« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

2010年4月30日 (金)

書評--パスワーク

パスワーク―自分を変えたいと思うすべての人へ
エヴァ ピエラコス (著) 中山 翔慈 (翻訳)
\2625 ナチュラルスピリット

チャネリング本であるが、著者が生前に残したレクチャー258は下記にアップされている(英語)。
誰か日本語にして欲しいのだが、とりあえずは自動翻訳に頼りながら少しずつ読むことにしましょう・・

http://www.pathwork.org/lecturesObtaining.html

この本はその一部を日本語に訳したものらしい。
言葉はそれほど難しくないのだが、スピリチュアル的にレベルが高い。
エゴと向き合い方から人生の変え方、宇宙の捉え方までまで深く説明している。

今回は図書館で借りてきたのですが、手元に置いておきたい1冊なのでamazonで注文してしまいました。

2010年4月29日 (木)

スピリチュアルに生きる(46)

人生にはたった二つの生き方があるだけだ。
一つは奇跡などないかのような生き方、
もうひとつは、まるですべてが奇跡であるかのような生き方だ。

成功した人間になろうとするな。
価値のある人間になろうとせよ。

自分自身のことについて誠実でない人間は、
他人から重んじられる資格はない。

ゲームのルールを知ることが大事だ。
そしてルールを学んだあとは、
誰よりも上手にプレイするだけだ。

現実は幻想に過ぎない。非常にしつこいものではあるが。

事実が理論に合わないなら、事実を変えなさい。

同じことを繰り返しながら、違う結果を望むこと、それを狂気という。

人類は“宇宙”と呼ばれる全体の一部であり、時間、空間での限られた一部分である。それ以外から隔てられた何かとして、またその意識をある種類の視覚的幻影として、彼は、彼自身や、思考、そして感情を経験する。その幻影は、ある種類...

失敗をしたことが無い者は、何も新しいことに挑戦したことがない。

唯一価値あるものは直感である。

偶然の一致だけれども、何かの縁があって起きたように思えるようなことや、同時発生というのは、神様がご自分の業だと知られないようになされている業なのです。

人の価値は、彼がどれだけのものを得られるかではなく、どれだけのものを与えられるかで見るべきだ。

今日では、人生に自分が投入した以上の見返りを得る人間が成功者と見なされる。しかし価値ある人間とは、(他人から)受け取るよりも多くのお返しができる人のことを言うのである。

限界を認めれば、私たちはその向こうへ行く。

我々が理解できない何かが存在していると知ること、もっとも深遠な「理」と強烈な「美」の顕現を知ること、それは最も基本的な形で我々の理性によってのみ知ることが出来るのであり、真に敬虔な態度とはこういうことを知り、こういった感情を抱くことなのだ。そして私はこの意味において、この意味「だけ」において、極めて敬虔な人間なのである。 ...

私は将来のことは考えない。それはすぐやって来るから。

決して、自分の学習を義務と見なしてはいけない。むしろ、羨むべき機会と見なしなさい。精神の領域で美が発揮する解放の力を知ることを学ぶ機会です。自分自身の個人的な喜びのために、また、皆さんがやがて携わる仕事が属する社会の利益のために。

偉大な精神を持つ人は、常に、凡庸な考え方を持つ人に激しい反発を受けてきた。陳腐な先入観に盲目的に従うことを拒否し、勇気を持って正直に自分の意見を表明する人のことを、凡人は理解できない。

この世は危険なところだ。悪いことをする人がいるためではなく、それを見ながら、何もしない人がいるためだ。

一度にすべてのことが同時に起こらないために、時間はただ存在する。

神の叡知が知りたい・・・・その他のことは取るに足らないことだ。

量子力学にはとても尊敬の念を抱いています。しかし内なる声が私に、その理論はまだ完璧ではないと言っています。量子力学はとても有益なものではありますが、神の秘密にはほとんど迫っていません。少なくとも私には、神はサイコロを振らないという確信があるのです。

私は、人類の運命と行いについて気にする神ではなく、世界の秩序ある調和として現れる、スピノザの神を信じます

-------------
以上、全部アインシュタインの語録を検索したものです。とてもスピリチュアルな博士だったのですね。当時は宇宙の真実を知るには物理学からのアプローチしかなかったのでしょう。特殊相対性理論により時間と空間を方程式にしたり、E=mc^2などとエネルギーを解明したり。語録を読むと背景もすばらしいと感じます。
アインシュタイン博士は私たちの日常の時空の概念に風穴を開けてくれました。
時間と空間は相対的なものである。時間も光速に近づくほど変わるよ。空間も重力で曲げられるよ、と。私たちの認識する時空は絶対的なものではないのです。では、時空をもたらしたものは何か?それを博士は解明したかったのではないでしょうか?

書評--バシャール スドウゲンキ

バシャール スドウゲンキ 
須藤 元気/ダリル アンカ 著 

¥ 1,575 voice 

BASHARでは、先日、バシャール×坂本正道を読み終わり、あと残すところはタイトルの本とバシャール×関野あやこだけになった。

で、あまり期待していなかったので後になってしまったが、上記もなかなか面白い。

ゼロポイントでなくて
原初の光→スピリチュアルな流動体→電磁的な流動体→物理的な現実P111
「粒子は1つしか存在していない」P114

など、これまでのBASHAR本には書かれていない概念が興味深かった。

2010年4月28日 (水)

スピリチュアルに生きる(45)--メモ集

以下はこのシリーズのメモです。あまり気にしないでください。(こんなのも自分のブログだからできるのですが・・・)

----

現実は変わるものです。そういう意味では絶対的でなく相対的なものです。
 相対:絶対=一定
私たちの意識は絶対的なものです。

私たちはエーテルに浸っています。
物質の覆いを取り除きましょう。
覆いを取れば光が差します。

私たちはずっとこの3次元世界に留まってきました。自分を拡大させるのです。すると世界が動くのです。

犠牲というのは自分に苦痛を与えることです。

本当の自分とつながりましょう。

過去を自分のガイドにするなら過去の奴隷です。
欲しいものを幻想の物質世界から獲得しようと思わないでください。

子どものおもちゃのトラックの車輪が外れたらどうします?
直してあげられます。
ではあなたの運転するトラックの車輪が外れたら?
同じです。

家が狭くなれば住み替えるのに、精神がこれまでの自分と合わなくなったら精神の引越しは?

真実かどうかでなく、自分がどう感じるかに生きてください。
正しいことより楽しむことを選んでみませんか?

あなたの別のストーリーを創ってみませんか?

今の自分の価値観に固執する必要があるのでしょうか?

あなたには波動という財産があります。
感じ方を変えることで波動を変えることができます。

行動でなく感情がどうか、ということです。

世界の情報から波動のずれを乗りきりましょう。

高次元でカップに波動を満たし続け、それがあふれたものが物質世界に実現するのです。

お金の奴隷は金持ちではありません。

思考とは物体です。

あなたは自分が想像したことだけしか受け取れません。

あなたが「問題」と考えていることは、「解決しなくてもいい」と手放すのです。どう解決するか、はあなたの役割ではありません。
「どんな自分でいたいか」だけを決めてください。

不安や後悔はエネルギーのロスです。

すべては完結しています。あとはあなたの選択です。

あなたの「望み」より「思い」に注意してください。

悟りが未来にあると思うとずっと未来のままです。未来では意味がありません。
未来にあるなら、今にもあるはずです。

悟りを開こうと、あるいは成功しようと「頑張る」というのは
頑張らねば手に入らない、と思っている証拠です。

物事が最も悪く見えるときこそ、「真理」の働きを妨害するものは何もないということを実証するための最高の瞬間なのである。--アーネスト・ホームズ

書評--スーパー・アセンション

スーパー・アセンション―イシャヤ・アセンションの技術解明 (単行本)
MSI (著), 大内 博 (翻訳)
¥ 2,520  太陽出版

アセンド(無限の力?)と結びつくとどうなるか、要するにアセンションするとどうなるか、は詳しく説明しているが、肝心のアセンションのテクニックは説明していない。でも内容的には納得できる。
悟りを開く境地は詳しい。巻末の27のアセンションテクニック(テクニックは書いてない。タイトルだけ)でも参考になるかも。

この著者の前の著作

ファースト・サンダー―聖ヨハネ・アセンションのテクニック (単行本)
MSI (著), 大内 博 (翻訳)
¥ 2,730 太陽出版

は、ドキュメント形式でもっと何も説明していない。
が、読む価値がないかというとそうでもない。
amazonで中古が安いので読んでも良いかも、という程度。

2010年4月27日 (火)

書評--津留晃一メッセージ集

いつもの書評は書籍であるが、これはURLの紹介

津留晃一(故人)という人は知らなかったが、アバターコース(の問題点)を調べているうちに行き着いた。

○この二元性の世界はゲーム
○外の世界は心を内面を映し出した幻想
など、内容的には当ブログと同じ方向性です。

が、僕の文章と違って、しっかり推敲しているようで、内容も深いものがあります。

これまでネット上で読んだ文章の中でも秀逸で、お勧めです。(書籍と異なり無料ですし)

メッセージ集
http://www1.ttcn.ne.jp/turu/sub3.htm
プロフィール
http://www1.ttcn.ne.jp/turu/sub2.htm
大阪吹田市講演
http://ueno.cool.ne.jp/psy21k/txt.html

2010年4月25日 (日)

スピリチュアルに生きる(44)

幸福に必要ないものを進んで手放す

例えば、誰かにほめられたり・けなされたり。
それに一喜一憂する自分でありたいですか?
他の人に賞賛されたり罵倒されたりで、感情を動かされたいですか?
(まあ、賞賛される方はポジティブなので、ひとまず良しとしましょう)

それとも、誰かに何かを言われても「自分の感情は微動だにしない」という自分であった方が良いのではありませんか?
「人から言われたり何かされても、そんなことに自分の人生は左右されない」というのはいかがでしょう?

人から何か言われても、「それに対する反応」は自分で選択できます。

怒りや悲しみや憎しみは自分の幸福にとって何の役にもたちません。
「そんな悪口を言う相手に対して、いちいち反応したら自分の時間の無駄遣い」という感じで受け止めたらいかがでしょう?

「私は毎瞬間、幸福になることを選択している」「自分は今日をこれまでの人生で最高の1日にするために忙しいのでいわれたことにイチイチ反応している暇はないのよ」とするのです。

それが無理だとしても、これは自分がどう反応するかのゲームなのだ。自分の魂の成長のチャンスなのだ」と思うことが選択できるのです。

自分の幸福に役立たない感情は、今すぐ手放すべきですよね?

    参考文献:最高にハッピーになる魔法の瞬間/リズ山崎

2010年4月23日 (金)

奥様は霊能者(12)

奥様のところに非常にネガティブな霊視の相談が寄せられました。
奥様は霊視したわけですが、特に風水とかには問題ない、ということでした。

さて、問題は、本人のメールの書き方です。
結構長文なのですが、内容的には
「私はこんなに努力したのに病気・お金の苦労・夫に○×のようなことばかり起こっている」
「ポジティブに考えろというから考えているのに、こんなにたくさんのことが起こっている」

「あなたのメールを読み返してみなさい。90%はネガティブではありませんか?」(って、「ザ・シークレット」にもありましたね)
と書いたら、「そんなわけはない」「普段の思考でなくて相談だからネガティブな事実を相談しても構わないでしょ」

引き寄せの法則は確かに働いているようです。
引き寄せの法則は「ポジティブに考える」ほうでなくて、「ポジティブに考えても良くないことが起こる」と確かに信じているほうに働いています。

今回はこの方に「引き寄せの法則」をしっかり証明していただきました。

PS
この方は「シリウスさんのHPを見て、霊視をしてもらえば人生の問題がすべて解決」すると思ったそうな。
解決しないのはシリウスさんのせい、とかいうニュアンスまで・・・(自分の不幸は他人のせい?)
街角の簡単な占いでも¥3000~5000するのに比べて、奥様の高次と繋がった「霊視」が¥5000ですぞ。
まあ、そういう人は2日で¥16万の某プログラムに参加されてはいかが?という感じです。

ついでなので、今知っている2日で¥16万のプログラムのキーワードだけ書いておきましょう。
心の学校(佐藤)
ブレイク・スルー(ジョン・ディマティーニ)

ハリー・パルマーとか、関野あやこ(のアンフィニ)はそれより高額です。

物質界を悟った人って、物質界では高い参加費とるんですね~(笑)

スピリチュアルに生きる--番外編8/動画紹介

ザ・シークレットの初版映像を発見しました。(6分程度:日本語字幕)
引き寄せの法則シリーズの著者、エスター・ヒックスが出演しています。
(日本で発売されているDVDは第二版で彼女は出ていません。)
http://www.youtube.com/watch?v=gJmAyrl2P-g&feature=related

彼女のDVDは日本では「お金と引き寄せの法則」1種類しかありませんが、
アメリカでは多くの種類が出ているようで、YOUTUBEでは他にも
「エイブラハム・ヒックス」のタイトルでいくつか日本語訳つきの動画が見つかります。

http://www.youtube.com/watch?v=RzHFESIsQ2g&feature=related
http://www.youtube.com/watch?v=3_6sOuTRK9o&feature=related
http://www.youtube.com/watch?v=CjIwqlTTazk&feature=related

奥様は霊能者(11)

奥様がヒーリングを広めたいそうで・・・

公共施設を予約しました。
(って、参加者は何人じゃ~)

それでは~ということで、僕は広報のため次のチラシを作りました。(後ほど修正する可能性がありますが、とりあえず必要な情報は明記したと思います)
http://homepage3.nifty.com/yeonso/kouen2.doc

場所は確保できたものの、「どうやって人を集めるの?」
市の広報と、ネットのできる限りの宣伝をするようですが・・・

僕は確認しました。「参加者が一人もいなくても覚悟できている?」
まあ、施設の使用料は無料なのでそれほど気にしなければ良いのかも・・・

2010年4月21日 (水)

書評--量子の宇宙でからみあう心たち

量子の宇宙でからみあう心たち―超能力研究最前線 (超知ライブラリー サイエンス)
ディーン ラディン 著, 石川 幹人 訳, 竹内 薫監修
¥1800 徳間書店

これまでの超心理学の実験を詳細に紹介している。
日本の大学で超心理学科があれば、(僕はそこに入っていたと思う)
テキストの一冊に取り上げていたことだろう。

「スピリチュアル」というより本当の「超心理学」である。
超心理学を学びたい方にはお勧め。

さらに書籍に紹介してある超心理学講座がもっとお勧めです。
http://www.kisc.meiji.ac.jp/~metapsi/psi/

書評--ついに実現した地下存在との対話

ついに実現した地下存在との対話―アセンションの超秘密 アガルタ・ネットワーク/地底5次元文明との交信記録 (超知ライブラリー) (単行本)
ダイアン ロビンス 著, ケイ・ミズモリ訳
¥ 1,680  徳間書店

このシリーズは「超シャンバラ」→「空洞地球」と既刊。これは3作目である。
「超シャンバラ」は持っていて、「空洞地球」は書店で立ち読みしたが、
この「地下存在との対話」はこれまでより内容的に精選されているような気がする。
そこそこ魂に訴えてくれる。

地球が空洞になっているかどうか、それはある意味、問題ではない。(僕も半信半疑)
内容的に正しいことを言っているかどうかが問題であろう。
そういう意味では一度は読んでよい本である。

ところで、同じ地下存在、のレムリアシリーズ(太陽出版)
「レムリアの真実」「レムリアの叡智」「新しいレムリア」との違いは何?
と疑問に思い、今「新しいレムリア」を読みました。ざっとよさそうな言葉を抜き出しました。

○役立たないすべてのことをここで手放しなさい。

○自分を制限している・締め付けているエネルギー(怖れなど)を手放しなさい。

○エネルギーの中にいる自分を知りなさい。

○期待と判断を手放しなさい。(判断でなくて識別にすべき)

○自分のためになることを否定しない。贈り物があなたに与えられようと待っているのを知りなさい。

2010年4月20日 (火)

書評--夢をかなえる公式

あなたにそっと教える夢をかなえる公式 
イ・ジソン 著, 吉川 南 訳
¥ 1,680 サンマーク出版

いわゆる成功法則本である。

生き生きと(Vivid)夢見れば(Dream)かなう(Realization)

これを略して「RVを実践すると・・・」というのが最初から最後まで出てくるのが
この本のコンセプション。

だから「お勧め」とは言わない。
しかしながら、ナポレオン・ヒルなどの初代「成功哲学」を読むよりは、韓国人が書いたという意味では、感覚的にこちらのほうが良いと思う。
感覚的に「アファーメーション」というのは神に”祈り”をささげることとであると思うが
この本の書き方は、欧米系より日本人の感覚に近い。アファーメイションは出てこない。
ひたすら上記の”RV”である。

「あなたは自分が想像したことだけを手に入れることができる」P147

こういう書き方は今までの成功法則本にはなかったと記憶している。

”成功法則本”を読むならお勧めである。

2010年4月18日 (日)

スピリチュアルに生きる(43)

BASHARは言います。
「常にワクワク(英語:エキサイト)する方を選択しなさい」

これなら今すぐできますよね?
日常の出来事の選択肢で迷うことがあったらワクワクする方が自分に合っています。
数々の成功本を書いて高額納税者の斉藤一人さんも同じことを言っています。

ワクワクに波動を合わせていればワクワクがやってきます。

この裏返しが「正しい方を選択すべき」ということです。
「正しい」からといってあなたを幸せにするとは限りません。
「正しさ」は幸福をもたらしてくれますか?

2+2=5 と主張する人に対して、
「間違っている」と真剣に反論する必要はないのです。
相手はその世界で生きているのですから、そっとしておきましょう。

2010年4月17日 (土)

書評--ザ・シークレット

ザ・シークレット
ロンダ・バーン 著, 山川 紘矢, 山川 亜希子, 佐野 美代子 訳
¥ 1,890 角川書店

今さらながらの「ザ・シークレット」であるが、実は読んでいなかった。(^^;
これまで色々と書いてきているのに、と言われそうなので、説明しておく。
正確に言えばDVDと書籍を一緒に購入し、DVDは数回見た。
DVDと書籍の内容は一緒だと思い込んでいたので本棚に眠っていたのである。

あらためて書籍を確認したら、各出演者たちの話している内容はDVDとほとんど同じであるが、書籍はDVD発売の後のことなので、DVDを見て、人生が変わった人の話などロンダ・バーンの解説が大幅に加わっている。
引き寄せの法則本の中では秀作の1冊でした。

なお、著者のロンダ・バーンが、人生が変わった100年前の一冊の本というのは

ウォレス・ワトルズ(Wallace Wattles)の
「The Sciense of GETTTING RICH」

であり、邦訳は僕がamazonで調べた範囲では4種類ある。(タイトルが似ているので注意)
僕は4種類を比べ、次の1冊を選んだ。
文庫本で安価であるし、訳は山川夫妻で読みやすい。個人的にはお勧め。

富を「引き寄せる」科学的法則
角川文庫 ¥438

書評--バシャール×本田健

未来は、えらべる! 
本田 健 著 ダリル・アンカ 著
¥1470 ヴォイス

BASHARと本田健の対談集。出版されたばかり。
対談集の中では一番評価が高かったので購入。

たしかに、読者代表という感じの質問を多くしているので
BASHARファンにはお勧めかも知れない。

「ネガティブな観念に騙されないようにするには、
自分がネガティブな観念を持っていると気づくこと」

「あなたが人を変えるのでなく、すでに変わった人々がいる周波数の世界に自分がシフトしていくのだということです」P161

「危機」と定義してしまうと、危機として体験します。
「チャレンジ・挑戦」と定義すると出口をつくることができます。P174

「あなたが彼らにポジティブな形で対応し、相手がどんな状態でも、自分の世界には影響が及ばないことを理解すれば、そういう人たちが存在しないパラレル現実へとシフトし」ます。P207

2010年4月14日 (水)

書評--マスターの教え

マスターの教え 
ジョン マクドナルド 著, 山川 紘矢 / 山川 亜希子 訳
¥ 1,050 飛鳥新社

僕が持っているのは旧版の『運命の貴族となるために』だが内容は同じ。

とりたてて、新しい成功哲学が語られているわけではない。
ただ、参考になったのは「内なる心」と「外なる心」という対比。

通常の成功哲学では顕在意識と潜在意識となっているのだが、
「内なる心」は自分の感情や考えをあらわされると思うし、
「外なる心」は心の中で”現実”を変える力がある部分。

これは「宇宙の真実セミナー」で僕が説明してきたことを表現するのに潜在・顕在意識というより的確かもしれない。

スピリチュアルに生きる(42)--(41)の続き

前回、「自分であり続ける」と書きましたが、難しいこともありますよね?

NLP簡易(3分間)治療法で、「恐怖体験を思い出し、心のスクリーンで見るイメージを作り、それを観ている自分をその後ろから見るイメージをさらに作る。
そしてさらにそれを映写機を操作している人の視点で見る。」というのがあります。
今体験している世界の外側からそれを見るという・・・

あなたは今どこにいますか?
「パソコンの前」
うーん、もっと大きく・・・
「家の中」
さらに・・・
「○○市△▽町」
もっと・・・
「日本」→「地球」→「太陽系」
って、たどっていくと最後には
「宇宙」
になります。

この宇宙のスケールからいつも自分を観察することができれば、些細なことには動揺せずに済む可能性が高くなります。
宇宙から自分を眺める。それだけで「ああ、自分は今怒っているな」「自分は心配事を抱いているな」とかいう視点の観察者になれるでしょう。
実はその観察者が本当のあなたなのですから。

私たちはプレアデスやシリウスなどで転生を繰り返した後、3次元的物質世界でしか体験できないことを体験し、魂を成長させるためにこの地球という惑星にやってきました。
その体験ができるだけで喜びです。そう考えればいろいろなことを喜びに変えられる可能性が高まります。「ああ、私は今、怒りを経験しているな」など。(笑)
さらにあと2年数ヵ月後、13000年に1度しかない宇宙の大イベントが体験できそうです。(2012年12月のアセンションについて諸説ありますが、僕は楽しみにしています)

フォトンベルト写真↓
http://www.google.co.jp/imglanding?q=%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%88%E3%83%B3%E3%83%99%E3%83%AB%E3%83%88%20%E5%86%99%E7%9C%9F&imgurl=http://jvsc.jst.go.jp/universe/hoshi/ginga/galaxy/images/kappatsu3.jpg&imgrefurl=http://www.asyura.com/0403/bd35/msg/1254.html&usg=___Kl0LvG8it5KB17O0g2D_-8M3Y4=&h=234&w=500&sz=25&hl=ja&um=1&itbs=1&tbnid=jF39OmXt3TXIvM:&tbnh=61&tbnw=130&prev=/images%3Fq%3D%25E3%2583%2595%25E3%2582%25A9%25E3%2583%2588%25E3%2583%25B3%25E3%2583%2599%25E3%2583%25AB%25E3%2583%2588%2B%25E5%2586%2599%25E7%259C%259F%26um%3D1%26hl%3Dja%26sa%3DX%26rlz%3D1T4ADRA_jaJP348JP348%26tbs%3Disch:1&um=1&sa=X&rlz=1T4ADRA_jaJP348JP348&tbs=isch:1&start=0#tbnid=jF39OmXt3TXIvM&start=0

書評--番外編/シルバー・バーチ他URL紹介

シルバー・バーチの、書籍数種類の全文が閲覧できるURL

http://www5e.biglobe.ne.jp/~spbook/

「天国の真実」に登場するマシュー君からのメッセージ
http://moritagen.blogspot.com/search/label/%E3%83%9E%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%BC

「鏡の法則」の野口嘉則氏による「人生を飛躍させる三ヵ月間ワクワクチャレンジ」
http://coaching-m.co.jp/blogmap.htm

カバラ入門講座
http://www.kabbalah.info/japanese/learn.html

次のNLPのワークも参考になるかも知れません。
http://www.nlpjapan.org/nlpwork.html

2010年4月13日 (火)

スピリチュアルに生きる(41)--ただ「自分で在り続ける」こと

「自分が自分であり続ける」ために、あなたはどうしていますか?
あなたと他の人の生き方は関係ありません。
他の人の評価で生きる必要はありません。
他の人の期待や価値観や人生観で生きてもそれは自分ではありません。

自分はそのまま「自分自身で在れ」ば良いのです。

何が起ころうと、何を言われようと、自分のままであれば良いのです。

絶望のどん底にいらっしゃる方!
絶望だけに焦点を合わせることはありません。
もうこれより下はないのです。
ちょっと見上げてみてください。
あとは希望だけです。

失恋で打ちのめされ「生きていても仕方ない」と思われる方、
1つの恋は終わりました。
でも次の恋が待っている可能性は?

リストラに遭ってしまった方、
次の職場が待っています。

今のあなたに色々なことが降りかかっているかも知れません。
でも、あなたはあなた自身でい続けることを選択できるのです。

どんな状況でも自分を愛し、抱擁し、賞賛し続けることが選択肢にあるのです。

どんな出来事の中にも愛や感謝を見つけ光を見ることが可能です。

スピリチュアルに生きる(40)

本来は「書評」の項目かもしれませんが、役立つ教えがあるので「スピリチュアル」に分類しました。

「生き方のコーチング」ローラ・バーマン・コートガング
¥1400 PHP研究所

以下、気になったいくつかの部分の要点です。

○人生が思うようにいかなくて、色々試したけれど、最終的に「自分の考えを変える」以外の選択肢しかないと分ったらならば、考えを変えねばなりません。

○「なぜ」という質問は進歩につながりません。
「なぜこんなことになってしまったのだろう」
など
そうでなくて
「何を」と質問するのです。
「この問題を解決するために何をすればよいのだろう」
目を向けるべきは問題点でなくて解決策です。

○この人生を高めるために、何をしたら良いか分っていますね?
努力すれば実現可能と思うことがあるなら、なぜ今すぐ努力をしないのですか?
最良の人生を歩むのを邪魔しているのは自分自身なのではありませんか?

○お金や地位や家はなくすことがありますが、愛は奪われることはありません。
そして、自分を愛することも忘れないでください。

○全てを手に入れる必要はありません。
必要なものだけでよいのです。
あなたが現世でしたいことは何ですか?

○あなたの夢の本質は何ですか?
例えば「夢は映画スターになること」だとしましょう。
映画スターとなって、世の中にどう貢献したいのですか?そちらが本質です。
例えば「営業で成功して1番の成績になる」だとしましょう。
営業の本質は何ですか?
最終的には社会のためとか愛のためとかに落ち着くかも知れません。
であれば、今すぐできることが本質の中にあるのでは?

○「私はこうしたい」というのはすぐには思い通りにならないかも知れません。
でも「私はこういう人でありたい」というのは直ぐに実現できます。

○自分をしかり続けるより許したほうがずっと楽です。

スピリチュアルに生きる(39)

今のあなたは「最高の自分」と「最低の自分」の間のどのあたりに位置しますか?

無いものを数えても幸せにはなりません。
あるものを数えれば幸福に近づきます。
本当の豊かさは、お金ではありません。
(生きていく上での最低のお金はもちろん必要ですが)

お金がたくさんあっても満たされない人の何と多いことか。
本当の豊かさは物質でなくて魂が満たされることにあります。

自分を大切にしていますか?
自分に常に優しくしていますか?

めいっぱいの愛を自分に注いでいますか?

自分が悲しみや苦しみに浸っていたら引き上げてあげてください。

自分を喜びのある場所へ導いていますか?
自分を高める本をたくさん読んでいますか?

常に「最高の自分」でいましょう。

2010年4月11日 (日)

書評--最高の自分になる方法

最高の自分になる方法 
マイケル・アンジャー 著, 弓場 隆 訳
¥ 1,365 ディスカヴァー・トゥエンティワン 

うーん、普通の自己啓発本だった。
でもせっかくなので、参考になった格言を少しアップしておこう。

○欲しいものがあるなら妥協してはダメ
○心配はネガティブな祈り
○人生は時として非常に厳しい。だた、そんなときでも、自分がそれをどう認識し、どう対処するかは選ぶことができる。

引用
○悲観主義者はチャンスの中にピンチを見るが、
楽観主義者はピンチの中にチャンスを見る。--ウィストン・チャーチル
○失敗だって?私は失敗なんて一度もしていないよ。うまくいかない一万通りの方法を排除するのに成功したんだからね。
--エジソン--白熱電球の研究の途上で記者に。

2010年4月 9日 (金)

宇宙の真実セミナーメモ(23)

以下、本当のメモなので(^^;文章が荒いです。(少しずつ修正しながら、HPの本文に反映させていきます)

=============

2次元世界は平面の世界であるから3次元には無限に存在できる。
紙を何枚も重ねられるのと同じことである。

例えて言えば立体駐車場。
たて・横にしか移動できない2次元的乗り物は1F駐車場の車の動きと無関係に
2F以上のそれぞれの駐車場の車は移動できる。

では次元を1つ上げてみよう。
4次元世界では3次元は無限に存在する、と考える方が自然ではないだろうか?
4次元は3次元に時間を加えたものだから、ちょっと違う、との反論もあるかも知れない。
では5次元から4次元を見たら?

つまり、宇宙は我々の宇宙だけ、と考えるほうが不自然なのである。

===

我々の宇宙はエネルギーや光で構成されている。
では心は?

最新の量子論を応用した量子脳理論では
脳細胞の中で、水分子がコヒーレント(波動の長さと位相が揃っている)になり、特殊な光が出ている、とされている。

この光の正体は何だろう?
光から物質を作り出すことができるのだろうか?
実は1996年 光から水素原子と反水素原子を生み出すことに成功している。

さて、エネルギーは物質に変換できる。
E=mc^2 「^」は累乗を表す。「^2」は二乗。
(アインシュタイン特殊相対性理論)c:光速 3×10^8m/s m:質量
この拘束の二乗のエネルギーがTNT(トリ・ニトロ・トルエン)の数万倍の原子爆弾のエネルギーを生み出した。

一方、光の波のエネルギーは次の式で表せる。
E=hν  h:プランク定数 6.6×10^(-34) ν(ニュー):振動数
つまり光はエネルギーなのである。

NASAの計算によればの我々が観測できる宇宙エネルギーは計算5%
残りは
23%ダークマター(未知の粒子)
72%ダークエネルギー(未知のエネルギー)
だという。
http://map.gsfc.nasa.gov

そして私たちが見える時空の世界は実は連続したものではない。
ハイゼルベルグの不確定性原理によれば時間と長さにも物質でいう原子のような最小単位があり
時間の最小単位10^-44
長さの最小単位10^-35
だという。最小単位が存在するということは、物質における原子のように、構成要素が存在しているはずである。

ホログラフィック・ユニバースという考え方がある。(本もある)
宇宙の構造はホログラフィック(部分が全体を含むということ)であるという。
それは非局在性であり、ここに存在するものは全ての場所に存在するということである。

部分が全体であり全体が部分であり、宇宙全部、過去から未来も1つである。
このホログラム理論により トーフトは1999年ノーベル物理学を受賞している。

身体は何でできているだろう。原子--原子核と素粒子などだ。
では身体の外側は何でできているだろう?--空気や物質も原子核と素粒子だ。
つまり、私たちの身体と外側に見える気体や液体・固体は同じ炭素や酸素で構成されているので、厳密な境界はない。
実は宇宙は私たちの延長線上に存在するのであって、境界を設けているのは、我々自身かも知れない。

要約
私たちの心や行動は宇宙全体に影響を及ぼす。
宇宙を心が司るエネルギーが存在する。
全ては「ここ」「今」に存在している。--私たちは全てを心の中に持っている。

参考文献
成功法則は科学的に証明できるのか 奥健夫 総合法令 ¥1400

2010年4月 8日 (木)

スピリチュアルに生きる(38)

アセンションは徐々に進行していくものだから、もう始まっているらしい。
2012年を待たずに、少しずつ次元上昇していく。

そして私たちも、エネルギー的には物質の3次元と4次元が逆転しているかも知れないのだ。
ただし、3次元に執着していたり、2012年までは今のまま何も変わらない、などという信念があると、せっかくの4次元エネルギーを無視することになる。

アセンションとは、単なる次元上昇することではなく、肉体を持ったまま、高次の存在になることなのだ。だから天国に帰るのではなく、この地球上に楽園を創造する、ということ。
そのために座して待っているだけで良いはずがない。

私たちはもともと高次の部分と繋がっており、それが本来の姿なのだから、3次元的物質世界は付属のものと考えれば良いはず。

以上を前提にすると、これまでは「ポジティブ思考」を強調してきたが、もう少し高い次元から見直すべきときなのかも知れない。
すなわち、ポジティブに考えようと努力することは、ネガティブの存在を認めていることになるからだ。
ポジティブ←→ネガティブの二極性の次元を超えて、「常に最高」という状態の中にあることこそ、目指すべきものだから。

闇に光をもたらせば闇は消える。その逆はない。
恐れは愛で置き換わる。

だが、闇がなくては光はその存在が認識されないし、
+(プラス)と-(マイナス)がなければ何も存在しないことになる。

おそらくは、それらの存在を全部認め、どちらも否定しないところに真実はありそうです。

過ぎ去った過去を悔やんでも何の役にもたたない。
起こるかどうか分らない未来を心配しても、未来に良い影響を及ぼすことはない。

だから、「今を最高に生きる」ことに焦点をあてれば良いはずだ。

2010年4月 7日 (水)

宇宙の真実セミナーメモ--お知らせ

これまで書いてきた「宇宙の真実」をざっと編集してHPにまとめました。(暫定公開版)

http://homepage3.nifty.com/yeonso/bun31.htm

ついでに「スピリチュアルに生きる」も少し編集しました。

http://homepage3.nifty.com/yeonso/bun30.htm

2010年4月 6日 (火)

宇宙の真実セミナーメモ(22)

霊学の観点からは「カルマの法則」というのがあります。
自分が相手にしたことは、必ず自分に戻ってくる。
今生で戻ってこなければ、来世に持ち越されます。

過去世で人を殺したら現世で自分が殺されます、という単純なものでもなさそうです。
カルマを解消するには必ずしも殺される必要はありません。殺される人を救えば同じことだそうです。

人はあの世に戻ったときに、今回の人生での学びは何だったのか?と、これまでの人生を”自分が影響を与えた相手立場から”も振り返ります。
そして、魂の成長のために、体験のバランスを取るために、次の人生での体験を選択します。
プラスの体験をしたら、次はマイナスの体験もする。

つまり、与えたものが返ってくる。(だから、カルマの法則を知らずに人を傷つけて平気でいる人は本当に気の毒です)

このカルマの法則というのは、この「宇宙の真実」シリーズとそっくりではありませんか?

自分の心がそのまま”現実の体験”となって投影されるのです。

霊界・物質界どちらも実は同じ法則が働いているのでした。

「欲しいものは人に与えなさい」という言葉も同じです。
ここで注意せねばならないのは、見返りが欲しいためにしたら意味がない、ということです。
それでは自分のための「取引」であって愛や思いやりではありません。

さらに注意せねばならないのは、自分自身への影響です。
「私はダメな人間だ」
「私はこんな小さな人間だ」
などと思っていると、その波動がそのまま宇宙に実現されてしまうのです。

僕がこのブログで繰り返し、「あなたの幸福を数えましょう」「感謝をみつけましょう」と言っているのは、そのような理由が大きいです。

あなたはこの世でたった一人の、他に真似のできない個性を持ち、特別の才能に満ちた方です。
そうでなければ、あなたはこの世に生まれていません。
あなたは、あなたしかこの世に貢献できない力を持っています。
あなたは特別に大切な人なのです。あなたは宇宙を構成するジグソー・パズルの一片なのです。あなたなしでは宇宙は成り立ちません。そのこと考えてみて下さい。

「私たちが最も深く恐れているのは、私たちが不十分な存在であるということではない。
私たちが最も深く恐れているのは、私たちが計り知れないほどに力に満ちた存在であるということである。
私たちを最も怯えさせてるのは、私たちの闇ではなく光である」(ACIM)

2010年4月 5日 (月)

スピリチュアルに生きる(37)

感謝するということは、愛と並んで最高の波動を発することです。
最高の波動は最高のものと同調し、引き寄せます。

朝起きたら、「今日は何に感謝しようかな~。」と考えるのも良いのですが
明日の朝になったら忘れてしまうかも知れません。

ですから「今」考えましょう。
何もなくても感謝できることがたくさんあります。
○天気がよければそれだけでも感謝の理由になるし、雨にも感謝する理由があります。
○目の前にあるパソコンを持っているのは世界人口の2%です。感謝に値します。(「もしも世界が100人の村だったら」参照のこと--最近はyoutubeの動画にもいくつかアップされています)
○安全な水を飲めることに感謝--もちろん浄水場で働く人にも。
○自分の部屋にあるものは自分のために選んで買ってきたものです。感謝。
○屋根のある家に住めることに感謝。
○いつでも視たい時に視られるTVに感謝。--他の電化製品も、原材料から製造してあなたの手元に到達するまでに、おそらく100人以上の人の働きによるものです。

外へ出て道を歩くときにも
○道路を作ってくれた人に感謝。
○道から自然を見せてくれる花々や樹木にも感謝。

そうして考えてみると、家だけでなく職場などにもたくさん感謝できることがあります。
○仕事があることに感謝。
○これまで仕事を続けてこられたことに感謝。
○同僚や上司に感謝。(感謝しづらい相手もいるかも知れませんが・・・感謝できる部分はありませんか?)

そして・・・
○今日まで生きてこられたことに感謝。

いくつの感謝を見つけられるか、明日から毎日「感謝ゲーム」というのはいかがでしょう?
そんなゲームをしていれば、ネガティブ思考は遠のきます。

「ムダな努力をしないで幸福になる方法」ジョナサン・ロビンソン著
はネガティブな思考を簡単に切り替える方法として感謝を含めて次の4つを提案しています。(確かにネガティブになったときに思い出せば効果があります)

1)最近私がした小さな成功は何だろう?
2)私は、何に感謝できるのだろう?
3)私は、誰を愛していて、誰に愛されているだろう?
4)自分の良いところはどこだろう?

PS

この拙い文章のブログを、これまで延べ5000人以上が読んでくださった方々に僕は感謝しています。

2010年4月 4日 (日)

奥様は霊能者(10)--パラレル・ワールド

「宇宙の真実-特別編(2)」で、ACIMの疑問点を書きました。
それを奥様に話しました。

奥様はいつものように、風呂に入りながら高次の存在に「あの説明って何?」と聞いたそうです。
高次の存在は「それはパラレルワールドだよ」と答えたそうです。
パラレルワールドについて、奥様はよく知らなかったので、その時はよくわからなかったそうです。
風呂から上がってきた奥様が「パラレル・ワールドって?」と質問するのでしばらく説明しました。

ともあれ、パラレルワールドというキーワードで僕が特別編(2)に書いた疑問が氷解しました。

ACIMという世界と、BASHAR他が説明する世界が同時に「平行して存在する」ということ=どちらが間違っているのでもなく、高い次元から見れば、どちらの世界も真実。

共通点は「物理的現実は幻想(イルージョン)」であるということ。
イルージョンであるという認識なら、これまで変化を加えるのが難しかった”現実”も簡単に変えられそうです。私たちは「永遠の今」に留まって、目の前に映し出される時間と空間というイルージョンを見ているだけ。

変えるのに必要なのは”現実”体験に対する反応の仕方(波動の持ち方)ということは、このブログで説明済みです。

それにしてもACIMは難しいです。

==たとえばACIMの記述はこうです==

現実のものは、存在を脅かされることはない。
非現実なるものは存在しない。
ここにこそ神の平安がある。

自分自身を見つめたとき、恐れを感じるのはもっともなことである。
だからこそあなた自身が創ったものでもそれができたものでもないとわかれば、
そのとき初めて恐怖から逃れられるのだ。

祈りは奇跡の媒体である。
創造されし者が創造主と通じ合う手段である。
祈りによって愛を受け取り、奇跡によって愛を目にする。

==引用終わり==

この解脱の境地でさえ「パラレルワールドの1つ」というのはどんな次元から説明してくれているのでしょうか?

--すべてはパラレルワールドである。--

○ACIMが最高の道と思っていると、そう思っているとおりになる。
○物質だけが真実という3次元の世界観を持っている人はそう思っているとおりになる。
○世界が幻想だと思っている人はそう思っているとおりになる。

(上記、言葉が重複しているのは承知していますが)
これってとてつもない世界観ですよね。

○「思考が現実化する」と信じている人は思っているとおりになる。
○「思考はただの脳の中の化学作用」と信じている人はそのとおりに反映される。

ACIMのレベルのさらに上から説明する、という全く新鮮な感覚です。

とにかく、「パレレル・ワールド」というキーワードで、やっと今回のシリーズ「宇宙の真実」の基本的な考え方はまとめられました。・・・あとでHPにまとめねば・・・

スピリチュアルに生きる(36)--「許容」という生き方

あなたがマイナス感情を抱いている身の回りの人を許してしまいましょう。
その人は生きるのに、自分のことで精一杯なのです。
あなたを傷つけた時でも、その時は最も良い選択だと思って行動したり発言したりしたのです。
それしかできなかったのです。

「許容」というのは、そのままを認めるということですから、判断・評価しない、という意味では愛に近いものがあります。

「ザ・モーゼス・コード」の中でジェイムズ・トゥワイマンは告白します。
彼の最愛の妻が殺人犯に殺されました。
「妻を殺した相手をも許さねばならない」
この決断をするまでの彼の心の内は推し量れません。
おそらくは、これからの自分を憎しみや恨みで支配されてはならない、ということなのでしょう。

知り合いから批判されたくらいで悩んでいるのは比べ物になりません。
誰かにいじめられたとしても一過性です。

「愛せないものを愛す」
「許せないものを許す」

これは、すべての中に神を見ることができなければなりません。

愛で生きる。
言葉で言うと簡単なようですが・・・。

すべてに感謝する。
すべてを許す。
これも難しい?

それらと比べれば「その人のあるがままを認める」なんて簡単なのではないでしょうか?

ここに「許容の法則」というものがあります。
「あなたが許容したものしかあなたは受け取らない。」

先ほどのジェイムズ・トワイマンの例ですと、怒りや憎しみです。
彼は怒りや憎しみが人生に入ってくることを拒みました。

「あなたが許容したものしかあなたは受け取らない。」

あなたは自分が幸せになることを自分で許していますか?
例として、宝くじで2億円当たることでも構いませんが。
(本当にいいのかな?なんて考えたりしませんか?)

自分に許していないことは自分に来ないのです。

2010年4月 3日 (土)

スピリチュアルに生きる--お知らせ

前回、スピリチュアルに生きる(18)までまとめてHPにアップしましたが、

今回は(35)まで追加しました。

http://homepage3.nifty.com/yeonso/bun30.htm

本来は内容的に重なっている文章が多いので、編集をすべきですが、

今回は時間の関係で、これまでアップしていた文章はそのまま、

それからの文章を、その後ろに追加しただけです。

時間があれば編集したいと思います。

宇宙の真実セミナーメモ--特別編(2)

前回紹介した宇宙のしくみ?はこれまで参考にした文献の共通項らしきものをまとめたつもりですがが、
ACIM(ア・コース・イン・ミラクル)は上記と異なるアプローチをしています。
「世界の全ては幻想であり、ビッグバンもエゴが作り上げた幻想である」と。

「この世界は幻想」「心の投影」という意味では
1)成功法則・成功哲学はこの物質世界での成功という幻想に留まっている。
2)引き寄せの法則も、物質世界は波動で変化するので、どう心の力を作用させるか、と心の使い方の法則に留まっている。
3)このシリーズで紹介したBASAHR/リ・メンバー/R・トランサーフィンなどは、「この世界は幻想であり、自分の心を映し出す鏡であるので、自分を変えれば幻想も変わります」と教えています。
 ACIMはさらにこの上のレベルです。
4)最初から「幻想の世界を放棄すること」を教えているようです。

とりあえずACIMの解説で日本語で一番詳しそうなのは「神の使者」とその続編である「不死というあなたの現実」ゲイリー・レナード著 になる。

○時間も空間もこの宇宙もエゴが創りだした幻想。愛以外の現実は存在しない。
○変わるものは真実でない。唯一変わらないもの、すなわち神のみが真実。
○過去と現在と未来は同時に起こっていて、既に完結している。ただ通り過ぎていくのみ。
○永遠に続く魂が、心が創りだした映画(幻想)を観察しているだけ。
○幻想への赦しの繰り返しが本当の自分に戻る秘訣。
○善と悪、男と女、光と影、プラスとマイナスなどの二元性もすべて真実ではない。

この本を読むと、これまでにない概念もあるので、読んでいて頭がクラクラすることも。
物質界がすべて幻想だとすると、(輪廻転生でさえ本当は同時に起こっているから幻想だという)、著者ゲイリーの前に現れたアーテンとパーサも幻想だという解釈もありえるし、「この世は真実でない」と教えたイエス・キリストの存在さえ幻想だったという解釈も成立してしまう。
物質宇宙が幻想だとすればBASHARも幻想?プレアデスの教えも幻想?などの疑問も沸く。
こういった矛盾を解決するには論理的には(論理はエゴが創りだしたもの、とACIMに言われそうだが)
「私たちの内側が真実をすべて知っている」ということにならねばならない。
「全てを知っている」ところから、ACIMをはじめとしたチャネリングから真実がもたらされる、という論理である。
もう1つ。ACIMが説明する「真実の姿」に戻ってそこに何があるの?楽しいの?という疑問が残る。2冊目の最後にスピリットになった至高体験が書かれているのだが。

あるいは2012年のアセンションはどうなのだろう?上記本には1つのサイクルが終わるだけとあるし、それから後に経済・エネルギーなどが少しずつ変わることも書かれている。

僕はまだACIMの断片しか知らないので詳しくは説明できない。
何しろ、ACIMは日本語にさえ翻訳されておらず、365日かけて、1日1つの課題をこなしていかねばならないらしいから。

ただ、「宇宙の真実」というからには、ACIMの紹介くらいはしておかねばならない、と思ったのでした。

僕の学習段階でホッとする?のは、上記に述べた(1)成功法則~(4)ACIMはそれぞれ、上のものを包含しているということ。つまり引き寄せの法則は成功哲学を否定していないし、ACIMも「これが1つの方法でない」としているのでした。

「幻想の世界は神が創ったものでない」

ということは、物質世界は私たちが創っている。ゆえに私たちが自由に変えられる。すなわち(3)の段階で生きようとする人も否定されているわけではない、ということでした。ACIMが説くところの本当の道へは遠回りになるかも知れませんが、ともかく物質世界は私たちの心の持ち方次第でいかようにもなるのです。そもそも宇宙から見れば、「存在しない幻想」なのですから・・・

これまでACIMの解説の日本語訳は(僕の知る限り)「愛への帰還」マリアン・ウィリアムソン著 しかありませんでしたが、ゲイリーの本はその内容も(一部?)否定しています。かなりレベルが高いと思われる、今回の参考文献もほとんど(3)の段階ですし、スピリチュアルリーダーとして名声のあるディーパック・チョプラでさえ、「願望を達成する」などという次元では段階(3+)だと思います。

ということで、少なくともACIM日本語版が出るまでは、(3)の段階で留まって僕は研究するようです。

スピリチュアルに生きる(35)

唐突ですが・・・
あなたの欲しい物は「お金」ではありません。
人生の目的も「お金を稼ぐこと」ではありません。
お金は単なる交換のための手段です。

たくさんのお金があれば、いつでも好きなものを食べられるし、住みたい家に住めるし、気に入った車も買えるし、好きなところに旅行にいける。
「お金で買えるもの」、つまり、食べたいものをいつでも食べられる状態とか、好きな車、が本当に欲しいものです。

突然10億円が手に入ったとしましょう。
よほどの無駄遣いさえしなければ、一生不自由ない生活を送れます。
お金で買えるものはほとんど買えます。
その状態ならあなたは本当に「幸せ」ですか?

焦点を当てるのはお金でなくて「幸せ」のはずなのです。
将来の「安心」のために、今を犠牲にして、やりたくない仕事を我慢してするべきではありません。
たとえ給料が半分になったとしても、(それで生計が成り立つならですが)本当に好きな仕事を選択した方が、すぐに幸せではありませんか?
ここでBASHARは言います。
「ワクワクする仕事をしていれば自然とお金は入ってくる。むしろ、今までの収入以上が。」
ワクワクというのは最高の波動を発しているということですから、最高の結果がついてくる、というわけです。それが本当かどうかは保障できませんが、少なくとも人生の時間の大半の時間を好きな仕事で過ごせれば幸せなはずです。

最初のQ&Aに戻りましょう。
>たくさんのお金があれば、いつでも好きなものを食べられる
美味しいものを料理する能力を身につけてはいかが?(僕は努力しました)
>住みたい家に住めるし、
「豪邸」に住みたいですか?毎日の掃除が大変ですが。
セキュリティに至ってはもっと大変です。施錠を全部しっかり・・って刑務所の中のようなもの?
>気に入った車も買えるし、
あなたの本当に欲しい車は高級車ですか?
スーパーで駐車しづらい大型車ですか?燃費が3km/ℓの?
>好きなところに旅行にいける。
旅行の本質は、知らない土地で新しい発見をする、ということです。
あなたの住むところから5つか6つ先の駅で降りたことがない駅の周辺でも沢山の発見があります。旅行って、「遠くへ行くことだ」という決めつけがありませんか?
広々とした温泉に入る、という固定概念がありませんか?最近は身近にスーパー銭湯も増えてきました。ケチをしろとか節約する習慣を身につけるべき、ということを言っているのではありません。だた、旅行に行くならば旅行ガイド編集者の価値観でなくて、あなたが本当に行きたいところ・本当の旅行の目的、を満たせるところを選択してください、ということです。

そして、旅行だけに限定すれば「人生そのものが旅」なのです。

家にせよ、車にせよ、旅行にせよ、本当の望みに目を向けてください。あなたが「お金が欲しい」という、本質を考え直してください、ということです。

さらに、すべての中に愛を見ることができれば、それ以上の幸福はありません。職場の人をみんな好きになったり、すれ違う人の中にも愛を送るって、努力次第でできそうではありませんか?

2010年4月 1日 (木)

宇宙の真実セミナーメモ--特別編

車の部品を全部揃えて100億年シャッフルしたら完成した車ができあがるだろうか?
同様に生命の元であるDNAは炭素や水素を100億年シャッフルしたらできあがるのだろうか?

植物の小さな種は自分が成長するのをどのように知っているのでしょう?
動物の受精卵は?
すべては「エネルギーと情報」が詰まっているのです。これはどこから与えられたのでしょう?

この背後には、それらを完全にした、ある力が働いているとしか思えない。

137億年前にビッグバンが起こって宇宙ができた、といわれている。
その前には時間も空間も存在しなかった、と。
何もないところに空間や時間が出現できるだろうか?
その空間の中の最小単位とされている素粒子はこの世界で振動し、「この世界」に現れては消え、というのをナノセカント単位で繰り返しているという。消えている間はどこに行っていたのか?
宇宙は広がっている、と言われている。
宇宙の遠くへ行くほど、広がりはスピードを増し、宇宙の果ては光速である、とされている。

前に例に揚げたが、それは全てがこの空間の尺度なのであって、全てが100倍となっても誰も気づかない。
もしかしたらものすごく小さな宇宙で、その中の基準だけで広がっているように視えるかも知れないのだ。

様々な書籍が「創造主」がこの宇宙を創造したことを説明している。

話を解りやすくするため、あなたの意識のみが時間も空間もない世界に存在していた、と仮定する。
何しろ物質もない、時間もない、空間もない状態で意識のみの存在だったら、まずは何を意図するだろう?
僕なら意識の中で友達(仲間)を創る。「意識」と「その意識を観察するもの」。少し楽しい。
次にはもっと仲間を創ろうと意図した(希望や願望でないことに注意)。これが精霊(スピリット)。---以下もあくまで意識の内側であることに注意--「外側」などというものはないのだから。
意識は精霊の視点から自分を観察し、楽しむ。
精霊を輝かせよう、と光を創造した。
光を楽しむにはコインの裏側も必要だから闇もセット。

次に電磁気などのエネルギーを創る。だからすべてはエネルギーの存在。
エネルギー=力だから、それを使って、スカラー波を生じさせることができる。

次に創造された天使たち。
天使は明るい光の中で、(いつも意識の内側)遊び、楽しんだ。
そして天使自身も意識の一部であることを思い出して、何でも創造した。

それ以降、意識は次々と分身を作り出し(いつも繋がっているのだが)意識をたくさんの違った姿にすることによって自身を楽しんだ。(ただし、本当の自分を思い出す頻度は減る)
意識の中でのことだから何でも瞬時(時間はない世界)に創造が実現した。

しかしながら、それでは本当の喜びになるのだろうか?

意識は、これまでにないものを創ろうと意図した。
究極の喜び、とは意識が意識自身であることを忘れてしまい悩み苦しんだあげくに、「自分は意識だった」と悟ることに勝る喜びはない。
限界を感じていたのに「限界は本当はなかったんだ」と感じるより大きな愉悦はない。

そこで意識は、時間と空間という制限のある世界を創った。意図したことがすぐには実現しない、時間と空間というトラップ(ワナ)があるため、自分が創造主だとはなかなか気づかないように。
これが今、我々が観察・生活している物質的宇宙である。

従って、”現実”と考えているものは意識が創りだした幻想であり、実在は「意識」なのだ。
最終的には、この時空間を創造したものが私たち自身であったことに気づくことが生きる目的である。

「自分自身の真のパワーを思い出してください」(リ・メンバー)

---と、非常に乱暴な説明だが、ほとんどのスピリチュアル・宗教に共通していそうなことの説明を試みた。
(創造の順序は違っているかも。聖書には「はじめに光あれ」と書いてあるし)

さて、幻想である”現実”を超えるには?
これも殆どの書籍に「瞑想」と書いてある。
「瞑想」と言っても、誰も居ない部屋で、目を閉じて、物質世界を離れようとすることだけではない。
日常の仕事や家事をしながらでも、その背後の見えない部分である本質を感じとることそのものが瞑想なのである。

そして、愛。
意識が自分の創造したもの(本当は自分自身)に無限の愛を持っているのは当然であろう。

PS
以上に関して最も参考になりそうな文献は「神との対話」あたりかな?

書評--人生に奇跡をもたらす7つの法則

人生に奇跡をもたらす7つの法則 
ディーパック チョプラ 著  (amazonによれば今のところ絶版or品切れ)

購入して一度読んで、本棚に眠ったまま、久々に開く。
「おお、こんなにスピリチュアルな本質が書かれているのか」と思った。

前にも書きましたが、やはり、本との出合いもタイミングなのですね。

○「執着しない」というのが願望実現のキー

○魚は泳ごうと努力しない。ただ泳ぐ。
○地球は回ろうと努力しない。ただ回る

など従来の引き寄せや成功法則と違った視点がたくさん勉強になりました。

宇宙の真実セミナーメモ(21)

私たちは悲しく「なる」、とか憂鬱に「なる」というのは簡単なのに
幸せに「なる」、とか、嬉しく「なる」を実現するのが難しいのはなぜでしょう?

これがこれまでの環境での「刷り込み」です。
子どもの頃は親から「我慢しなさい」「わがまま言うのではありません」などと(親のせいではありません。親はその親から、その親は・・・とそれしか選択肢を知らない世界で懸命に生きてきたのですから。)言われ続けてきました。
学校に行けば、また学校から「自分勝手は良くない」などそれなりのことを教わります。
社会に出れば「世間はお前の思うとおりにならない」って。
これが、信念になっていませんか?ネガティブなことへの反応の条件反射になっていませんか?生きるには限界を自覚せねばならない、と。

しかし・・・・
「私は幸せになりたい」
といわれれば、R・トランサーフィンは
「なればいいじゃん」と言います。「悲しくなる」のも選択なら「幸せになる」のも選択だけの問題だと説きます。
「ただ、選択しなさい」というだけです。この世界を何でもできる天国だと仮定しましょう。(実際にそうなのですが)。何でも選択できます。だから限界を創るも創らないも自由なのです。
そしてこれまでの「悲しみ」や「苦しみ」も、反応の可能性の中からただ選択していただけなのです。

幸福になるのは本当は簡単なのです。
それが宇宙の波動だから。
幸福になるために創造されたのだから。

ポジティブなことをイメージするのも簡単です。
心配や不安を抱えているより、ワクワクすることを考えていた方が楽しいのですから。

本当の私たちは多次元で生きています。
何の創造でも可能なのです。
だから「不幸」さえ創造できてしまったのです。

でも、もう「不幸」は必要ありません。
人生を変えるには、これまでのものを手放す必要があります。
あなたが成功するために。
「憎しみ」や「苦しみ」「悲しみ」を手放す勇気がありますか?
それらを、一生持たない、という決意です。

もう一度言います。
これまでの人生を変えたいなら、これまで持っていたネガティブなものを放棄する勇気が必要です。
成功したり幸福になったりするためなら、何を放棄しますか?
(何も捨てなければ何も変わりません。)

あなたの心の中にある「ネガティブ反応執行委員会」を解散しませんか?
委員はそれぞれに、「憎しみ委員」「悲しみ委員」「グチ委員」「不満委員」・・・などです。

あなたが解散できるのです。「かいさーん」と叫びましょう。
それ以降は「愛・感謝」執行委員がいるのみです。

あなたは宝石の原石です。

すでに素晴らしいものを秘めているのに、エゴや恐れで覆われてしまったのです。

それらを落とすだけで良いのです。

========

文章にすると簡単ですが、これが難しいのは、僕もよく承知しています。
これまで育ててきた自分のアイデンティテイの一部を否定することですから。
今までの人生観を否定してしまうようなことですから。
これまでの長く続いた強い信念まで放棄せねばならないのですから、一筋縄ではいかないかも知れません。

で、どうされます?
これまでの自分を続けますか?
変えたいですか?

僕は「ネガティブ反応執行委員会」を解散しました。すると楽になる部分があります。何かトラブルが起こったときに、「どうしてこんな目に?」でなくて、「僕のどの部分がこういう現実を創ってしまったのだろうか?」と考えるからです。

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »