« 宇宙の真実セミナーメモ--お知らせ | トップページ | 宇宙の真実セミナーメモ(23) »

2010年4月 8日 (木)

スピリチュアルに生きる(38)

アセンションは徐々に進行していくものだから、もう始まっているらしい。
2012年を待たずに、少しずつ次元上昇していく。

そして私たちも、エネルギー的には物質の3次元と4次元が逆転しているかも知れないのだ。
ただし、3次元に執着していたり、2012年までは今のまま何も変わらない、などという信念があると、せっかくの4次元エネルギーを無視することになる。

アセンションとは、単なる次元上昇することではなく、肉体を持ったまま、高次の存在になることなのだ。だから天国に帰るのではなく、この地球上に楽園を創造する、ということ。
そのために座して待っているだけで良いはずがない。

私たちはもともと高次の部分と繋がっており、それが本来の姿なのだから、3次元的物質世界は付属のものと考えれば良いはず。

以上を前提にすると、これまでは「ポジティブ思考」を強調してきたが、もう少し高い次元から見直すべきときなのかも知れない。
すなわち、ポジティブに考えようと努力することは、ネガティブの存在を認めていることになるからだ。
ポジティブ←→ネガティブの二極性の次元を超えて、「常に最高」という状態の中にあることこそ、目指すべきものだから。

闇に光をもたらせば闇は消える。その逆はない。
恐れは愛で置き換わる。

だが、闇がなくては光はその存在が認識されないし、
+(プラス)と-(マイナス)がなければ何も存在しないことになる。

おそらくは、それらの存在を全部認め、どちらも否定しないところに真実はありそうです。

過ぎ去った過去を悔やんでも何の役にもたたない。
起こるかどうか分らない未来を心配しても、未来に良い影響を及ぼすことはない。

だから、「今を最高に生きる」ことに焦点をあてれば良いはずだ。

« 宇宙の真実セミナーメモ--お知らせ | トップページ | 宇宙の真実セミナーメモ(23) »

スピリチュアル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523730/48029474

この記事へのトラックバック一覧です: スピリチュアルに生きる(38):

« 宇宙の真実セミナーメモ--お知らせ | トップページ | 宇宙の真実セミナーメモ(23) »