« 書評--感謝するということ | トップページ | スピリチュアルに生きる(18)--「半分残っている」か「半分しかない」か »

2009年5月20日 (水)

書評--私はアセンションした惑星からきた

私はアセンションした惑星からきた―金星人オムネク・オネクのメッセージ (超知ライブラリー) (単行本)
オムネク オネク (著), 益子 祐司 (翻訳)
出版社: 徳間書店 ¥1,995
ISBN-10: 4198625034

久々に「アダムスキー」的な書籍を読んだ。
昔読んだ「空飛ぶ円盤同乗記」の中の”人生の生き方””宇宙の見かた”などはしばらくは私の人生の指針でした。
今回の書籍は個人的にはそれらの延長です。
3次元からすれば金星に「人間」は住んでいないかも知れません。
でも高次元にアセンションしたとしたら?

この本は地球の概念以上のものを与えてくれます。
地球のマスコミのあれこれに飽きた人にお勧め。

ただし、ひとつだけ疑問があります。

「天国の真実」というタイトルの本(マーシューブック)の第2弾

マシューブック特別編 現代社会のスピリチュアルな真相 (マシューブック 特別篇) 
スザンヌ・ワード (著), 森田玄 (翻訳), きくちゆみ (翻訳)
出版社: ナチュラルスピリット (2008/11/25)

は、マリアは実はイエスキリストの妻だったとあります。
処刑にあっておらず、その後、他の地で平和に暮らしたようです。

ですが、オムネクによれば、イエスは金星から、地球を救うために生まれ変わり、
3次元的には処刑されたが、金星人によって24時間以内の再生の手順で
物質界にも復元し、その後、やはり当分生きながらえたようです。

どちらが真実か?(本当に処刑されてそれっきりというのは僕の選択支に入っていません)
ともあれ、人生・宇宙の真実の探求のため、また読む本が増えそうです^_^;

« 書評--感謝するということ | トップページ | スピリチュアルに生きる(18)--「半分残っている」か「半分しかない」か »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523730/45075515

この記事へのトラックバック一覧です: 書評--私はアセンションした惑星からきた:

« 書評--感謝するということ | トップページ | スピリチュアルに生きる(18)--「半分残っている」か「半分しかない」か »