« スピリチュアルに生きる(37) | トップページ | 宇宙の真実セミナーメモ--お知らせ »

2010年4月 6日 (火)

宇宙の真実セミナーメモ(22)

霊学の観点からは「カルマの法則」というのがあります。
自分が相手にしたことは、必ず自分に戻ってくる。
今生で戻ってこなければ、来世に持ち越されます。

過去世で人を殺したら現世で自分が殺されます、という単純なものでもなさそうです。
カルマを解消するには必ずしも殺される必要はありません。殺される人を救えば同じことだそうです。

人はあの世に戻ったときに、今回の人生での学びは何だったのか?と、これまでの人生を”自分が影響を与えた相手立場から”も振り返ります。
そして、魂の成長のために、体験のバランスを取るために、次の人生での体験を選択します。
プラスの体験をしたら、次はマイナスの体験もする。

つまり、与えたものが返ってくる。(だから、カルマの法則を知らずに人を傷つけて平気でいる人は本当に気の毒です)

このカルマの法則というのは、この「宇宙の真実」シリーズとそっくりではありませんか?

自分の心がそのまま”現実の体験”となって投影されるのです。

霊界・物質界どちらも実は同じ法則が働いているのでした。

「欲しいものは人に与えなさい」という言葉も同じです。
ここで注意せねばならないのは、見返りが欲しいためにしたら意味がない、ということです。
それでは自分のための「取引」であって愛や思いやりではありません。

さらに注意せねばならないのは、自分自身への影響です。
「私はダメな人間だ」
「私はこんな小さな人間だ」
などと思っていると、その波動がそのまま宇宙に実現されてしまうのです。

僕がこのブログで繰り返し、「あなたの幸福を数えましょう」「感謝をみつけましょう」と言っているのは、そのような理由が大きいです。

あなたはこの世でたった一人の、他に真似のできない個性を持ち、特別の才能に満ちた方です。
そうでなければ、あなたはこの世に生まれていません。
あなたは、あなたしかこの世に貢献できない力を持っています。
あなたは特別に大切な人なのです。あなたは宇宙を構成するジグソー・パズルの一片なのです。あなたなしでは宇宙は成り立ちません。そのこと考えてみて下さい。

「私たちが最も深く恐れているのは、私たちが不十分な存在であるということではない。
私たちが最も深く恐れているのは、私たちが計り知れないほどに力に満ちた存在であるということである。
私たちを最も怯えさせてるのは、私たちの闇ではなく光である」(ACIM)

« スピリチュアルに生きる(37) | トップページ | 宇宙の真実セミナーメモ--お知らせ »

宇宙の真実」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523730/48009953

この記事へのトラックバック一覧です: 宇宙の真実セミナーメモ(22):

« スピリチュアルに生きる(37) | トップページ | 宇宙の真実セミナーメモ--お知らせ »