« 10才の引き寄せの法則(6) | トップページ | 書評--夢をかなえる「そうじ力」 »

2010年8月17日 (火)

書評--幸せの予約、承ります

幸せの予約、承ります。―これまでの生き方、これからの生き方
小笠原 慎吾 著
\1600 サンマーク出版(残念ながら絶版)

これからは価値感が転換する。
これまでは権力や金が中心の「夜の時代」であったが
これから「昼の時代」がやってくる。

お金は使えば使うほど入ってくる。
働くのは喜びのためであり、生活の糧を得るためではなくなる。
すべては共生する時代となる。

物質的なものの見方から精神的なものの見方に変わる。
この転換の時代に古い価値感のままでいるとうまくいかない。

==========-
以上がアセンションのことを指しているかどうかは不明だが、まあ、示唆に富んだ一冊。
amazonの中古でもかなり高いので、どこかの古本屋で見つけたら買って損はないだろう。

« 10才の引き寄せの法則(6) | トップページ | 書評--夢をかなえる「そうじ力」 »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523730/49171166

この記事へのトラックバック一覧です: 書評--幸せの予約、承ります:

« 10才の引き寄せの法則(6) | トップページ | 書評--夢をかなえる「そうじ力」 »