« 書評--7つの館の7人の天使 | トップページ | 書評--番外編/泣ける本 »

2009年12月 6日 (日)

書評--シフト/続・光の使者

シフト―続・光の使者 
ジェイムス・F. トゥワイマン著, 穂積 由利子訳
\2100 中央アート出版

同著者の「モーゼス・コード」を気に入ったのでこの本も購入。
これは「続・光の使者」となっているが、「光の使者」はまだ読んでいない。
だが、スピリチュアルな人にどのように奇跡が起こるのか、
聖母マリアがどのように助けてくれるのか、など
ドキュメントタッチで面白く読める。

さすがに、ドリーンバーチューやグレック・ブレイデンの祈りの仲間である。

« 書評--7つの館の7人の天使 | トップページ | 書評--番外編/泣ける本 »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523730/46950129

この記事へのトラックバック一覧です: 書評--シフト/続・光の使者:

« 書評--7つの館の7人の天使 | トップページ | 書評--番外編/泣ける本 »