« 書評--終わりなき愛 | トップページ | スピリチュアルに生きる(99) »

2010年11月20日 (土)

書評--エドガー・ケイシーに学ぶ幸せの法則

エドガー・ケイシーに学ぶ幸せの法則
マーク サーストン (著), クリストファー フェイゼル (著), 光田 秀 (監修) 木原 禎子 (翻訳)
\1680 たま出版

眠れる預言者エドガー・ケイシーはご存知でしょう。
膨大なリーディングからたくさんの解説書が出ています。
僕もこれまでに10冊ほど読みましたがこの本が一番分りやすかったです。

中にはカルマとか宿命なんて暗い部分をピックアップした解説書もありますが、この本は明るい話題が中心です。
生きる上での24の法則が書かれています。
「考えたことが現実になる」
「すべてはワンネス」
「与えたものがあなたのものになる」
「すべてのことは理由があっておこっている」など。

« 書評--終わりなき愛 | トップページ | スピリチュアルに生きる(99) »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523730/50078377

この記事へのトラックバック一覧です: 書評--エドガー・ケイシーに学ぶ幸せの法則 :

« 書評--終わりなき愛 | トップページ | スピリチュアルに生きる(99) »