« 書評--豊かさを引き寄せるシークレット | トップページ | 物語(10)--新しい世界3 »

2009年10月14日 (水)

書評--ヤベツの祈り

ヤベツの祈り (単行本)
ブルース・H. ウィルキンソン著, 中村 佐知 訳
いのちのことば社 ¥ 1,050

この小さな本は基本的にはキリスト者向けである、引き寄せの法則や成功哲学のサイドからも勉強になる。。

==旧約聖書「歴代誌上 4章9~10節」より引用==

ヤベツは兄弟たちの中で最も尊敬されていた。母は、「わたしは苦しんで産んだから」と言って、彼の名をヤベツと呼んだ。またヤベツがイスラエルの神に、「どうかわたしを祝福して、わたしの領土を広げ、御手がわたしと共にあって災いからわたしを守り、苦しみを遠ざけてください」と祈ると、神はこの求めを聞き入れられた。

==引用終わり==
このあまり有名でもない部分を詳しく解説しているのが著者である。
ヤベツのように祈ればきっと叶えられる。そう思える一冊である。

« 書評--豊かさを引き寄せるシークレット | トップページ | 物語(10)--新しい世界3 »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523730/46482838

この記事へのトラックバック一覧です: 書評--ヤベツの祈り:

« 書評--豊かさを引き寄せるシークレット | トップページ | 物語(10)--新しい世界3 »