« インスピレーションとの対話(21) | トップページ | スピリットとの対話(22) »

2010年6月26日 (土)

書評--幸せになる宇宙が味方のアセンション

幸せになる宇宙が味方のアセンション 
快東 みちこ著
ハギジン出版 ¥1365

著者は
・さとりをひらくと人生はシンプルで楽になる エックハルト・トール
・「成功」+「幸せ」を手に入れる21の原則 アーノルド・パテント

などを訳しているあさりみちこさん。(筆名を変えたらしい)
本書も訳書の流れと同じく、スピリチュアルな知恵を簡単な文章にまとめていて、非常に読みやすい、というか軽い本です。
詳しい説明が欲しい人には物足りないかも。
アセンションというより、本来の自分に戻る生き方、という感じです。

« インスピレーションとの対話(21) | トップページ | スピリットとの対話(22) »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523730/48724303

この記事へのトラックバック一覧です: 書評--幸せになる宇宙が味方のアセンション:

« インスピレーションとの対話(21) | トップページ | スピリットとの対話(22) »