« 書評--魔法の学校 | トップページ | 宇宙の真実セミナーメモ(25)--(24)の続き »

2010年5月 9日 (日)

宇宙の真実セミナーメモ(24)

鏡の法則--あなたの思ったことが現実になって鏡のように戻ってくる--が受け入れられましたでしょうか?
これまで書いてきた「あなたはあなたの人生の創造者である」「あなたは人生の脚本家であり、監督であり、主役である」(と、いろいろな本に書いてあります)ということを探求していくうちに気づきました。

それらを前提とすると、これまでの歴史上の人物や政治や経済も、全部自分が創造したことになります。
つまり、家族や職場に限らず、社会でニュースになっているすべてのこと、地球の裏側で起こっている戦争も自分で創造したことになります。
歴史上の人物も全部創造したことになります。(あなたの歴史的世界に登場するアインシュタインについては下記の引用参考のこと)
つまり、自分と直接関わりがなくても、地球人60数億人(あるいは宇宙のすべて)が自分の創る映画に脇役で参加してくれていることになります。
道端ですれ違う人も自分で創造した脇役。スーパーで売っている品物もすべて自分が選択するために作られたもの。

宇宙のすべては自分のためにあるのです。とてつもなくスペクタルな脚本です。
あなたが今持っているパソコンも聞いている音楽もあなたの創造の結果です。
あなたの職場の嫌いな人も、あなたの好きな友達も、あなたの心を反映するための役割で登場しています。

と、僕が書いても説得力がないかもしれないので書籍にも登場していただきましょう。

「1つの現実を選ぶために、あなたには”映画”の”目録”のようなものが提示される。
すべての映画はすばらしいもの内容で、それらはあなたの個人的な世界や宇宙を構成する”力”というものを提案する。
でもあなたの世界や宇宙以外では、その力はどんな価値も効力も持たない。
あなたの世界に相対性理論は存在するかい?
それはよかった。ということは、時間や空間というものは実際には絶対的なものではなく、相対的だ、」
--エンリケ・バリオス著/魔法の学校P204

「すると私たち全員がつながっている、ビッグな「スペクトラム」が見え始め、その中で、自分は欠かすことのできない、貴重な「1ピース」なのだと実感することでできるのです。突如として視野が広がり、無数な小さな助け合いのグループを含む、壮大な宇宙のシステムが眼前にくりひろげられます。」
--アーノルド・パテント著/「成功」+「幸せ」と手に入れる21の原則P207

宇宙はパラレル(平行存在)で、無限にあります。
あなたはそのうち1つを毎瞬間ごとに選択してその世界で生きています。

あなたの宇宙はあなただけが創造しているのです。
あなたは人生の脚本家。どのようにも書き換えられます。
好きなように書き換えてください。

※こう言うと、「どんなことをしても良いの」という質問があるかも知れません。
基本的にはどんなことをしても構いません。
ですが、例えば「人の物を盗んでも良い」という脚本を書けば、それを認める宇宙に移動し、あなたは何か盗まれることになります。

本当はもともとあなたの中に脚本を書く力があったのですが、これまでの環境の中で、自分では脚本が書けない、と思っていただけです。
この瞬間から、あるいは明日から、無限大のスペクトラムドラマを描いて主演してみませんか?

« 書評--魔法の学校 | トップページ | 宇宙の真実セミナーメモ(25)--(24)の続き »

宇宙の真実」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523730/48319472

この記事へのトラックバック一覧です: 宇宙の真実セミナーメモ(24):

« 書評--魔法の学校 | トップページ | 宇宙の真実セミナーメモ(25)--(24)の続き »