« スピリチュアルに生きる(46) | トップページ | 書評--いま、目覚めゆくあなたへ »

2010年4月30日 (金)

書評--パスワーク

パスワーク―自分を変えたいと思うすべての人へ
エヴァ ピエラコス (著) 中山 翔慈 (翻訳)
\2625 ナチュラルスピリット

チャネリング本であるが、著者が生前に残したレクチャー258は下記にアップされている(英語)。
誰か日本語にして欲しいのだが、とりあえずは自動翻訳に頼りながら少しずつ読むことにしましょう・・

http://www.pathwork.org/lecturesObtaining.html

この本はその一部を日本語に訳したものらしい。
言葉はそれほど難しくないのだが、スピリチュアル的にレベルが高い。
エゴと向き合い方から人生の変え方、宇宙の捉え方までまで深く説明している。

今回は図書館で借りてきたのですが、手元に置いておきたい1冊なのでamazonで注文してしまいました。

« スピリチュアルに生きる(46) | トップページ | 書評--いま、目覚めゆくあなたへ »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523730/48225070

この記事へのトラックバック一覧です: 書評--パスワーク:

« スピリチュアルに生きる(46) | トップページ | 書評--いま、目覚めゆくあなたへ »