« スピリチュアルに生きる(25)--守護天使からのメッセージ | トップページ | スピリチュアルに生きる(26)--最高の自分を生きる »

2010年2月26日 (金)

書評--ザ・モーゼス・コード

ザ・モーゼス・コード 歴史上最も強い力を秘めた創造のツール 
ジェイムス・F・トゥワイマン
\1680 春秋社

半年前に読み、今日再び読んだが、良い本である。
タイトルは聖書に出てくるモーゼのことである。
著者のトゥワイマンは前に紹介した書評「続・光の使者」である。
帯には「究極の引き寄せの法則」とあるが、単にほしいものを引き寄せるというより
宇宙の本質に近い思考をすることがBESTだとする。
すなわち「与えること」
これが他の「引き寄せ」関係本と違うことだろう。

実はアメリカではムービーになっていて
「ザ・シークレット」と同じスタッフだとか。

日本では放映権を買い取る映画会社がいなかったらしい。

ムービーの予告編動画は以下で見られる。
ザ・モーゼス・コード(モーゼの暗号)予告編
http://www.youtube.com/watch?v=ZxNIlRguxFk
DVDも発売されているのだが、英語のみ。日本語字幕付なら是非買いたいところ。
というより、youtubeにアップされているので全部見られそうである(未確認。ともあれ英語のタイトルだけはすぐ見つかると思います。

« スピリチュアルに生きる(25)--守護天使からのメッセージ | トップページ | スピリチュアルに生きる(26)--最高の自分を生きる »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523730/47667936

この記事へのトラックバック一覧です: 書評--ザ・モーゼス・コード:

« スピリチュアルに生きる(25)--守護天使からのメッセージ | トップページ | スピリチュアルに生きる(26)--最高の自分を生きる »