« 書評--過去世と意識の進化 | トップページ | スピリチュアルに生きる(25)--守護天使からのメッセージ »

2010年2月22日 (月)

スピリチュアルに生きる(24)

「私は病気です。」
これは「私=病気」という式になりそうです。
正確に言えば、私の体の一部が不調ということで、それ以外は問題ないということですね?
それなのに「私は病気」と言ってはマイナス波動を拡大させてしまいます。

同様に「今日は最悪だ」
って、これも違いますね?
正確には「今日のうち、ついさっき経験した出来事の瞬間が気に入らない」ということですね?

もう一つだけ例をあげておきましょう。
「私は悲しい」「自分ってダメだな~」
これらも同様なのはお分かりいただけますね?
(もちろん、この逆は大いにポジティブなので問題ありません。
「私は嬉しい」「今日は楽しい」「私は幸せ(私=幸せ)」)
「私はさっきの出来事の瞬間だけは悲しく思う」「自分のごく一部の部分は弱点がある」
つまりほかの大部分は問題ないのです。

さて、これを拡大して考えてみましょう。前回、
>他人の欠点ばかりでなく長所に目を向ける習慣を作ることもできます。
と書きましたが、無理にそう思わなくても視点を変えれば良いことが多いです。

たとえば職場で口うるさい上司がいたとします。
でも、口うるさいのは、仕事をしている一部だけで、本当は家庭ではすごく家族に優しい性格かも知れません。
あるいはうるさく言うのは、あなたを期待して丁寧に仕事を教えているつもりかも知れません。

近所に他人の悪口ばかり言っている人がいたとします。
それは、自分の向上でなくて、人をさげすむ事でしか自分を肯定できない、気の毒な人だと解釈することができます。
本当は、他人の悪口を振りまく暇に、自分の楽しみのために時間を使うこともできるのですから。

僕は今日幸せです。

« 書評--過去世と意識の進化 | トップページ | スピリチュアルに生きる(25)--守護天使からのメッセージ »

スピリチュアル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523730/47634655

この記事へのトラックバック一覧です: スピリチュアルに生きる(24):

« 書評--過去世と意識の進化 | トップページ | スピリチュアルに生きる(25)--守護天使からのメッセージ »