« 宇宙の真実セミナーメモ(26) | トップページ | スピリチュアルに生きる(51) »

2010年5月29日 (土)

スピリチュアルに生きる(50)

小学生に戻るのはいかがでした?
少しは楽しんでいただけましたでしょうか?

数学をマスターしていても、それを忘れて九九を少しずつ覚える立場に戻るのは楽しいです。
そうやって私たちは完全な悟りのあるところから悟りのない世界を創りだしたのです。
完全な光の世界では光を認識できません。
だから闇を創り出し、闇との対照において、はじめて光を喜べるのです。
制限のない、自由で愛の世界にいましたが、それだけでは自由と愛が定義できないので
制限のある、時空を創り、怖れを創ったのです。
でも、本当は悟っています。それは「気づき」「思い出す」だけで良いのです。

どうやって?
目を閉じてゆっくり呼吸します。
8秒間息を吸い、8秒間とめて、8秒間で吐き出します。
数回繰り返しましょう。
呼吸に意識を集中してみましょう。
次々といろいろな「考え」が浮かびますが流れるままにしましょう。
時にはいつもは聞こえなかった時計の音や戸外の音が邪魔に感じるかもしれません。
そう、他のことに意識を集中させていれば、そんな音は聞こえないのです。
そして次々と考えが浮かびました。
その「考えが浮かぶ」というのを観察しているのがあなたの意識そのものです。
観察している自分をまた、一つ高い立場から観察してください。
それをさらに一つ上の立場から観察してみてください。それがあなたの本質です。
時間と空間の中にある自分を観察してください。ほら、本当のあなたは時空の外にいる。
それが「気づき」です。いつも一緒にあったのに。
完全な悟りは今あります。

« 宇宙の真実セミナーメモ(26) | トップページ | スピリチュアルに生きる(51) »

スピリチュアル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523730/48482807

この記事へのトラックバック一覧です: スピリチュアルに生きる(50):

« 宇宙の真実セミナーメモ(26) | トップページ | スピリチュアルに生きる(51) »