« スピリチュアルに生きる(18)--「半分残っている」か「半分しかない」か | トップページ | 書評--3つの真実 »

2009年7月15日 (水)

書評--もう、不満は言わない

もう、不満は言わない (ハードカバー) ウィル・ボウエン (著) ¥ 1,680 サンマーク出版 これは「引き寄せの法則」の裏返しである。良いことを考えれば良いことが引き寄せられるし悪しきことを考えれば悪しきことが引き寄せられる。 では悪しきことを考えないようにするには?というのがこの本のテーマである。 ネガティブなことを考えるのもそうなのだが、それは最初からは無理というもの。とりあえず、不満を”言う”のを止める。これが21日間継続できればOK。 さて、ネガティブなことを言わなければ良いだけなら簡単か? 私は3日前に読み始め、2日目で不満を言ってしまったので振り出しに戻り、今日はまた2日目となる。 重要なのは”言う”という行為そのものでなく、それだけネガティブな波動を発していたことに気づくことのようだが・・・とりあえず、21日やってみよう。

« スピリチュアルに生きる(18)--「半分残っている」か「半分しかない」か | トップページ | 書評--3つの真実 »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523730/45641739

この記事へのトラックバック一覧です: 書評--もう、不満は言わない:

« スピリチュアルに生きる(18)--「半分残っている」か「半分しかない」か | トップページ | 書評--3つの真実 »