« 宇宙の真実セミナーメモ(34) | トップページ | 書評--超巨大「宇宙文明」の真相 »

2010年7月29日 (木)

書評--バーソロミュー

バーソロミュー~大いなる叡智が語る愛と覚醒のメッセージ
バーソロミュー 著, ヒューイ陽子 訳
\2233 マホロバ・アート

これは3巻からなるのだが、現在、新本では手に入らない。
先日、2巻を先にゲットして読んだのだが、気に入って1・3巻もゲット、
今、第1巻を読み終えたところ。

チャネリング本

存在するのは「大いなる一つ」であることを繰り返し説明している。
「あるがまま・今のまま」で良いことも繰り返して説明いる。

すべてがつながり、一つであるならば
小鳥の声は神の声であり、出会う人はすべて神であり、
出来事はすべて神の中で起こっている。
神はそよ風に形を変え、私の肌を撫でる。
「千の風になって」という歌が流行ったがそのまま同じ解釈となりそう。

他のスピリチュアル系とは、アプローチが若干ことなるが、これはこれで勉強になる。

« 宇宙の真実セミナーメモ(34) | トップページ | 書評--超巨大「宇宙文明」の真相 »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523730/49007782

この記事へのトラックバック一覧です: 書評--バーソロミュー:

« 宇宙の真実セミナーメモ(34) | トップページ | 書評--超巨大「宇宙文明」の真相 »