« 書評--エソテリック・プラクティス・他 | トップページ | スピリチュアルに生きる(17)-- 「あるがまま」を受け入れる »

2009年3月21日 (土)

書評--めぐりあう魂

めぐりあう魂~カバラから学ぶ宇宙神秘思想
ラブ ベルグ (著)
日本カバラセンター

この本は10年ほど前の出版なので今は絶版。
(でもamazonでそこそこの中古価格で購入できる)

感想
輪廻転生・ソウルメイトという概念が当たり前の方は読む必要ありません。
最初の部分も、ちょっと真ん中あたりを開いた感触も「慣れない概念を説明しているかな?」と
いう感じがしたのですが、文章の書き方は見かけによらず読みやすいです。

ということで
「カルマの法則なんて当たり前」「ソウルメイトという言葉は説明できる」という方は読む必要はないでしょう。この本の中心はそういう概念の説明ですから。
でもそれらを知らない方には人生の新しい概念になるでしょう。

PS
僕の探している本はカルマの法則を超越する本なので、そういう「お薦め」書籍があれば是非教えてください。

« 書評--エソテリック・プラクティス・他 | トップページ | スピリチュアルに生きる(17)-- 「あるがまま」を受け入れる »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523730/44421770

この記事へのトラックバック一覧です: 書評--めぐりあう魂:

« 書評--エソテリック・プラクティス・他 | トップページ | スピリチュアルに生きる(17)-- 「あるがまま」を受け入れる »