« スピリチュアルに生きる(47) | トップページ | スピリチュアルに生きる(48) »

2010年5月17日 (月)

書評--心のカップを空にせよ

意識が変わる物語 心のカップを空にせよ!
ロビン・シャーマ (著), 北澤 和彦 (翻訳)
¥ 1,500 ダイヤモンド社

僕はメンター物(コーチや師匠が出てきて教えを授ける物語風形式)はあまり読まない。
言いたいことを物語りにせずに、ズバッと書いて欲しいからだ。
(と言っても50冊ほどは読んでいるが)

しかし、今回だけは違った。非常にスピリチュアルな知恵が散りばめられている。
”悟り”も入っているし、”引き寄せ”も入っている。

最初の30ページほどは設定の説明のような物語なのでまどろっこしいかも知れないが、
それからは、物語というより、対話集のような感じで、引き込まれて一気に読める。

これまで読んだメンター物の中ではBEST。お勧めである。

« スピリチュアルに生きる(47) | トップページ | スピリチュアルに生きる(48) »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523730/48384033

この記事へのトラックバック一覧です: 書評--心のカップを空にせよ:

« スピリチュアルに生きる(47) | トップページ | スピリチュアルに生きる(48) »