« スピリチュアルに生きる--番外編(6) | トップページ | 書評--愛と光の使者 オズの子供たち »

2010年3月14日 (日)

書評--光の使者/愛と平和の軌跡

光の使者―愛と平和の軌跡 
ジェイムス・F. トゥワイマン著  穂積 由利子訳
\2300 中央アート出版

前にこの続編「シフト~続・光の使者」の書評を書いた。
読む順序が逆になってしまったが今回読むことにした。

この本の旅行記の部分はあまり興味がないので読み飛ばした。
「光の使者」と出会い、著者がその教えを受けた内容は非常にスピリチュアルである。

どこかに「聖なる予言と並ぶ」と書いてあったような気がするが
「聖なる予言」より、はるかに教えに満ちている。

お勧めである。

« スピリチュアルに生きる--番外編(6) | トップページ | 書評--愛と光の使者 オズの子供たち »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523730/47812238

この記事へのトラックバック一覧です: 書評--光の使者/愛と平和の軌跡:

« スピリチュアルに生きる--番外編(6) | トップページ | 書評--愛と光の使者 オズの子供たち »