« 物語(15)--ホームレス? | トップページ | 物語(16)--ホームレス(続き) »

2009年12月25日 (金)

書評--リビング・デリバレイトリー

リビング・デリバレイトリー―自分が決める人生の生き方 
ハリー・パルマー著, 山名 貴美子訳
¥ 2,000 KN&Associates

現在は上記のタイトルになっているが、僕が持っているのは旧版である。
「意図的に生きる」/アバターの発見と開発

○現実が信念をつくるのでなく、信念が現実を作る。
○信念は現実を作らないという信念を抱いている人は、その信念のとおりになる。

気づきの本である。
そして信念を変えれば現実が変わる。

そういった”悟り”に至った経緯を書いている。

学びが多い。アマゾンでも☆5の評価。

問題は、この書籍はある意味、セミナーの宣伝でもあり
アバターコースの受講は1~3までのコース9日間で¥334500。
(ただし、2までで効果がなければ全額返還なので、その点は良心的)

その中身は1以外は門外不出。(教わった秘密をもらさないという誓約書まで書かされるらしい)
そして3までのコースを終わると、マスターになるお誘いがあるらしい。
往復交通費・宿泊費など自己負担でカリフォルニアまで行かねばならない。
総額¥200万ほど。
ということで、カルト宗教に分類されてしまっているらしい。
(詳しくはウィキペディア参照のこと)

日本でのアバター関係のHPを検索すると、ほとんど
「アバターは**会社の登録商標です。」
「一切の権利は**会社に帰属します」などと書かれていて
要するに、ハリー・パルマーが作り、彼が儲けるシステムになっている会社なのだ。

(日本のナポレオンヒル関係の出版社もも似たようなプログラムを作って高額で販売している(た))

ということで書評に話を戻せば、この本はそこそこ読んでみる価値があり、まあまあなのだが・・・

本当に良い本ならたくさん売れ、僕ならその印税だけで、十分だし、
幸福になる秘訣を公開するほうがカルマにとっても良いと思います。

また、良いプログラムなら高額少売でなくて薄利多売にするのだが。
(ちなみに上記のナポレオンヒルプログラムは¥100万を超える。
添付のはがきを出すとしつこく電話がかかってきます。
それを5万で売って20倍の人が買えば同じ儲けだと思うのですが)

« 物語(15)--ホームレス? | トップページ | 物語(16)--ホームレス(続き) »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523730/47114353

この記事へのトラックバック一覧です: 書評--リビング・デリバレイトリー:

« 物語(15)--ホームレス? | トップページ | 物語(16)--ホームレス(続き) »