« チャネリング(13) | トップページ | チャネリング(15) »

2010年6月22日 (火)

チャネリング(14)

■この世界は心が映し出された鏡、というのは理屈では解るんです。すべては一つだから自分が変われば世界も変わる、というのも理屈では解るんです。
でも、この物質世界というか幻想の世界というか、そのメカニズムがしっくり来ないんです。

★あなたが既にうまくHPで説明しているではないか。

■あれは正しいのですか?

★基本的にはね。

■基本的?では細かいところは間違っている?

★そうではない。他の本だって少しずつ違っているだろう?それは書いた人の成功に至るプロセスや体験が違うからだ。論理の組み立て方も学んだ環境によって違うからだ。でも基本はみな同じ。だからあなたも正しいと他の本も正しい。

■で、僕はたくさんの本を読んでエッセンスをHPにまとめました。

★たくさん読んだね。

■でも、あれは本を読んでのまとめであって、心の中ですっきりしない部分がある。

★どんな?

■理屈では世界は変えられる、と思っているけど、本当にそう法則が働くのだろうか?とか。

★ね?そう疑っているからうまく働かない。

■だから、そのメカニズムをもっと深く教わりたいのです。そうすれば疑いも少なくなる。

★まず、あなたは幻想の世界を体験するために、幻想になった。つまり物理的世界を知るために物理的肉体を創った。

■そうだと思います。

★物理的な世界はあなたの肉体と同じ素材の原子や素粒子でできている。
物理的な世界=幻想の世界はすべてあなたが創った。

■・・・

★あなたが肉体を創れるなら他の物質も創れる。

■でも、水を創ったからと言って、水の流れはつくれません。

★そこで、「水は高いところから低いところへ流れる」という物理法則を作った。

■物理法則も僕が創ったの?ボイル・シャルルの法則とかアンペールの法則とか。

★そう。

■それって、僕じゃなくて「すべては一つ」=僕 という意味ですよね?
僕個人ではなくて。

★そう。本来は個人というものはないから。あなたがすべてだから。あなた=創造主だから。
個人というのは分離を含んでいる定義です。

■まあ、物理学の第二法則「エネルギーは高い方から低い方に流れる」はともかくとして
水の流れを自由に変えることはできない。

★できるよ。

■いや、まあこの場合はたとえなので置いといて、物理でなくて、社会の動きとか人間関係とか、運命とか、
それを変えるメカニズムを知りたいのです。

★だから、あなたが法則を作ったのです。引き寄せの法則、鏡の法則、波動の法則、同調の法則、与えたものが自分に戻ってくる法則・・・・

■ええーーっ、俺が、というか 僕=ワンネスの一部 の僕がそれも創ったの?

★幻想の世界で働く法則が必要でしたから。それがなければ幻想の世界に気づかないから。
あなたがこの人生の流れを決める際に、人生の途中に置いたのですよ。「これだけは絶対に気づくように」って決めて。
だからあなたは「引き寄せの法則」に引き寄せられた。二元性に疑問を持った。こうしてチャネリングをしてみようと思った。
守護天使の存在も意識した。

■「私が引き寄せの法則を創りました」なんて誰もいってないから、これは世界で初めてかも。

★言い方が違うだけです。「あなた=宇宙」ですから、宇宙が引き寄せの法則を創ったのです。こんなことはたくさんの本にあります。

■まあ、そうですね。(本のタイトルとしてはウケるかも)

--続く

PS
今回のチャネリングを始めたときは、まさかこんな展開になるとは思わなかった。
(毎回そうなのだが。原稿を用意しているわけでなく、単なるインスピレーションだから。
でも今回のは自分でも驚き!)

読者諸氏が、これをチャネリングと信じようと信じまいとどうでも良いです。
僕も半信半疑なのですから。
チャネリングだろうとそうでなかろうと、人生のヒントになる方のために続けるだけです。

« チャネリング(13) | トップページ | チャネリング(15) »

チャネリング」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。

度々のコメントで失礼いたします。

>あなたは「理想的な社会を創る・困っている人を助けたい」と思った。だからその状態が継続したのです。
「社会問題を解決したい」と強く思ったから、それが「解決していない」状態を創ったのです。

少し前の場所ですが、この部分には「はっ」とさせられました。私の仕事でも同じことが言えるのだと。


>チャネリングだろうとそうでなかろうと、人生のヒントになる方のために続けるだけです。
ヨンソさんがおっしゃる通りだと思います。

この場所はブログとして公開して下さってはいますが、ヨンソさんの大切な記録でもあります。読み手は、読まないという選択もできます。
どうぞ、迷いも含めて、続けて下さる事を、私は希望します。

チャネリングは、私はもちろん未経験ですし、無知な状態ですから、評価もできません。強いて言えば、その戸惑いの方が共感できます。
うまく言えませんが、目の前の事象を鵜呑みにせず、いろんな方向からの視点で確認されようとしていらっしゃるのかな?と。
ですから、いい加減な記載だとは思っていません。

読者として、お二人!?に感謝いたします。 o(_ _)o

kako様
励ましのお言葉ありがとうございます。

>目の前の事象を鵜呑みにせず、いろんな方向からの視点で確認されようとしていらっしゃるのかな?

そのとおりです。本では学べないことを、どこからかの(ハイヤーセルフ?それとも何か別の高次?)インスピレーションで勉強させてもらっています。

最初より繋がりやすくなったようで・・・
また継続します。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523730/48697131

この記事へのトラックバック一覧です: チャネリング(14):

« チャネリング(13) | トップページ | チャネリング(15) »