« 書評--愛と光の使者 オズの子供たち | トップページ | 書評--人生の意味を知るスピリチュアル・セルフ »

2010年3月15日 (月)

書評--番外編~ACIM

A Course in Miracles(ア・コース・イン・ミラクルズ=奇跡の学習コース=ACIMと略すようです)は、ドリーン・バーチュー、ジェイムズ・トゥワイマン、ニール・ドナルド・ウォルシュらが絶賛している。
様々な書籍の引用を読むと、おそらく、世界で最もスピリチュアルな学びの本である。
現段階で日本語で一番詳しい解説はマリアン・ウィリアムソンの「愛への帰還」であろう。
(次には「神の使者」かな?)
ただ、残念ながら日本語ではまだ出版されていない。(某出版者によれば出版予定=大内博氏が翻訳中らしい)

しかし、著作権が切れているので英語なら全文をサイトで読める。(ウィキペディア参照のこと)
英語が得意な方は是非チャレンジを!

日本語サイトでは、全文は無理ですが一部は自主翻訳された方の努力により読めるようになりました。
興味があれば以下を参照してみてください。
(ただしスピリチュアルなレベルでは世界最高峰の一つなので、それなりに難解です)
http://www.crsny.org/drupal/ja/healing/ACIM/workbook
http://ww4.tiki.ne.jp/~fipc/acimver1.html

« 書評--愛と光の使者 オズの子供たち | トップページ | 書評--人生の意味を知るスピリチュアル・セルフ »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523730/47821730

この記事へのトラックバック一覧です: 書評--番外編~ACIM:

« 書評--愛と光の使者 オズの子供たち | トップページ | 書評--人生の意味を知るスピリチュアル・セルフ »