« 10才の引き寄せの法則(0) | トップページ | 書評--嫌なことは手放してみよう »

2010年8月 8日 (日)

10才の引き寄せの法則(1)

みなさんは法則(ほうそく)というのは知っていますね?
言葉は知らなくても、法則は学校で習ったことはあるはずです。

たとえば「引力の法則」。
重さのあるものは必ず下に落ちます。
高いたてものからとべば、地面に落ちます。
これは誰でも、何でも同じです。こういうのを法則と言います。

電気の法則は習いましたね?
豆電球に電池を正しくつなげれば電球がつきます。

じしゃくの法則も習いましたね?
NきょくとSきょくは引きよせあいます。
そしてNきょくとNきょくを近づけるとはなれます。
どんな大きさのじしゃくでも同じです。これが法則です。

そして、「ほしいものが何でも手に入る法則」があったら知りたいと思いませんか?
ほしいものを自分に引きよせる、という意味で、これを「引きよせの法則」と言います。
でも学校では教えてくれません。お父さんやお母さんも教えてくれなかったかも知れません。
これは学校の先生や家族も知らなかった、とてもすごい”ひみつ”だからです。

でも発明王のエジソンは知っていました。
だから電球やちくおんき(今のCDプレーヤーの元)などを発明できたのです。

エジソンの伝記をちょっとだけ、しょうかいしましょう。
エジソンは電球を発明するのに、電球の中に入れる、”フィラメント”という光る細い線の材料をさがして、世界中からとりよせていました。
何千しゅるいもの材料でじっけんしてうまくいきませんでした。
ある人がエジソンにしつもんしました。
「何回、しっぱいしたのですか?」
エジソンはこう答えました。
「しっぱいなんか一度もしていないよ。うまくいかない材料を3000回ためすのに成功しただけだ」

世界中からフィラメントの材料を取りよせてはじっけんし、最後に日本の京都から竹を取りよせて、エジソンは電球を作ることができたのです。
こうして、成功するまで決してあきらめなかったのです。
必ず成功するぞ、と思うこと、これが「引きよせの法則」です。

« 10才の引き寄せの法則(0) | トップページ | 書評--嫌なことは手放してみよう »

宇宙の真実」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523730/49099498

この記事へのトラックバック一覧です: 10才の引き寄せの法則(1):

« 10才の引き寄せの法則(0) | トップページ | 書評--嫌なことは手放してみよう »