« 宇宙の真実セミナメモ(38) | トップページ | 書評--アセンションするDNA »

2010年9月27日 (月)

宇宙の真実セミナーメモ(39)--(38)の続き

戦争に反対していると、世界のどこかで戦争が起こります/継続します。
DVD”ザ・シークレット”の中で、マザーテレサはこう言ったそうです。
「私は反戦集会には行かないけれど平和集会には行く」
この発想が重要そうです。
反戦運動は、戦争があることを前提として行われます。
つまり戦争の存在を(ある意味で)認めていることになります。

※以上は言うまでもなく、反戦運動をしている方を否定しているのではありません。
自分の時間を犠牲にして、弱い者の立場を守ろうと懸命に頑張っています。
僕自身も、組合活動を中心に”反戦”でずっと生きてきました。
「教え子を再び戦場に送るな」のスローガンのもと、日教組にかかわってきました。
仲間はそれぞれに素晴らしい方ばかりで、今でも交流があります。

しかし、「僕の世界」に戦争があるのが、自分の心の持ち方だとすれば
世界から戦争をなくすには自分の心の中から戦争をなくすのが早道。

別の話
中国人はアルツハイマーにほとんどならない。
アメリカ人はそれに比べて非常に多い。
中国では歳をとってからも元気な人が多いので、それが当たり前になっている。
アメリカではアルツハイマーの人が多いので、歳をとることを怖れている人が多い。
結果、そのとおりになる、ということです。

だとすれば、僕たちができることは、世界は自分の心の鏡だから、自分の心の中からネガティブを追放してしまえば良い。

以上が今日の段階での結論です。

« 宇宙の真実セミナメモ(38) | トップページ | 書評--アセンションするDNA »

宇宙の真実」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523730/49580387

この記事へのトラックバック一覧です: 宇宙の真実セミナーメモ(39)--(38)の続き:

« 宇宙の真実セミナメモ(38) | トップページ | 書評--アセンションするDNA »