« スピリチュアルに生きる(42)--(41)の続き | トップページ | 書評--バシャール×本田健 »

2010年4月14日 (水)

書評--マスターの教え

マスターの教え 
ジョン マクドナルド 著, 山川 紘矢 / 山川 亜希子 訳
¥ 1,050 飛鳥新社

僕が持っているのは旧版の『運命の貴族となるために』だが内容は同じ。

とりたてて、新しい成功哲学が語られているわけではない。
ただ、参考になったのは「内なる心」と「外なる心」という対比。

通常の成功哲学では顕在意識と潜在意識となっているのだが、
「内なる心」は自分の感情や考えをあらわされると思うし、
「外なる心」は心の中で”現実”を変える力がある部分。

これは「宇宙の真実セミナー」で僕が説明してきたことを表現するのに潜在・顕在意識というより的確かもしれない。

« スピリチュアルに生きる(42)--(41)の続き | トップページ | 書評--バシャール×本田健 »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523730/48088039

この記事へのトラックバック一覧です: 書評--マスターの教え:

« スピリチュアルに生きる(42)--(41)の続き | トップページ | 書評--バシャール×本田健 »