本を書く | トップページ | 書評--神よりしあわせ »

2009年3月21日 (土)

書評--番外編

書き込みが久々となりました。

読書をさぼっていたわけでなく、(というより読書は僕の人生で食べ物の次に必要です)

良い本を探していました。(これは次の書き込みにします)

で、ここで紹介すべき”スピリチュアルな”本ではないのですが、この空白期間の読書の中でコミックですが面白かったので紹介だけしておきます。

以下はamazonに載せたプレビューです。

  ===コミック「天上の弦」===

山本おさむ氏の漫画は、これまで「どんぐりの家」「聖」などを
読んでとても心あたたまる内容でしたが、これはさらに良い。
ですから
第1巻を読むと第2巻、第2巻を読めば先が読みたくなり第3巻、と
止まらなくなりますので要注意。
また、涙もろい方は涙も止まらなくなりますので、さらに注意が必要です。

===

って、何のことやら不明な方は「海を越えたバイオリン」というドラマご存知ですか?

(残念ながら僕は見ていません)それの漫画版です。

と、話がここのブログの横道に逸れそうなのでこの辺にしておいて、続けてスピリチュアル本のお薦めを書きます。

« 書評--運命の脚本を書く | トップページ | 書評--神よりしあわせ »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523730/44420939

この記事へのトラックバック一覧です: 書評--番外編:

« 書評--運命の脚本を書く | トップページ | 書評--神よりしあわせ »