« 書評--一瞬で幸せになる方法 | トップページ | 書評--ハイアーセルフワークブック »

2010年10月14日 (木)

宇宙の真実セミナーメモ(42)

巷では「引き寄せの法則」関係の本が売れています。
(僕もたくさん持っています)
内容もそれなりに評価できます。しかし、よく考えてみると・・・
残念ながら「引き寄せの法則」という書籍のタイトルを最初につけた日本の出版社は間違いだったようです。
原書のタイトルも「引き寄せ」というのはほとんどありません。
「あなたのパワーが・・・」とか
「無限の宇宙に・・」などのようです。

「引き寄せる」ということは「まだ自分のところに来ていない」ということを意味します。
「これから引き寄せてみよう」という波動を発するということです。
宇宙は「そのとおり」と答えてくれます。

引き寄せたいもの、つまり、一戸建て住宅でも高級車でもソウルメイトでも
「既に自分のもの」という方が優れているようです。

「まだ自分のものでない」と思っているのに、自分のもの、という波動をどうして持てるか?
そんな信念を持つことは難しいです。

だからパラレル・ワールドの視点が必要なのです。
「**が自分のものになっている」「**が実現できた」ワールドが存在します。
しかし、私たちは未だに「**が得られていない」ワールドにしがみついているのです。
だから、「今、自分がいる世界」を手放してしまうのです。

どうやって?
今、自分が体験している(と思っている世界)は幻想なので、放棄してしまうのです。
放棄してしまったら自分の居場所は?
理想の世界に移行するのです。
私たちがいるのは多元宇宙ですから、他の世界はいくらでもあります。
たった今でも、私たちは自分の瞬間ごとに創造する世界にいます。
ずっと同じ世界が続いている、というのは幻想なのです。
「今から私は理想のワールドに移行する」
これだけのことです。

« 書評--一瞬で幸せになる方法 | トップページ | 書評--ハイアーセルフワークブック »

宇宙の真実」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523730/49739995

この記事へのトラックバック一覧です: 宇宙の真実セミナーメモ(42):

« 書評--一瞬で幸せになる方法 | トップページ | 書評--ハイアーセルフワークブック »