« 物語(12) 仕事3日目 | トップページ | 書評--星の王子さま »

2009年10月23日 (金)

書評--不死というあなたの現実

不死というあなたの現実
ゲイリー・R・レナード 著, 吉田利子 訳
河出書房新社  ¥ 1,890

同著者の「神の使者」を読み、とても気に入ったので、遅ればせながら
上記の2冊目を読んでいる。

内容はACIM(奇跡の学習コース・・まだ未邦訳--邦訳予定はあるらしい)の内容を噛み砕いて解説しているが
2元性とか赦しとか霊性レベルは非常に高い。

前に紹介した「リ・メンバー」も、先週やっと2度目を読み終えたが
同じ2元性を中心に語られているという意味では、どちらも非常に勉強になる。

「すべてはエゴが創りだした2元性の夢。あなたの役割は全てを赦すこと。そして赦し続けること」

「スピリチュアルを目指している人は情報収集だけで実践が足りない」と書いてあるのには恐れ入りました。

ただし、前作「神の使者」を読んでいない方はそちらから。

オリジナル「トマスの福音書」も途中に入っている。

訳はウォルシュ氏の「神との対話」を訳した吉田利子さん。
とても分かりやすい。

« 物語(12) 仕事3日目 | トップページ | 書評--星の王子さま »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523730/46562998

この記事へのトラックバック一覧です: 書評--不死というあなたの現実:

« 物語(12) 仕事3日目 | トップページ | 書評--星の王子さま »