« 書評--ONE(ワン)/リチャード・バック | トップページ | 宇宙の真実セミナーメモ(44)--視点を逆に »

2010年10月26日 (火)

スピリチュアルに生きる(87)--自分のために生きる

人を傷つけたり悲しませたりしないのに、
利己的・自己中心・エゴイスト・自分勝手などという言葉を言われるのを怖れて
私たちはどれほど自分を苦しめてきたのだろう?
どれほど幸福になることを制限してきたことだろう?

自分が誰よりも幸福を感じる時に、心のどこかで罪悪感を持つのはなぜだろう?
幸福が続くと、次には不幸が繰るかも知れない、と心配してしまうのはどうしてだろう?

すべてはワンネスなのだから、私が他人にすることは自分に返ってくることを知っている。
だから、自分の幸福を最優先したとしても、他の存在を犠牲にするような行為をするはずがない。
誰にも迷惑をかけないことでさえ、自分の楽しみ・喜びのために何かをすることまで制限してきてはいなかったか?

自分だけが宝くじの高額当選するとか、自分が人より出世するとか、どうして遠慮しているのだろう?
そういう遠慮や制限が自分を苦しめてきたのではないだろうか?

自分だけが幸せになっては申し訳ない、とはこれいかに?
みんなが一緒に不幸なら良いのだろうか?
そうしたら世界が救われるのだろうか?
世界が幸福になるにはまず自分から。
自分が幸福なら人を助けることもできる。
あるいはそんな相手に幸福になる見本を見せるのがベストではないか?

自分がラッキーな仕事に就いたり、最良のパートナーと巡り合ったら申し訳ない、と考えるのも長い間の習慣にすぎない。
心のどこかで、自分が幸福になる方法を習得してはいけない、と感じるために、引き寄せの法則がどこか自分のものになっていないのではないだろうか?

自分の幸福を追求しても良いのだ。
いやいや幸福になるために生きているのだ。
(ただ、生活の糧を得るために働いて一生を終わるのが生きる目的ではない)
人よりも幸せになっても誰にも迷惑がかかるはずもない。
(それとも、妬み・悪口などを怖れているのだろうか?--それが自分で自分に設けた制限ではないか?)

幸福になるのは権利であり義務です。

« 書評--ONE(ワン)/リチャード・バック | トップページ | 宇宙の真実セミナーメモ(44)--視点を逆に »

スピリチュアル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523730/49851595

この記事へのトラックバック一覧です: スピリチュアルに生きる(87)--自分のために生きる:

« 書評--ONE(ワン)/リチャード・バック | トップページ | 宇宙の真実セミナーメモ(44)--視点を逆に »