« 書評--いいことを考えると「いいことが起こる」心理学 | トップページ | スピリチュアルに生きる(85) »

2010年10月16日 (土)

書評--「できる人になる」成功の秘訣

「できる人になる」成功の秘訣
ユルゲン ヘラー 著, 畔上 司 訳
\1600 主婦の友社

残念ながら絶版。amazonの中古も高いので、どこかの古本屋で見つけたらゲットしてください。

この著者はドイツ人。アメリカの成功哲学にしっくりこなかったり物足りなさを感じている方には読みやすく感じることでしょう。「成功していない人は社会に迷惑をかけている」という語り口に興味を惹かれた方は是非読んでみてください。
アメリカの発想よりもドイツの方が日本の考え方に近いのでそれなりに説得力があります。
一般的に「お金持ち」って妬みや批判の対象になりがちです。この著者は
「お金もちになれば税金を多く払ったり、たくさんの買い物をして、社会に利益を与える」
と言います。
ポジティブな考え方が大切!これはどの本にも書いてありますが、著者はこう指摘しています。

「「もしあなたが楽観的でポジティブな考え方が『成功の基本条件の一つ』である」ということをまだ確信できないなら、次の質問に答えてほしい。
あなたは今までにひとりでも悲観的な考え方をする成功者を本当に見たことがあるだろうか?」」

« 書評--いいことを考えると「いいことが起こる」心理学 | トップページ | スピリチュアルに生きる(85) »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523730/49756710

この記事へのトラックバック一覧です: 書評--「できる人になる」成功の秘訣 :

« 書評--いいことを考えると「いいことが起こる」心理学 | トップページ | スピリチュアルに生きる(85) »