« 宇宙の真実セミナーメモ(11) | トップページ | 宇宙の真実セミナーメモ(12) »

2010年3月25日 (木)

宇宙の真実セミナーメモ--番外編(2)

リアリティ・トランサーフィンというと、英語のタイトルの本かと思うかも知れませんが
元はロシアの本で、原題は
ТРАНСЕРФИНГ РЕАЛЪНОСТИ
です。英語アルファベットに直すと(キリル文字はよく知らないので間違っているかも--昔、ロシア語講座をちょっと見ていただけですので)
TRANSERFING REALINOSTI
となると思います。

本当はこのシリーズのテキストの中に「セスは語る」(ジェーン・ロバーツ著)も入れたかったのですがしばらく絶版なのであきらめていました。古本で¥5000以上で取引されていました。今日、amazonを検索してみたら、再販されたようで、定価で買えます。これも宇宙の真実に近いのでお勧めです。(ただし、700ページ以上あり、そこそこ難解です)
この本では、今、私たちが持っている無限の可能性を「確率的偶然」として説明しています。
人生の途中でAとBという選択肢があって、Aを選んだとしてもBを選んだ自分も宇宙のどこかで存在している、というパラレル(平行)ワールド構造を説明してくれています。

私たちは無限の可能性を既に所有している、というR・トランサーフィンと相まって、人生に役立ちます。

ここで、最初に「成功法則」や「引き寄せ」を批判したのでないことを補足しておきます。
ジョセフ・マーフィーを初めとする「成功法則」本は僕も気に入ってたくさん読みました。夢を与えてくれます。
「自分が成功したり、目標達成したところをありありとイメージし、アファーメーションをくりかえしなさい」
それでうまくいったレポートも沢山紹介されています。
ただし、その方法が功を奏さない人もいます。
成功法則の著者たちはそれでうまくいったのでしょうけれど、うまくいかない人のフォローが足りなかったようです。初期の段階では仕方なかったかも知れません。
成功法則の著者たちは尊敬します。ですが、当時は試行錯誤で、うまくいかない原因の詳細分析までは無理だったのかも知れません。

「次に引き寄せ」の法則
これは成功する原因だけでなくて、失敗する原因も説明してくれています。
「焦点をあてたことが実現する。」
だから成功しようと懸命にアファーメイションをしても、その間「うまくいくかな~」などと考えていたらそちらの考えの方が優先されて実現されてしまう、ということです。
「ポジティブに考えを変えましょう」「嬉しい・楽しいという感情を味わいましょう」
DVD「ザ・シークレット」とヒックス夫妻の「引き寄せ」は僕も購入して何度か見ました。
こちらも否定するどころか尊敬しています。

でも、僕はそれらを実践してうまくいかない人々を何とかしたかった。
今回の、テキスト候補の「リ・メンバー」「BASHAR2006」「リアリティ・トランサーフィン」は
それらのうまくいかない理由を包括した上で、人生の法則を説明しようとしている、ということで勉強になる、と思ったのです。

« 宇宙の真実セミナーメモ(11) | トップページ | 宇宙の真実セミナーメモ(12) »

宇宙の真実」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523730/47901926

この記事へのトラックバック一覧です: 宇宙の真実セミナーメモ--番外編(2):

« 宇宙の真実セミナーメモ(11) | トップページ | 宇宙の真実セミナーメモ(12) »