« 宇宙の真実セミナーメモ--番外編 | トップページ | 宇宙の真実セミナーメモ(11) »

2010年3月23日 (火)

宇宙の真実セミナーメモ(10)

宇宙には無限の可能性があって、それをただ「選択すればよい」って実感がわかないですよね。

では、できそうなところから始めてみましょう。
まずは量子論。って、難しい話はしたくないし、できないです。ともあれ、現代物理学の最先端ということで、入門書から拾ってみます。
(本当の入門知識しかないので間違っているかも知れません)

○量子の動きは観察者によって決定される。
量子(素粒子)の性質を観察しようとすると、量子はその観察者の気持ちに応じて観察結果を出します。
つまり、これは人間の心が量子に影響している、ということです。

○量子の動きは時空を超える
対になっていた量子は、どれだけ離れようと、一方にスピン(回転)を加えると、もう一方の量子は、瞬時(光速以上→アインシュタインの相対性理論では証明できない)で反対にスピンする。
つまり、私たちはビッグバンの1秒前まで一緒でした。私たちは宇宙のすべてと繋がっています。

○物体は見ているときにしか存在しない。
見ていないときの存在はどのように確認できるのでしょう。
最初の項目の観察者の存在によって初めて明らかになります。
身の周りの出来事は、私たち(=観察者)が決めるのです。

など、BASHARは最先端物理学が精神世界に近づいている、と指摘しています。

例えば、あなたのパソコンが置いてある机やテーブル。
通常は硬い板です。
でも本当は炭素と水素の酸素(+他の化合物)です。
それらの分子構造はほとんどが空間です。
例えれば、地球の直径は13000km、地球から太陽までは150000000km
太陽系ってほとんどが空間です。
実は原子の構造も同じです。原子核の周りを電子(+素粒子)が廻っています。原子核をビー玉くらいだとすると、電子の位置は170mはなれたところです。
実は、ほとんどが空間です。

そして、電子や素粒子がエネルギーそのものです。
そう考えると、私たちの周りの物質はエネルギーですし、私たちの肉体もエネルギーです。

脳波形というのをTVで見たことがあると思います。
額に電極をつけるアレですね。
私たちが思考をするとそれが脳波となって現れます。
すなわち、私たちの思考は常に電気を発しています。
電流の周囲にはビオ・サバールの法則?により磁界(I/4πr^2)が必ず発生します。
(上記の値は昔の記憶なので間違っていたら教えてください)
磁界は距離の二乗に反比例して弱くなりますが、決して0(ゼロ)にはなりません。
すなわち、あなたの思考は、ずっと宇宙に伝わるのです。

つまり、考えたこと・思ったこと、その波動は必ず宇宙全体に広がるのです。

今回は「あなたの思考が宇宙全体に影響する」説明を試みました。

« 宇宙の真実セミナーメモ--番外編 | トップページ | 宇宙の真実セミナーメモ(11) »

宇宙の真実」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523730/47892344

この記事へのトラックバック一覧です: 宇宙の真実セミナーメモ(10):

« 宇宙の真実セミナーメモ--番外編 | トップページ | 宇宙の真実セミナーメモ(11) »