« スピリチュアルに生きる(74) | トップページ | スピリットとの対話(26) »

2010年7月 6日 (火)

スピリチュアルに生きる(75)

(以下の文章は数日後に書き換えの可能性があります。)

今日、僕は気づきました。

「タイムラインを乗り換える」とは自分を捨てることである、と。

自分がこれまでの自分でありながら、タイムラインを超えるのは、不可能ではないかも知れませんが難しいです。
だったら、これまでの自分を「手放す」。
これまでの感情や信念のままで継続すれば、ずっとこのタイムラインに乗ったままです。

自分の幸福には役に立たない、信念や哲学や過去の記憶などを手放す時期に来ていると思いました。

「この世界」にいて、「この世界」を自分が生き易くするように、って意味あるの?と。

過去の体験は記憶に過ぎません。二度と戻ってこないのです。
楽しい記憶はそのまま楽しい記憶でとっておきましょう。
苦しい記憶は、過去のもので、もう二度と現れないので、消去しましょう。

そのように、過去を眺めれば、私達の「過去」は写真アルバムのようなもの。
そして、現在の体験も1年後にはそうなります。

楽しかったね。悲しかったね。嬉しかったね。苦しかったね。面白かったね。
それは過去の体験であり、記憶の世界であり、もう二度とありません。
「1分前の自分」でさえ、もう二度と戻ってきません。

そして、未来は「今」の私達の波動が決めるのです。
だから私達は「今、ここ」にフォーカスして精一杯、今だけを生きるのです。

今回のお勧め動画
ガンガジ~「今がその時」
http://www.youtube.com/watch?v=_kZ7tYwy9jE&feature=related

« スピリチュアルに生きる(74) | トップページ | スピリットとの対話(26) »

スピリチュアル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523730/48815070

この記事へのトラックバック一覧です: スピリチュアルに生きる(75):

« スピリチュアルに生きる(74) | トップページ | スピリットとの対話(26) »