« 宇宙の真実セミナーメモ(29) | トップページ | 宇宙の真実セミナーメモ(30) »

2010年6月 7日 (月)

スピリチュアルに生きる(63)--哲学的パラドックス

0+A=A

当たり前じゃないか、とご指摘を受けそうです。
Aという有限な世界は0という無の土台の上に創られます。
ビッグバンにより、この宇宙が創られる前から、時空のない「空」は存在していました。
ですから今も存在しています。
無限の中に有限はいくらでも創れます。

幸福という土台の上に不幸が創られます。

健康という土台の上に病気が創られます。

完全のというベースから不完全が生じます。

「全てであるもの」は「全てでないもの」と同じ状態ですから「空」or「無」です。
数式では∞=0=∞
これが仏教でいう「色即是空」「空即是色」です。

(少し説明しておきましょう。
光はプリズムを通すと7色です。7色全部をあわせると、どの色でもありません。
絵の具の場合は全ての色を合わせると、真っ黒になります。)

非物質の次元の下に物質次元が創られます。

私たちは既に悟っています。悟りの状態がもともとだからこそ「悟っていない」状態が創り出せるのです。

「欲しいものはいつまでも欲しいまま」で、既に得たものしか得られません。」
つまり「既に自分のものである」ことを知ること。

「問題を解決しようとする」となかなか解決しません。
この場合は「問題」にフォーカスしているからです。
すでに問題がない、という状態で在ること。

宇宙は「全て」であり、あなたは「全て」の一部です。
つまり「全て」を既に持っているのです。
その「全て」の中から、時間と空間を取り出し、3次元という制限を創ったのがあなたです。

« 宇宙の真実セミナーメモ(29) | トップページ | 宇宙の真実セミナーメモ(30) »

スピリチュアル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523730/48570423

この記事へのトラックバック一覧です: スピリチュアルに生きる(63)--哲学的パラドックス:

« 宇宙の真実セミナーメモ(29) | トップページ | 宇宙の真実セミナーメモ(30) »