« チャネリング実験 | トップページ | チャネリング3 »

2010年6月19日 (土)

チャネリング2

チャネリング情報がどれほど確かなものか、色々な本を読んでいると、イェシュア(イエス)とかマリアとかアクセスされた本も読みました。

ニール・ウォルシュが書いているように、大切なのは「誰とアクセス」したかでなく、その言葉が真実かどうかです。

僕が今回書いている「チャネリング」は”実験”としましたが、本当にチャネリングできているかどうか、僕も不明です。そもそもどの次元とチャネリングできているのか判りません。

問題は内容です。この内容があやしいと思えば受け取らねば良いのですから。

====================

☆例えば、あなたが、誰も知らない山奥に一軒家を作ったとしよう。
村人は知らない。村人にとってその一軒家は存在するかな?

□存在しません。

☆例えば、あなたが、誰も知らない宇宙空間にあなたの宇宙を作ったとしよう。
他の人にとって、その宇宙は存在するかな?

□存在しません。

☆そういう風に、あなたはあなたの宇宙を創った。
だから「この宇宙」と、あなたが言うときにはあなたの宇宙なのだよ。

□あまりにもリアルな体験で・・・・

☆「リアルな感覚」もあなたが創ったとすれば?

□しかし、それにしても、そう言われることを書いていると、だんだんとこのブログがめちゃくちゃになってきています。

☆それは二元性の世界の話だろう。

□それはそうですが。

☆いいか、真実は一つしかない。「この世」は幻想。何もない。だから「このブログ」も存在しない。

□ここにあると思うけど・・・

☆全ては幻想。幻想の中で生きたいのか、真実の中で生きたいのか?

□それはもちろん、真実です。

☆だから3次元世界という幻想を捨てなさい。
「全てが、今、ここで起きている」は真実だよ。
では、それを「起きている」ようにしているのは誰かな?

□それは・・・

☆いいか、私は何もないところに、あなたが望む時空を創った。その中であなたは遊んだ。
あなたには貴重な体験だった。でも、もう充分に体験したよね。戻って来なさい。

□戻るには?「至高体験」もしてみたいです。

☆二つの質問があるから分けよう。
「戻るには」ただ、この二元性の世界から離れれば良いだけだ。
二元性の全てを放棄する。二元性を創ったのは自分だと知る。
本当の自分は、二元性を超えたところだと思い出す。

「至高体験」は、この二元性世界に本来の自分は何もないということを思い出すこと。
ただ、「思い出す」だけだ。

□思い出し方は?

☆自分でないものを手放しなさい。過去の記憶、例えば教条、政治的信念、暗い経験
それらは「あなた」ではない。この次元に生まれて、この次元で生きるために獲得したものだ。
手放しなさい。

□自分がなくなる、っていうことですよね?

☆うまい!
「自分」を無くしなさい。

« チャネリング実験 | トップページ | チャネリング3 »

チャネリング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523730/48664668

この記事へのトラックバック一覧です: チャネリング2:

« チャネリング実験 | トップページ | チャネリング3 »