« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

2009年12月26日 (土)

物語(17)--西郷さんのデビュー

そして何故か次の日から西郷さんが職場に来て、僕が仕事を教えることになった。
普通に電気室を案内して点検項目を教えた。
機械室に行って普通に点検項目を伝えた。

だけど、ボイラー室は違った。
西郷「これは私が前にやっていたボイラーと同じ炉筒鉛管ボイラーですから判ります」
と言った。僕にはよくわからなかったけど点検項目を説明すると
「PH(ペーハー)はドイツ語ですが英語でピー・エイチ、つまりポテンシャル・ハイドロゲン、水素濃度を測定するのですよね。
PH濃度の理想は11.0~11.6です」
なんて語られたら、もう、僕は知らない。
僕「軟水器の記録もあるんです」
と言ったら
「水道水には炭酸カルシウムと炭酸マグネシウムが含まれます。ボイラーにとっては除去せねばならないので
ここに塩化ナトリウムを加えます。そうするとイオン化傾向の差によって・・・」
って、解説されてもよくわからないけど、とにかく西郷さんはボイラーには詳しいようだ。
僕「俺もここに来たばかりでよく判らないです」と言ったら、西郷さんはそれを察したらしく
西郷「ブロー(吹き出し)の意味は判ります?さっき説明したように軟水器で炭酸カルシウムと炭酸マグネシウムは除けるのですが」

って、知るか、そんなもん!

西郷「珪酸カルシウムと珪酸マグネシウムは、珪素、即ちガラス質ですから硬い沈殿物になります。これらは軟水器では取り除けませんから
ブローするのです」

ともあれ、ボイラーに関しては、僕は(ホームレスじゃなくて、)西郷さんを先生にすることにした。

西郷さんも、本当はすごい人かも知れない。
でも、彼をホームレスにしてしまったのは何だろう??
僕はそれを知りたかった。

2009年12月25日 (金)

物語(16)--ホームレス(続き)

そんな僕の心配を察してか、彼は言った。
「ここにいてはご迷惑でしょうから、あとで洗濯物取りにきます」
と、出て行った。

確かに、見ず知らずの人がこの部屋にいては困るよな~。
でもどこへ行くんだろう?
どうせ行くところなんかないんじゃないの?

僕は考えた。
あのきれいな瞳をした人は良い人かも知れない。
何かの事情でホームレスになったんだ。
って、ホームレスになる人はみんな事情があるのだろうけど。
これから彼はどうするんだろう?
何か資格でもあればウチの会社に入れるかも。
って、いつのまにか「ウチの会社」って言っている自分にも気づいてしまった。

ホームレスになるくらいだから何も資格持っていないんだろうな。
でも、加藤さんに相談してみれば何とかしてくれるかも。
なんて考えながら、僕はそれから3時間後、洗濯物をみたらまだ少し乾きが足りなかった。
4時間後--もう少し。
そして5時間後、もう夕方だが、乾くタイミングを計ったように彼が来た。
ぼくは言った。「たぶん洗濯もう乾いているよ」

彼「本当にありがとうございます。着替えたらすぐに出て行きますので」
洗濯物を渡すとすぐに彼は着替えた。
「本当に、こんなに親切にしていただいたことはありません。
ありがとうございました。」
出て行こうとする彼を僕は止めた。
僕「ちょっと待って!これからどこへ行くの?」
彼「今までもどこかの公園で寝泊りしていましたので」

僕は彼に待っていてもらって加藤さんに相談のTELをした。
加藤さんと出会わなければ僕が彼のようにホームレスになっていたかも知れないから。
その僕を助けてくれたのは加藤さんだから、加藤さんなら何とかなるかも知れないとおもったんだ。

加藤「どうした?」
僕「ウチの会社、今、求人募集してないですか?」
加藤「いい人ならいつでもOKだよ」
僕「今、一人となりにいるんですけど、これからお伺いしても良いですか?」

加藤さんは快く引き受けてくれた。
そして僕は彼を連れて、加藤さんの家におじゃました。

加藤さんの家に入った途端、驚いた。
テーブルの上に料理が用意されていたから。しかも
僕「えっ?鍋とマーボー豆腐と八宝菜!?」
加藤「いやー、時間がなかったからすぐそこのスーパーで材料買ってきた。餃子つくってあげたかったけど、時間がなくてね」
僕「いや、ご馳走になりに来たのでなく、紹介に・・・」
加藤「まあ、ゆっくり呑みながら話そうよ」

(著者注:マーボー豆腐はすぐに作れますが、まともな八宝菜は結構、下味をつけるのが大変です。だからこの話では餃子まで手が回らなかった訳です)

また僕は思った。
「加藤さんってどんな人なんだろう?」

ホームレスの彼は酒を勧められても最初は呑まなかった。
でも、加藤さんが3回ほど勧めると呑み始めた。
そして過去を語り始めた。

彼は、夏は田舎で農業、そして冬は東京の、冬季だけ暖房用ボイラーを使う会社に出稼ぎしていたという。
(だからボイラーと危険物の免許は持っている。ビル管には役立つ)
その会社が倒産して、郷里に帰れなくなったと・・

それから、加藤さんはいろいろ彼の経歴やら今の境遇についてのことを聞いていた。
彼の名前が西郷さんということも初めて知った。

加藤さんがほろ酔いになったころ、西郷さんに言った。
「明日からウチの会社に来てみるか?」
僕はよく見ていなかったけど、西郷さんの目からは涙が流れていたようだ。

僕は違うことを考えていた。
会社には明日から行けるとして、住む場所はどうするのか?

加藤「住むところが決まるまで、狭いけどここに寝泊りするか?」

僕は話の成り行きが全く信じられなかった。
で、加藤さんってどんな人??

書評--リビング・デリバレイトリー

リビング・デリバレイトリー―自分が決める人生の生き方 
ハリー・パルマー著, 山名 貴美子訳
¥ 2,000 KN&Associates

現在は上記のタイトルになっているが、僕が持っているのは旧版である。
「意図的に生きる」/アバターの発見と開発

○現実が信念をつくるのでなく、信念が現実を作る。
○信念は現実を作らないという信念を抱いている人は、その信念のとおりになる。

気づきの本である。
そして信念を変えれば現実が変わる。

そういった”悟り”に至った経緯を書いている。

学びが多い。アマゾンでも☆5の評価。

問題は、この書籍はある意味、セミナーの宣伝でもあり
アバターコースの受講は1~3までのコース9日間で¥334500。
(ただし、2までで効果がなければ全額返還なので、その点は良心的)

その中身は1以外は門外不出。(教わった秘密をもらさないという誓約書まで書かされるらしい)
そして3までのコースを終わると、マスターになるお誘いがあるらしい。
往復交通費・宿泊費など自己負担でカリフォルニアまで行かねばならない。
総額¥200万ほど。
ということで、カルト宗教に分類されてしまっているらしい。
(詳しくはウィキペディア参照のこと)

日本でのアバター関係のHPを検索すると、ほとんど
「アバターは**会社の登録商標です。」
「一切の権利は**会社に帰属します」などと書かれていて
要するに、ハリー・パルマーが作り、彼が儲けるシステムになっている会社なのだ。

(日本のナポレオンヒル関係の出版社もも似たようなプログラムを作って高額で販売している(た))

ということで書評に話を戻せば、この本はそこそこ読んでみる価値があり、まあまあなのだが・・・

本当に良い本ならたくさん売れ、僕ならその印税だけで、十分だし、
幸福になる秘訣を公開するほうがカルマにとっても良いと思います。

また、良いプログラムなら高額少売でなくて薄利多売にするのだが。
(ちなみに上記のナポレオンヒルプログラムは¥100万を超える。
添付のはがきを出すとしつこく電話がかかってきます。
それを5万で売って20倍の人が買えば同じ儲けだと思うのですが)

2009年12月21日 (月)

物語(15)--ホームレス?

ある日、乞食(という言葉は昔聞いた。今では死語?(差別語?=言い換えは物乞いかも)が話には聞いていたが本当に逢ったのは初めてだ)
が僕のアパートの入り口を叩いた。
(乞食=今の言葉でホームレスなのだろうが、ちょっと違うかも。)

僕のアパートのドアをノックするのはたまの宅配便くらいなので開けてみただけなのだけど。
開けたとたん、悪臭が漂っている。
何年も風呂に入っていないにおいかも。

そのホームレスは言った。
「旦那さん。すみませんが、ご飯の残りがあったら少し分けてくださいませんか?」
と、一部欠けた拾ったような器を差し出した。
ご飯の残り?あったような気がする。
でも・・・

数秒の間に僕の中に何かのイメージがひらめいた。
「ちょっと間違えていれば僕もホームレスになった。そして食べ物にあぶれたらこうしたかも知れない」
僕は悪臭のするその人、だけどちょっと瞳が綺麗な人をを無碍に断れなかった。

僕は言った。
「ホームレスはわかるけど、ずっとそのままでいいの?とりあえず体臭いよ。
それじゃ死ぬまでずっとそのままだよ。ウチの風呂に入っていかない?」
何ということを言ってしまったのか、と僕は咄嗟に思ったけど、
何故かその時は「加藤さんならこう言うかも」なんて考えてしまったんだ。
そんなことを考えているとその乞食というかホームレスはポロポロ涙を流していた。
これはもう、言ってしまった以上、断るわけにはいかない。
でも、この人を僕の部屋に通したら、部屋中が悪臭になってしまう、と思った。

「だけど、ごめん。風呂が沸くまで外で待っていてもらっていい?」
ホームレスは何回も頷いていた。

いや~、見ず知らずの人を風呂に入れのは、(って特にホームレスのような怪しい人を)勇気がいるよな。
と思いながら風呂を沸かした。

何かの本で、読んだことがある。
半年間、風呂のない国を旅した人は、帰国したらまず1回風呂に入ってざっと汚れを落とし、
もう一度、入ってしっかり風呂に入るのだ、と。

しばらくして風呂が沸いた。
僕は部屋の中にいたので、彼が外でずっと待っているかどうか判らなかったけど
ドアを開けると彼がそのままいた。

問題は着る物だ。せっかく風呂に入って悪臭のするそれを着たら何にもならない。

一応、体形は僕とそれほど変わらない。だから数時間、僕のを貸してあげてもいいかな、なんて
思ってしまう僕は甘いのだろうか?(だけど加藤さんならそうするかも)
ということで、風呂上りにはこれを「着なよ」って僕の下着を用意した。

で、彼の着ているものをウチに持ち込まれては、部屋に悪臭が漂うので
「外で全部脱げる?着替えはとりあえず僕のを貸すから、それを洗いおわるまで脱いでくれる?」

彼は、そのまま従った。(って、ドアの外で全部脱ぐか!?)
全部脱いでしまった彼を、風呂に通した。

シャワーの音やら石鹸を取り出す音が聞こえるけど、彼は何を思いながら風呂に入っているのだろう。
僕はその間、彼のあまりにも悪臭の服を洗濯機に入れて洗濯した。
洗濯して思った。「これ、すぐには乾かないよな~。濡れたまま返す?」かどうか。

30分後、僕の下着を着た、”悪臭のホームレス”でなくて、普通の男性が風呂から出てきた。
(結構、いい男じゃん。なんでホームレス?)
と思ったけど、僕はさっき書いたように、長期の海外旅行をしたあとは
2回風呂に入る、というのが頭に残っていたので「もう一回風呂に入ってください。その間に
少し髪の毛を切らせてもらっていいですか?」と言ってしまった。
だって、風呂から出たら、髪の毛と髭以外は”普通の人”だけど、
容姿はそのままだと、またホームレスだから。

彼は言った。
「ずっと床屋にいく金がなかったんで・・・」
それは僕も同じだ。だから自分の髪の毛は自分で切る。
そういう意味では髪の毛を切るのは未経験ではないのだ。

2回目の風呂を沸かす間、僕は床屋よろしく、彼の髪の毛を結構バサバサ切った。
いや~、整髪するとかなりいい男になってる。

2回目の風呂が沸いた。
「さっきのは汚れを落とすため。次はしっかり垢を落としてください。髭も剃ってね」
というと、彼はまた30分くらい入っていた。

髪の毛を切って髭を剃った風呂上りの彼はとてもホームレスと思えない素敵な男性だった。
どうしてこんな人がホームレス??

って違う!この人は最初に「ご飯ください」って言ったのを思い出した。
「お腹、空いているんですよね?今すぐチャーハンを作ります」
って、「チャーハンの素」しかないけど、この人には構わないかな?と思った。

で、僕はチャーハンを作った。

(*著者注
 ある程度、ご飯を温めた後でチャーハンの素を使うのはご飯のパラパラ感を作るのに効果的ですが
 基本はご飯です。「焼飯」は中国で、冷えた&古くなったご飯を食べなおせるために作られたものが起源だと思いますが、今の時代にあっては
 冷えたご飯は電子レンジで暖めて卵をまぶしてから
 中華なべ(なければフライパン)で炒めた方が美味しいです。)

 風呂上りの彼は、男の僕から見ても”かなりいい男”だ。
 僕は食事を勧めた。
 「お腹が空いているようだけど、今はご飯しかないからチャーハン作ってみたよ」

 彼は貪るように食べつくした。
 それをみた僕は、冷蔵庫の中に残っていたウィンナとか漬物の残りとか出したら
 それも食べつくした。よほどお腹が空いていたのだろう。

 それは良いけど、彼の服が乾くまで(今日は晴れているから3時間くらいで何とかなるか?)
 ここに留まってもらうしかない、というのが僕の悩みだった。

2009年12月 6日 (日)

書評--番外編/泣ける本

前にここで次の本を紹介しました。

鏡の法則 人生のどんな問題も解決する魔法のルール
野口 嘉則 著
¥1000 総合法令出版

さて、次の2冊も電車の中で読んだらいけない本です。
鏡の法則に感情を揺さぶられた方はどうぞ。

○世界でいちばん大切な思い 
イ・ミエ 著, 笛木 優子 訳, パク・インシク 著
東洋経済新報社

コメント:この第2集もありますが、1集と比較するとたいしたことはありません。
第1集がお薦めです。

○明日はもっと素敵な日―こころのチキンスープベストセレクション
ジャック キャンフィールド 著, マーク・V. ハンセン 著, 奥 勝実訳

コメント:こころのチキンスープ(チキンスープは日本で言えば味噌汁のようなもの)が
記憶によれば十数巻出ています&出ていました。
僕は第13巻「本当に起こったラブストーリー」が一番のお気に入りです。さて、引き寄せの法則ブームですが、

○アラジン・ファクター 願いをかなえる成功のランプ
ジャック・キャンフィールド 著, マーク・ヴィクター・ハンセン著, タカ 大丸訳
¥1995 すばる舎

という本もあります。著者のジャック・キャンフィールドは「ザ・シークレット」にも登場します。
上記の本の中に「心のチキン・スープ」で読んだ話がたくさん出てきます。
そういう意味では引き寄せの法則+心のチキンスープということでお買い得かも??

書評--シフト/続・光の使者

シフト―続・光の使者 
ジェイムス・F. トゥワイマン著, 穂積 由利子訳
\2100 中央アート出版

同著者の「モーゼス・コード」を気に入ったのでこの本も購入。
これは「続・光の使者」となっているが、「光の使者」はまだ読んでいない。
だが、スピリチュアルな人にどのように奇跡が起こるのか、
聖母マリアがどのように助けてくれるのか、など
ドキュメントタッチで面白く読める。

さすがに、ドリーンバーチューやグレック・ブレイデンの祈りの仲間である。

2009年12月 4日 (金)

書評--7つの館の7人の天使

7つの館の7人の天使
テレサ コーリー 著, 野津 智子訳
¥ 1,470  KKベストセラーズ

前回ちょっと紹介した「クライオン ジャーニー・ホーム―マイケル・トマスと7人の天使の物語
リー キャロル著」の書き改め版。

基本的な筋というか、本質は変わらない。
7人の天使と出会っていろいろなことを学んでいく物語です。
時々、自分もそれについて解答が欲しかったことを答えてくれるような場面があって止まったりします。
(天使に色の名前がついていて、オーラの色の順番と異なることが気になりますが)

で、どちらが面白いか?「好みの問題」です。(苦笑)
どちらもスピリチュアルな面が光るし、読後感もそれなりに1歩、何かが得られた感触はあります。

著者のテレサ・コーリーがわざわざ書き改めしようと思ったのはおそらく
”さらにスピリチュアルな面を前面に出そうとしたから”ということがあったのだと推測します。
おそらくは「ジャーニー・ホーム」を読んで感動したテレサ・コーリーがリー・キャロルに
連絡して精一杯(これがテレサ・コーリーの初出版だから)もっと分かりやすく書こうとしたようなきがします。

どちらを読んだにしても魂が一歩向上するのは確かです。
どちらでも構いませんが、若干の読みやすさがこちらが優れているし
定価から考えるとこちらかな?

2009年12月 2日 (水)

書評--サラとソロモン

サラとソロモン―少女サラが賢いふくろうソロモンから学んだ幸せの秘訣
エスター ヒックス 著, ジェリー ヒックス 著
\1890 ナチュラルスピリット

上記はサラとソロモンの1冊目
2冊目と3冊目は続きもので「サラとソロモンの友情」、「サラとソロモンの知恵」と続く。
引き寄せの法則シリーズを出しているヒックス夫妻が物語として引き寄せの法則を
分かりやすく書いている。

実は僕は物語は好きではない。
「聖なる予言」などは冒険物語風に書かれているが、予言を見つけて教訓が現れるまでが長い。
言いたいことがあるなら最初から書いてくれ、という感想を持つ。
オグ・マンディーノのシリーズもそうだが、メンターが出てきて少しずつ小出しにし、
巻末で手紙を書き残すなんて感じだが、その”教え”だけ書いてくれればいいぞ、と思う。

そんな中にあって、先日読んだ
「クライオン ジャーニー・ホーム―マイケル・トマスと7人の天使の物語
リー キャロル著, 和田 豊代美訳 ¥2520」
は、チャネリングによって書かれたそうで、そこそこ面白く感じた。
7つの館でそれぞれの天使が出てきて、主人公の少年が成長していく。
まあ、これは物語でないと表現できないこともあるので納得いく。
(なお、「7つの館の7つの天使」テレサ・コーリー著
は上記のジャーニー・ホームを土台に書き直したものである。)

そして今回のサラとソロモン。
ヒックス夫妻の引き寄せの法則そのものズバリを読みたければ、数冊出ているので
そちらを読めばよいし、ある程度、物語も楽しみたければこちらが先でも良いだろう。

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »