« 宇宙の真実セミナーメモ(39)--(38)の続き | トップページ | 宇宙の真実--お知らせ »

2010年9月28日 (火)

書評--アセンションするDNA

アセンションするDNA ~光の12存在からのメッセージ
ヴァージニア・エッセン編著 冬月晶訳
¥ 2,625 ナチュラル・スピリット

チャネラー12人によるアセンションと12重DNAの仕組み。
バーバラ・マーシニアックの「プレアデス」の章はプレアデス本の要約的であり復習になる。
ボブ・フィックスの章は彼の「アセンション」から重要事項を抜き出したような感じ。
他の10人は読んだことないが、(日本語に訳されていないものがほとんどのよう)
地球創生からDNAがなぜ2重しかないのか、などそれぞれ詳しく説明している。

どの章にも「あなたの思考が現実を創造する」ということも説明されている。

だが、残念ながら情報が古い。日本では1999年に翻訳出版されたが、アメリカでは1991年の本となっている。
そのため「今後10年間で・・・という変化が起こります」などと書いてある部分は??という感じもしないでもない。

それを差し引いても、これまでに情報がない記述も含まれているので、宇宙の仕組みについて、あるいはアセンションについて深めたい方にお勧めの一冊。
 

« 宇宙の真実セミナーメモ(39)--(38)の続き | トップページ | 宇宙の真実--お知らせ »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523730/49589557

この記事へのトラックバック一覧です: 書評--アセンションするDNA:

« 宇宙の真実セミナーメモ(39)--(38)の続き | トップページ | 宇宙の真実--お知らせ »