« チャネリング(12) | トップページ | チャネリング(14) »

2010年6月22日 (火)

チャネリング(13)

■ちょっと待てよ。物質世界の全てが幻想だとしたら、僕がこうしてパソコンで★と■の対話をしているのも幻想ってことになるのでは?

★幻想の意味がよく解ったようだね!
そう疑ってみるのは、ひょっとしたら全部幻想かも知れない、と感じていることだよね?

■でも、この対話が幻想だとすると、やはり物質世界が真実ということになってしまうか・・・
幻想が「これは幻想です」というだろうか?

★幻想は蜃気楼ではないよ。この場合の幻想というのは、物質世界が真実だと思い込むのが幻想だいうことだよ。
存在しないわけではない。幻想は幻想として存在しているよ。

■でも「出来事は何も起こっていない」と言いましたよね?

★そして、「すべては起こっている」とも。

■それがイマイチ解らない。

★それは時間がキーワードとなる。まず出来事が起こる前には何も起こっていない。起こったあとには全てが完結している。
どちらも真実。だって、時間というのを創ったのはあなただから。

■うーむ。難しい。

★あなたが前に書いたように、あなたが見える太陽は8分前のもの、3m先の物質は1秒/1億分 前のもの。外の景色は1秒/数千秒前のもの。それらをあなたは「同時に起こっている」ように見る。だが、「同時」というのは真実ではない。幻想だね。

■時間がなければ空間も存在しない、と?

★そう。だから時間が幻想なら空間も幻想。

■その時間と空間を「認識する者」は、時空の外にいるはず!

★よくできました!

■この話は前に聞いたような・・・僕が見ているものは(時間がわずかでも)過去のもの。
これとよく似ているのが、僕が現在見ているものは、過去の自分が創りだしたもの。
すごい共通点だな。

★それで?

■だから、僕は現在創り出しているものを、未来で見ることになる!

★ブラボー!

« チャネリング(12) | トップページ | チャネリング(14) »

チャネリング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523730/48690515

この記事へのトラックバック一覧です: チャネリング(13):

« チャネリング(12) | トップページ | チャネリング(14) »