« 書評--さとりをひらくと人生はシンプルで楽になる | トップページ | スピリチュアルに生きる(28)--私たちの本質 »

2010年3月 9日 (火)

書評--ポケットの中のダイヤモンド

ポケットの中のダイヤモンド―あなたはすべてをもっている
ガンガジ 著, 三木 直子訳
¥1600 徳間書店(現在は絶版のようですが、amazonなどで古本で購入できます)

前回の「さとりをひらくと・・・」その前の「you can・・・」などここのところ続けて、自分自身の中に真実を見つける書籍を読んでいる。

この本も一度読んで本棚に眠っていたものだが、もう一度読んでいる。やはりこの本も2度目にしてようやく意味が理解できた部分が多い。

本質的なことは「さとりを・・・」「you can」と同じ。(延長上に「ある日、わたしの魂が開いた/イアンラ・ヴァンザントもあります)

==抜粋==

『あなたの本当の姿、それは意識です。感情でも思考でもありません。これらは現れては消える覆いに過ぎません。誕生し、しばらく存在し、そして死んでいきます。
 意識は現れも消えもしません。それは今ここにあります、それは今以外の時を知りません』

『大人になるにつれ、私たちの知性は、「もし心を開いても安全なときがあるとしたら、それはいつなのか」を知るために充分な情報を集めようと一種の警戒過剰状態を生み出します。あなたの知性に情報を集めさせるのをやめさせましょう。条件付けられた思考はさらにその条件を強めます。あなたの知性をただその源に抱かせてあげましょう』

『あなたの自己定義は、あなた自身ではありません。それはただの思考です。
 あなたの真実は思考されることはありません。なぜならそれは思考の源だからです。
 それはあまりにもあなたに近いところにあるので、それが自分であるとあなたは信じられないのです』

『実は、あなたがネガティブな感情を本当に経験すると、それは消えてしまいます。恐れ、怒り、悲しみ、絶望に対してあなたが本気で「いらっしゃい」と言い、そしてあなたの心が本当に開かれていたならば、感情は湧き上がることはできません。
 なぜならその瞬間、あなたはそれについて何の物語も語ってはいないからです。
 恐れ、怒り、悲しみは、物語とつながっていなければ存在できないのです。』

『もしもあなたが心の底から真実や神を求めるならば、あなたはそれらが既にここにあることに気付くはずです。
 それに気付かないのは条件付でそれを求めているからなのです。本当の自分でありたいけれど、それはあくまで自分の望むように、条件に従った形で…と考えているのではありませんか?既にある、悟りについてのイメージを捨てましょう』

==抜粋終わり=

書評として感想だけにするのはもったいないので、読んで気づいたことを「スピリチュアルに生きる」に移動して書きます。

« 書評--さとりをひらくと人生はシンプルで楽になる | トップページ | スピリチュアルに生きる(28)--私たちの本質 »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523730/47765951

この記事へのトラックバック一覧です: 書評--ポケットの中のダイヤモンド:

« 書評--さとりをひらくと人生はシンプルで楽になる | トップページ | スピリチュアルに生きる(28)--私たちの本質 »