« 宇宙の真実セミナーメモ--番外編(2) | トップページ | 宇宙の真実セミナーメモ(13) »

2010年3月25日 (木)

宇宙の真実セミナーメモ(12)

私たちには無限の可能性があります。
(ここまでは良いですね?)

ここであなたの所有するCDや本を考えてみましょう。
CDを100枚あるいは本を100冊持っているとします。
でも、一度に聞けるCDあるいは本は1つ(冊)だけです。

R・トランサーフィンにおいて、可能性は単なる空想でなく、「バリアント空間」(著者の造語らしい)に無限にあり、それを選択するだけ、としています。

つまりCDを100枚持っているのに、自分では3枚しかない、と思い込んでいたらずっと3枚しか聞けません。本も同じ。

前回、ネガティブな信念は催眠かも知れない、と書きました。
私たちはバリアント空間のすべてを自由に使い、取ってくる権利がある、というのがトランサーフィンの説明です。
これまで、育った過程では誰も教えてくれませんでしたが。というより、誰も知らなかったのです。あるいは「ザ・シークレット」が説明するように、一握りの人が秘密にしていたのかも知れません。

100枚の、いや1000枚のCDをあなたは既に持っています。あとは自分でどれだけ可能性を制限してしまうか、だけの問題。

引き寄せの法則のように、一生懸命引き寄せるのでなく、単にバリアント空間から自由に選択するのみ。
単なる願望は何も引き寄せません。手を動かしたいな、と思っているだけでは手は動きません。(願望への執着は、願望が実現することを信じていないのを強調しているだけです)
必要なのは単に手を動かそうと「意図」するだけ。
だから力んだりする必要もなく、アファーメーションを繰り返す必要もなく、「意図」し「選択」し「受け取る」決意をすればよい、というのがR・トランサーフィンの骨子です。

« 宇宙の真実セミナーメモ--番外編(2) | トップページ | 宇宙の真実セミナーメモ(13) »

宇宙の真実」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523730/47905531

この記事へのトラックバック一覧です: 宇宙の真実セミナーメモ(12):

« 宇宙の真実セミナーメモ--番外編(2) | トップページ | 宇宙の真実セミナーメモ(13) »