« 書評--you can have it all「成功」+「幸せ」を手に入れる21の原則 | トップページ | 書評--ポケットの中のダイヤモンド »

2010年3月 9日 (火)

書評--さとりをひらくと人生はシンプルで楽になる

さとりをひらくと人生はシンプルで楽になる
エックハルト・トール著, あさり みちこ訳
¥ 1,890 徳間書店 

前回の書評で「世界でいちばん古くて大切なスピリチュアルの教え」も読んだ、と書いた。
それなりに深い内容だったので、同じ著者の、一度読んでそれっきりだった上記タイトル本を改めて読み返してみた。
本との出会いもタイミングとかシンクロニシティとかあるようだ。
前回は読んでもフーンというくらいしか思わなかったものが、今回はとても深いスピリチュアルな本であることに気がついた。

一言で言えば、このタイトルの「さとり」とは、エゴや思考・感情を解き放つことである。

○今の状況は人生そのものでなくてあくまで状況にすぎない。
○「状況」を「人生の問題」に変えない。
○一つの出来事に対する反応はポジティブ&ネガティブ、どちらも常に選択の自由がある。
○エゴを手放せば自由になる。
○過去は必要なし。ただ「今」に生きるべし。
○未来の幸福を待つのはやめましょう。たった「今」幸福になりましょう。

そしてまた前回同様、ただちには納得しがたい言葉もあるのだが、これらの課題を乗り越えて進歩していけるということだろう。

for EX.
●「大いなる存在」は私たちの内部にあり、それは愛である。

« 書評--you can have it all「成功」+「幸せ」を手に入れる21の原則 | トップページ | 書評--ポケットの中のダイヤモンド »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523730/47765169

この記事へのトラックバック一覧です: 書評--さとりをひらくと人生はシンプルで楽になる:

« 書評--you can have it all「成功」+「幸せ」を手に入れる21の原則 | トップページ | 書評--ポケットの中のダイヤモンド »