« スピリチュアルに生きる(23) | トップページ | スピリチュアルに生きる(24) »

2010年2月22日 (月)

書評--過去世と意識の進化

過去世と意識の進化
ワグナー アレグレッティ著 二階堂 行彦・他訳
¥1890 VOICE

”魂は不滅で、肉体を離れればあの世に戻る”と知っている方には
概念的にはほとんど納得できることばかりだが、
中間世について、非常に詳しく書かれていて、単なる臨死体験や霊界を説明した書籍とは一線を画す。
タイトルどおり「意識の進化」に焦点を当てていて、他の惑星からも転生することや記憶のブロックについても詳しい。

お勧めである。

« スピリチュアルに生きる(23) | トップページ | スピリチュアルに生きる(24) »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523730/47630792

この記事へのトラックバック一覧です: 書評--過去世と意識の進化 :

« スピリチュアルに生きる(23) | トップページ | スピリチュアルに生きる(24) »