« 宇宙の真実--お知らせ | トップページ | 書評--天使に会いました »

2010年10月 2日 (土)

書評--成功の科学

成功の科学 --正しく望めば叶えられる
ジェームズ・アーサー・レイ 著, 菅 靖彦訳
\1500 PHP研究所

同じ著者の「豊かさを引き寄せるシークレット」もある。これは「ザ・シークレット」の公開後だが、上記本の方は映画の前に出版された。
で、どちらが読みやすいかというと、今回読んだ方です。

7つの至高の法則と6つの力が詳しく説明されている。
7つの法則の方は原理的なもの、
6つの力は実用的なもの。

6つの力の中には「与えることの力」とか「感謝の力」なんていうのがあります。

今回特に参考になったのは、「与える力」。
前に読んだ「ガラクタ捨てれば・・・」というのはゴミや不用品を捨てるという話。
今回のは、捨てるのでなく、喜んでくれる人に差し上げてしまう、という話。
物にしがみついているのは欠乏感があるから。なるほど、という感じです。

マインドセットの力というのも参考になります。
これまでうまくいかなかったのはマインドの方向が違っていたから。
それを変えるのは少しずつ少しずつ。ジュースに少しずつ水を注いで真水になるまで注ぎ続ける。こういうたとえは分りやすい。確かに思考の習慣はそういう風に変えていくものだろう。

さて、「成功の科学」となっていますが、まあ「科学」というのは言いすぎ。
でも、できるだけタイトルに近づけようという努力の跡がうかがえる本文です。

« 宇宙の真実--お知らせ | トップページ | 書評--天使に会いました »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523730/49629379

この記事へのトラックバック一覧です: 書評--成功の科学 :

« 宇宙の真実--お知らせ | トップページ | 書評--天使に会いました »